薄毛 遺伝

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

薄毛は遺伝する?|症状の進行の仕方と対策とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

薄毛が遺伝するかどうかは、最近の遺伝子研究で分かってきました。
父親、祖父の家系はずっと薄毛だった・・ということをよく言われていますが、本当なのでしょうか?

 

結論から言いますと、薄毛は遺伝する可能性があります。

 

「遺伝する可能性がある」というのは、「薄毛になりやすい体質」という意味で、
必ず、薄毛になる、という意味ではありません。

 

また、遺伝することが分かっているのは、男性型脱毛症(AGA)の薄毛についてです。

 

男性型脱毛症(AGA)とは、男性の3分の1ほどの方が薄毛になっている原因の1つです。
DHT(ジヒドロテストステロン)という体内物質に対する男性ホルモンの感受性が薄毛に関係しています。

 

DHTが分泌された時に、男性ホルモンが反応しやすい(感受性が高い)と、髪の毛が成長しづらくなります。

 

DHTが多くなると、髪になるケラチンを作る毛母細胞、髪の毛の原料になる栄養分を毛細血管から取り入れる
毛乳頭の働きが、抑制されてしまうためです。

 

髪の毛の成長ができないと、抜け毛は増える一方で、髪の毛は成長せず、産毛状になっていき、
最終的には、髪の毛が成長を止めてしまいます。

 

そうなると、髪が生えてない部分が広がり、薄毛がどんどん進んでしまうことになります。

 

DHTがに対する男性ホルモンの感受性は、特定の遺伝子配列によって決まっていて、
遺伝子検査をするば、男性型脱毛症かどうかがわかります。

 

女性も、男性型脱毛症(AGA)になる方もいますが、ごく僅かです。
(女性の薄毛は、遺伝よりも後天的要素が多く、男性より薄毛対策の効果は出やすいです。)

 

そして、この男性型脱毛症になりやすいかどうかは、母親の遺伝子配列が関係しています。

 

母親の遺伝子配列が、DHTへの感受性が高い男性ホルモンを作るような配列になっていると、
薄毛になりやすいのです。

 

ですので、正確には遺伝子検査をしないとわかりませんが、
母方の家系に薄毛の方がいると、薄毛になりやすいかもしれません。

 

一方、父親からの遺伝子配列には、薄毛になるパターン(頭頂部の薄毛、M字型薄毛など)が
受け継がれるようで、薄毛の進行が似通ってくるようです。

 

薄毛に関する遺伝については、複合的な要素があり、まだ詳細に調べられていません。

 

ですので、薄毛を疑ったら、遺伝だからといって嘆くのではなく、まずは薄毛の対処法を考えていきましょう。

 

男性型脱毛症の治療法も最近になり、様々と出てきているので、クリニックなどで治療を
受けることもできますので、諦めずに薄毛対策をしていただきたいです。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典