トリートメント 使い方

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

トリートメントの使い方|サラサラな髪にするコツって?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

あなたは正しくトリートメントを使えていますか?

 

トリートメントは、なんとなく使ってしまう方が多いんですね。
間違った使い方をしていますと、効果がでなくなるので注意です。

 

そこで、トリートメントの基本知識や、正しい使い方をご紹介します。

 

<トリートメントの目的は?>

 

トリートメントは、髪の内部に浸透して、キューティクルを保護する目的で使われます。
髪の毛に適量の水分と油分を含ませてコーティングして、髪が傷むのを防ぎます。

 

シャンプー後のヘアケアとして、リンス・コンディショナーがありますが、
リンスは、シャンプー後の髪の指通りをよくさせるもの、

 

コンディショナーは、シャンプー後のサラサラ感を出す目的で使われます。
ですが、リンス・コンディショナー・トリートメントも成分的には、ほぼ同種のものです。

 

髪の毛に浸透する力が、リンス<コンディショナー<トリートメントの順になり、
髪を保護する力が違います。

 

<トリートメントの種類は?>

 

トリートメントには、「洗い流すタイプ」と「洗い流さないタイプ」があります。

 

洗い流すタイプは、昔からあるトリートメントで、シャンプーをした後に、
しっかりとお湯で流すタイプです。

 

洗い流さないタイプは、タオルドライ状態か乾いた髪に付けて、
洗い流す必要はありません。

 

それで、どちらが良いか?といいますと、「洗い流さないタイプ」です。

 

というのも、洗い流すタイプのトリートメントは、頭皮に残ると毛穴がふさがって
炎症などを起こす可能性があるんですね。

 

ですので、洗い流すタイプは、お湯でしっかり流す必要がありました。

 

洗い流さないタイプは、頭皮に付きづらく、刺激も少ないため、洗い流す必要がありません。
また、髪にしっかりと吸着するため、髪の保護作用が高いのです。

 

できるだけトリートメントは、洗い流さないタイプを選んでくださいね。

 

<トリートメントのやり方>

 

トリートメントは、洗い流さないタイプの場合をご紹介します。

 

洗い流さないタイプのトリートメントには更に種類があり、ジェルタイプ、オイルタイプなどあります。
タイプは様々ありますが、基本的には、同じように使って頂いて構いません。

 

シャンプー後、タオルドライの状態か髪が乾いている状態でトリートメントを付けます。
頭皮には付かないよう毛先などを中心につけていきます。

 

髪の毛だけにつけていくイメージで、大量に付け過ぎるとベタベタにならないように!
その後、ドライヤーをかけるときは、あまり熱が当たらないように注意してください。

 

トリートメントを上手くすることで、サラサラの髪の毛になれますので、
髪の毛の傷みを減らすためにも、正しいトリートメントをしてくださいね。

 

関連ページ

トリートメントの選び方
トリートメントの選び方で髪のパサツキを抑えられるのをご存知ですか?間違った種類のトリートメントのを選ぶと逆にパサついたり効果がないときもあります。自分にあったトリートメントを選んでくださいね。
夕方になると髪の毛がベタつく原因
夕方になると髪の毛がベタついて脂っぽくなりませんか?髪のボリュームもなくなってせっかくの髪の毛が台無しになってしまいます。そこで、夕方になっても髪の毛がベタつかないで、キレイなままにする方法をご紹介します。
髪のボリュームを維持するには?
髪のボリュームを維持できなくて夕方になるとぺたんこ髪になってしまいませんか?髪が細い、柔らかいと言った原因と思いがちですが、実は毎日のヘアケアに問題があるかもしれません。髪のボリュームを維持するケアをしっかりしてみませんか?
長持ちする巻き髪を作る方法
長持ちする巻き髪を作る方法を知っていますか?長持ちしない巻き髪は、ヘアアイロンが上手く使えていないことが多いです。ですのでヘアアイロンを正しく使って、キレイで長持ちする巻き髪を作りませんか?
洗い流さないトリートメントはノンシリコンでもパサつかない?
洗い流さないトリートメントはノンシリコンでもくせ毛・乾燥、パサつきは抑えられるでしょうか?シリコンは頭皮に悪いイメージがありますが、髪の毛をコーティングして髪にツヤ・コシを与えてくれます。最近人気のノンシリコンの洗い流さないトリートメントはどうでしょうか?

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典