出産後 抜け毛

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

出産後に抜け毛が増えるのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

出産後は、産後3ヶ月後くらい経つと、
抜け毛が増えてビックリすることがあります。

 

お風呂の排水口や、ブラシにどっさり髪の毛が
抜け落ちるのをみると、かなりショックですよね。

 

でも、妊娠して、出産すると、約3ヶ月から6ヶ月くらいは
抜け毛が増える傾向にあるんです。

 

その理由は、妊娠時に女性ホルモンのバランスが偏っていた状態が
元に戻ろうとする反動で、抜け毛が増えるのです。

 

妊娠時には、子宮をコントロールする働きのある女性ホルモンの「エストロゲン」が抑制されています。

 

エストロゲンは、子宮をコントロールする以外にも、毛髪の成長を促進する働きがあります。

 

通常、エストロゲンは、生理周期と同調して、排卵日前付近をピークに分泌量が増減しています。

 

出産すると、段々と抑制されていたエストロゲンの分泌量が戻ってきますが、
これまでエストロゲンがずっと抑制されていたために、一気にエストロゲンが増えてしまうんですね。

 

一気にエストロゲンが増えた結果、頭皮とエストロゲンの関係が一時的に異常にになってしまい、
抜け毛の症状を引き起こします。

 

そのため、一時的に、髪の毛の成長が正常化するまでの間、数ヶ月間は、抜け毛が多くなります。

 

ですので、通常は数ヶ月で、抜け毛は収まり、妊娠前のように髪が生えてくるので心配はいりません。

 

ただ、最近は、妊娠・出産した女性で、抜け毛が止まらず、薄毛に進行してしまうケースが増えています。

 

40代付近で高齢出産をした方や、頭皮環境が良くない方が妊娠・出産した方が薄毛に
進行してしまうようです。

 

そこで出産後も抜け毛が止まらず、薄毛にならないポイントをご紹介しますね。

 

薄毛にならないポイント1:無理な産後ダイエットは控える

 

産後に職場復帰するなど、産後に無理なダイエットをする方が増えていますが、
出産後の調子は、まだ不完全な状態です。

 

無理なダイエットとは、1ヶ月に体重の5%程度を落とすようなダイエットのことです。

 

出産後のカラダで無理なダイエットをすると、体の栄養が不足してしまい、抜け毛につながります。
さらには、抜け毛が増えると薄毛につながってくるのです。

 

無理なダイエットは薄毛だけでなく、不健康なカラダを作ってしまいますので、気をつけてくださいね。

 

薄毛にならないポイント2:なるべくストレスを解消する

 

産後の育児などで忙しい中を、ストレスを貯めるな、というのは難しいかもしれませんが、
育児は夫と協力するなど、できるだけストレスを解消・息抜きするようにしましょう。

 

過度のストレスは、エストロゲンを減らして、毛髪の成長を止めてしまいます。

 

ストレス状態が続くと、抜け毛が増える一方、毛髪が生えてこなくなり、薄毛につながります。

 

睡眠をシッカリとったり、おいしい食事をとるなどでも、ストレス解消ができるだけでも違いますので、
ストレス解消も出来る限りやってみてください。

 

出産後に抜け毛が増えてしまうのは、自然の性質ですが、そのまま薄毛になってしまうのは、
人為的な原因によるものです。

 

ですので、出産後もキレイな髪でいたい方は、焦らずに妊娠前の生活状態に戻せるようにしてくださいね。

 

関連ページ

一時的な抜け毛と薄毛の違いは?
薄毛になってしまう抜け毛と一時的に抜ける抜け毛の違いとは何でしょうか?薄毛になる抜け毛の場合は、早めの薄毛対策をしておきたいです。ここでは、抜け毛の種類と薄毛の関係をご紹介します。
円形脱毛症の種類と原因は?
円形脱毛症の種類と原因についてご紹介します。円形脱毛症はかなり困ってしまう症状ですが、どんな人がなりやすいのでしょうか?円形脱毛症の種類と原因を説明します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典