石鹸シャンプー ベタつき 解消

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

石鹸シャンプーのベタつきを解消 よくある頭皮トラブルとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

石鹸シャンプーを始めたら、ベタつきが気になりませんか?

 

頭皮によいと石鹸のシャンプーを始める方も多いですが、
石鹸シャンプーは人によって合う・合わないがあります。

 

石鹸シャンプーは合成洗剤シャンプーに沢山入っている
化学合成の物質は入っていません。

 

ですが、石鹸シャンプーは、使い勝手・お肌との相性、
使い始めの頭皮トラブルがあるので注意が必要なんです。

 

特に、石鹸シャンプーの使い始めは、頭皮の皮脂分泌の調整が
上手く行かずに、ベタつき・石鹸カス・フケが出ることがあります。

 

<石鹸シャンプーを使い始めて起きる頭皮トラブル>

 

1.頭皮のベタつき

 

髪のベタつきは、石鹸シャンプーで洗い流された頭皮の皮脂が
過剰に分泌されることで、ベタつきが起きます。

 

皮脂の分泌過剰は、ベタつきだけでなく頭皮の毛穴をふさいで
炎症を起こしてフケになることもあります。

 

これは、石鹸シャンプーの石鹸成分が強アルカリ性で、
酸性のリンスでしっかり頭皮を中和できていないことも原因にあります。

 

頭皮は弱酸性ですので、強アルカリ性の石鹸で洗うと、
拒否反応が起きるため、お肌が弱い方は合わないこともあります。

 

そのため、頭皮のベタつきが続くとフケが出たりするので、注意が必要です。

 

フケが出たら石鹸シャンプーはすぐ中止して、フケ専用シャンプーで
すぐにフケの広がりを止めるようにしてください。

 

2.石鹸カスが出る →髪のベタつきの原因にも

 

石鹸カスは、水道水に含まれるカルシウムなどの成分が石鹸の成分と
反応してできるものです。

 

石鹸カスは、脂肪酸カルシウム・脂肪酸マグネシウムといった成分で、
このカスも髪の毛のベタつきになる原因にもなります。

 

石鹸カスは白いので、フケと間違えやすいです。
石鹸カスとフケの見分け方は、ベタベタしているかどうかです。

 

石鹸カスは水を吸うとベタベタした感じの粉になります。

 

フケの場合は頭皮をチェックしてみて皮膚に傷んだところがないか
確認してみると見分けが付きます。

 

石鹸カスを減らすには、石鹸シャンプーをよく泡立てるか、
リンスを別のものに変えてみるのもよいです。

 

しかし、石鹸カスがずっと出て髪がベタつく状態にしていると
頭皮トラブルが起きやすいです。

 

するとフケが出てくるようになるので、石鹸シャンプーは中断して
湯シャンなどに切り替えるとよいです。

 

3.髪がギシギシ・ゴワゴワになる

 

石鹸シャンプーを使った後は、どうしても髪の毛がギシギシ、
ゴワゴワになります。

 

髪は、ベタつきとギシギシ・ゴワゴワになることで、
ブラッシングをすると、摩擦で髪が傷みやすくなります。

 

合成洗剤のシャンプーでは、シリコンなどで髪の毛をコーティングするため、
髪の毛に摩擦が起きづらく、サラサラでつややかな髪の仕上がりになります。

 

石鹸シャンプーは、合成洗剤シャンプーのような
サラサラでつややかな髪になるのは難しいです。

 

髪がキレイな10代〜30代ですと、髪の毛が細くなってくると、
ギシギシの髪だと薄毛が目立つようになるので注意したいです。

 

石鹸シャンプーは、無添加で成分はよいですが、
年齢やお肌の状態によっては、あわないこともあります。

 

特に使い始めてフケが出てくるようなら、すぐに中止をして、
弱酸性のお肌にやさしいフケ専用シャンプーを使うことをおすすめします。

 

フケが出てもしばらくすると治る、という方もいますが、悪化すると
脂漏症皮膚炎という治りづらい皮膚炎になってしまいます。

 

脂漏性皮膚炎は、大量のフケとかゆみがでて、非常にツライ思いをしますので、
フケ対策は十分気をつけて石鹸シャンプーを使って頂きたいです

 

関連ページ

乾燥フケが治らない原因
乾燥フケが治らない原因は人により様々な理由があります。乾燥しやすい肌質の方でなくても、乾燥フケが治らないことも多く、今一度、毎日のヘアケアを見なおしてみませんか?
乾性フケと脂性フケの見分け方
乾性フケと脂性フケの見分け方をご紹介します。フケには2種類あり、乾性フケと脂性フケがあり原因や対策が違ってくることがあるので注意が必要です。乾性フケと脂性フケの見分け方で正しい対策をしてくださいね。
シャンプーすすぎのコツ
シャンプーのすすぎのコツをご紹介します。頭皮にシャンプーの成分が残ることで皮脂と交じり合い、夕方頃にイヤなニオイが出たり、フケの原因になります。すすぎ不足が多くて意外と洗っていないところがでてきます。そこでシャンプーすすぎのコツをご紹介します。
髪を洗う回数は何回がベスト?
髪を洗う回数が多ければ多いほど清潔に見えますが、実は逆効果なんです。シャンプーし過ぎは頭皮にダメージを与えるのでヒドイことになるので注意です。髪を洗う回数を適度にして髪の毛・頭皮の健康をまもる方法をご紹介します。
頭皮できものの種類
頭皮のできものの種類によっては、危険な炎症・湿疹はフケやかゆみに繋がる可能性があります。一度フケが出ると、なかなか治りづらく、カサブタ・痛みなども出てくることもあります。頭皮のできものの種類はどれかチェックしてみてください。
頭皮の赤みが治らない
頭皮の赤みが治らない方が多いです。よくある赤みは紅斑(こうはん)といって自然と治ることが多いです。ただ治らない赤みもあり、対処法が重要になります。頭皮の赤みが治らないなら間違った治療をしないようにしてくださいね。
頭皮の皮脂つまりは大丈夫?
頭皮の皮脂つまりがヒドくなっていませんか?頭皮の毛穴はシャンプーをしていてもどうしても毛穴に皮脂やホコリなどの汚れがたまります。毛穴が詰まるとフケや薄毛の原因になります。頭皮の皮脂つまりはキレイに掃除しましょう^^
固形石鹸シャンプーでベタつき
固形石鹸シャンプーでべたつきが気になるなら、洗い方が間違っているかもしれません。無添加の固形石鹸でシャンプーを一度はやってみたくなりますよね。でもシャンプーのやり方が難しかったりします。固形石鹸シャンプーでベタつきがあるなら、正しい洗い方をご紹介します。
地肌が乾燥してフケが止まらない方
地肌が乾燥してフケが止まらないとシャンプーで毎日、ゴシゴシとキレイに洗いすぎていませんか?フケの原因は清潔でないから、とお思いがちですが、実は逆効果なんです。そこで地肌が乾燥してフケが止まらない方に正しいシャンプーのやり方をご紹介します。
シャンプーで汗臭いのを抑えるには
シャンプーで汗臭いのを抑えるのって難しくないですか?シャンプーをしっかりしているのに何か臭う・・自分のニオイは分かりづらいですよね。シャンプーで汗臭いのを抑える方法をご紹介します。
女性も頭から加齢臭が?
女性も頭から加齢臭がする方が増えています。加齢臭というとおじさんというイメージですが、女性も30代・40代になるにつれ加齢臭がする!という声が多くなってます。女性は女性ホルモンが減ってくると男性と同じように加齢臭が出てくるので注意です。
頭皮が脂性な女性の勘違い
頭皮が脂性の女性はもしかしたらシャンプーなどのヘアケアが間違っているかもしれません。30代を超えてきて頭皮がオイリーなら皮脂が過剰になっているかもしれないです。頭皮が脂性の女性のための正しいヘアケア方法をご紹介します。
髪の紫外線ダメージはどれくらい?
紫外線で髪のダメージはどれくらいあるのでしょうか?紫外線は、髪だけでなく頭皮への影響もあります。特に頭皮へのダメージは薄毛やフケへの影響があります。紫外線の髪のダメージを予防して髪・頭皮の健康を維持して頂きたいです。
地肌のかゆみはシャンプーのせい?
地肌のかゆみをシャンプーを変えても変わらないことありませんか?頭が痒くなるのは色々な要因で起きることがあります。シャンプーを変えさえすればよいわけでないです。。地肌のかゆみがシャンプーが原因かどうかチェックしてみてくださいね。
頭皮がカサカサで白い粉が出る
頭皮がカサカサで白い粉が出て困っていませんか?いくらキレイに髪の毛を洗っても、頭皮の乾燥が治らないことがあります。頭皮が乾燥してかゆみも出てきてしまうのです。そこで、頭皮おカサカサで白い粉が出てきた場合の原因と対策をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典