髪 洗う 回数

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

髪を洗う回数は何回がベスト?痛めない方法を調べてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加   

髪を洗う回数が多いほど、キレイになると思ってませんか?

 

確かに髪を洗う回数を多くすれば、髪についた
ホコリやゴミはキレイに取れます。

 

でも、髪を洗う回数が多いほど頭皮にダメージを与えて、
頭皮が炎症を起こして、ニオイやフケの原因になるんです。

 

というのも、髪を洗うのは、髪と頭皮を同時に洗うことをしているからです。

 

髪は何度洗っても問題ないのですが、
頭皮は洗うたびにシャンプーの洗剤でダメージを受けているんです。

 

シャンプーの洗浄成分はかなり強いので、想像以上に
頭皮の皮膚に負担がかかっています。

 

頭皮も顔も同じ皮膚なので、洗顔で強力な石けんを
何度も使ったら、顔のお肌が痛みますよね?

 

頭皮も何度も洗うと、同じように傷んでしまうんですね。
頭皮が痛むと、乾燥したり、嫌なニオイ・フケが出てきて止まらなくなります。

 

一度、頭皮が痛むと改善するのに時間がかかるので、
できるだけ頭皮が痛まないようにケアしていただきたいです。

 

そこで、ちょうどよい髪を洗う回数と髪・頭皮の健康を保つコツをご紹介します。

 

<髪を洗う回数はどれくらいがいい?>

 

髪を洗う回数は、多くても1日1回です。
汗など不快感がなければ2〜3日に1回洗う程度でもいいです。

 

髪の汚れが気になるときは、ブラッシングをするとよいです。
できたらイノシシの毛や豚毛を使った天然毛のブラシがおすすめ。

 

なければ、ナイロン製・木製で毛先が柔らかくて、頭皮を痛めないよう
先がとがっていないブラシを使うといいですね。

 

プラスチックや金属製は静電気を起こしたり、摩擦があるので
避けたほうがいいです。

 

ブラッシングは、髪を洗う代わりに髪の毛のほつれを整え、
ゴミやほこりをとることができます。

 

ロングヘアの方は、丁寧にブラッシングをすることで、髪にツヤを出すことが
できるので、普段のシャンプー時もブラッシングをするといいですね。

 

<どうしても髪を洗いたいときは?>

 

夏場やスポーツで汗をかいてどうしても髪を洗いたいときは、
シャンプーを使わない「湯シャン」をするといいです。

 

シャンプーは洗浄成分が強いので肌が弱い方は、
毎日シャンプーしていると、どうしても負担がかかります。

 

髪のボリュームがなく地肌や分け目がっ見えるようなら、
シャンプーを使わない「湯シャン」がおすすめです。

 

ぬるめの温度のお湯を洗面器に張って、手ですくい取って
頭皮を中心にお湯をかけていきます。

 

頭皮はゴシゴシと洗わずに指の腹を使って、
やさしく洗うのがコツです。

 

お肌の調子を見ながら、湯シャンとシャンプーを使っていくといいです。

 

<頭皮が脂っぽくなってきたら?>

 

シャンプーの回数を減らすと、頭皮から出る皮脂が出て
脂っぽく感じることがあるかもしれません。

 

皮脂性肌の方を除けば、最初は皮脂が少し多めに出ますが、
段々と落ち着いてきます。

 

皮脂が多い時にシャンプーで皮脂をごっそり洗い流すと
逆効果で、さらに皮脂分泌が過剰になるので注意です。

 

シャンプーする日、シャンプーしないでブラッシングのみ、湯シャンの日を
1週間でスケジュールを作って、頭皮をケアしてあげてください。

 

もし、フケが出るなどの症状が出たら、弱酸性でお肌にやさしい
フケ専用のシャンプーをピンポイントで使うと収まるので便利です。

 

年齢を重ねるに連れ、頭皮が弱ってきて髪の毛が細くなったり、
抜け毛・薄毛になることがありますので頭皮のケアをしてみてくださいね。

 

関連ページ

乾燥フケが治らない原因
乾燥フケが治らない原因は人により様々な理由があります。乾燥しやすい肌質の方でなくても、乾燥フケが治らないことも多く、今一度、毎日のヘアケアを見なおしてみませんか?
乾性フケと脂性フケの見分け方
乾性フケと脂性フケの見分け方をご紹介します。フケには2種類あり、乾性フケと脂性フケがあり原因や対策が違ってくることがあるので注意が必要です。乾性フケと脂性フケの見分け方で正しい対策をしてくださいね。
シャンプーすすぎのコツ
シャンプーのすすぎのコツをご紹介します。頭皮にシャンプーの成分が残ることで皮脂と交じり合い、夕方頃にイヤなニオイが出たり、フケの原因になります。すすぎ不足が多くて意外と洗っていないところがでてきます。そこでシャンプーすすぎのコツをご紹介します。
石鹸シャンプーのベタつきを解消
石鹸シャンプーでベタつきを解消する方法をご紹介します。頭皮に良いと思って石鹸シャンプーをすると、石鹸を変えたとたんに頭皮のベタつき・ニオイ・カスが出たりしやすいです。石鹸シャンプーでベタつきを解消して正しいシャンプーをして頂きたいです。
頭皮できものの種類
頭皮のできものの種類によっては、危険な炎症・湿疹はフケやかゆみに繋がる可能性があります。一度フケが出ると、なかなか治りづらく、カサブタ・痛みなども出てくることもあります。頭皮のできものの種類はどれかチェックしてみてください。
頭皮の赤みが治らない
頭皮の赤みが治らない方が多いです。よくある赤みは紅斑(こうはん)といって自然と治ることが多いです。ただ治らない赤みもあり、対処法が重要になります。頭皮の赤みが治らないなら間違った治療をしないようにしてくださいね。
頭皮の皮脂つまりは大丈夫?
頭皮の皮脂つまりがヒドくなっていませんか?頭皮の毛穴はシャンプーをしていてもどうしても毛穴に皮脂やホコリなどの汚れがたまります。毛穴が詰まるとフケや薄毛の原因になります。頭皮の皮脂つまりはキレイに掃除しましょう^^
固形石鹸シャンプーでベタつき
固形石鹸シャンプーでべたつきが気になるなら、洗い方が間違っているかもしれません。無添加の固形石鹸でシャンプーを一度はやってみたくなりますよね。でもシャンプーのやり方が難しかったりします。固形石鹸シャンプーでベタつきがあるなら、正しい洗い方をご紹介します。
地肌が乾燥してフケが止まらない方
地肌が乾燥してフケが止まらないとシャンプーで毎日、ゴシゴシとキレイに洗いすぎていませんか?フケの原因は清潔でないから、とお思いがちですが、実は逆効果なんです。そこで地肌が乾燥してフケが止まらない方に正しいシャンプーのやり方をご紹介します。
シャンプーで汗臭いのを抑えるには
シャンプーで汗臭いのを抑えるのって難しくないですか?シャンプーをしっかりしているのに何か臭う・・自分のニオイは分かりづらいですよね。シャンプーで汗臭いのを抑える方法をご紹介します。
女性も頭から加齢臭が?
女性も頭から加齢臭がする方が増えています。加齢臭というとおじさんというイメージですが、女性も30代・40代になるにつれ加齢臭がする!という声が多くなってます。女性は女性ホルモンが減ってくると男性と同じように加齢臭が出てくるので注意です。
頭皮が脂性な女性の勘違い
頭皮が脂性の女性はもしかしたらシャンプーなどのヘアケアが間違っているかもしれません。30代を超えてきて頭皮がオイリーなら皮脂が過剰になっているかもしれないです。頭皮が脂性の女性のための正しいヘアケア方法をご紹介します。
髪の紫外線ダメージはどれくらい?
紫外線で髪のダメージはどれくらいあるのでしょうか?紫外線は、髪だけでなく頭皮への影響もあります。特に頭皮へのダメージは薄毛やフケへの影響があります。紫外線の髪のダメージを予防して髪・頭皮の健康を維持して頂きたいです。
地肌のかゆみはシャンプーのせい?
地肌のかゆみをシャンプーを変えても変わらないことありませんか?頭が痒くなるのは色々な要因で起きることがあります。シャンプーを変えさえすればよいわけでないです。。地肌のかゆみがシャンプーが原因かどうかチェックしてみてくださいね。
頭皮がカサカサで白い粉が出る
頭皮がカサカサで白い粉が出て困っていませんか?いくらキレイに髪の毛を洗っても、頭皮の乾燥が治らないことがあります。頭皮が乾燥してかゆみも出てきてしまうのです。そこで、頭皮おカサカサで白い粉が出てきた場合の原因と対策をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典