40代 女性 薄毛

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

40代から増える女性の薄毛の原因と対策は?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

40代の女性で薄毛になる方が増えています。

 

40代になり、髪が細くなり、ハリやコシがなくなった、
分け目の地肌が見えてきた・・という変化を感じてから薄毛を心配する方が多いです。

 

40代になると、なぜ女性は薄毛になりやすいのでしょうか?

 

その理由は、女性ホルモンのバランスの崩れが原因になっています。

 

女性ホルモンの「エストロゲン」は、髪の毛の成長に深く関係しています。

 

エストロゲンが多く分泌されると、髪の根にある細胞を活性化し、頭皮のコラーゲンを増加させ、
髪にツヤ・コシを与えて成長させます。

 

エストロゲンの分泌量は、キレイな髪の毛に必要なホルモンなんですね。

 

エストロゲンの分泌量は、7歳位から増え始め、28歳くらいをピークに減少を始めます。
40代になると、現象がさらに加速して、50歳くらいには微量になると言われています。

 

40代では急激なエストロゲンの減少により、ホルモンバランスが崩れてしまい、
髪の毛の成長がうまくできなくなります。

 

40代の薄毛は、次のような薄毛の兆候があります。

 

・抜け毛が多い
・髪の毛が細くなってきた
・前髪のセットがうまくいかない、前髪が頼りなくなった
・分け目の部分が薄くなってきた
・頭頂部の地肌が見えやすくなってきた

 

薄毛の兆候があるようなら、早めの対策が必要になります。
薄毛の対策は、早ければ早いほど、ダメージが少なくなりますので、早急な対処をしましょう。

 

薄毛の対策としては、次のような対策があります。

 

薄毛対策1:シャンプーなどヘアケア商品の見直しをする

 

いつも使っているシャンプーやコンディショナーなどが髪の毛にダメージを与えて薄毛を促進している場合があります。

 

シャンプーなどは、髪の毛にダメージを与えない成分のものを選んでください。
具体的には、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、着色料、香料、パラベンなどが使われていないことです。

 

ドラッグストアなどで安価に売っているシャンプーは、髪の毛にダメージを与える成分が
入っていることが多いので注意してください。

 

薄毛対策2:パーマ、カラーリングは回数を減らす

 

パーマ、カラーリングは、頭皮へのダメージがかなりあります。

 

パーマは溶剤で髪の毛を無理やり変形させており、髪の毛のダメージは計り知れません。
ストレートパーマも同様に髪の毛のダメージが大きいです。

 

カラーリングは、いくつか種類がありますが、いわゆる「ヘアカラー・白髪染め」は、
髪の毛の内部まで浸透して、ダメージが大きいです。

 

髪の毛に一度でもダメージを与えてしまうと、髪の毛は爪と同じような自然に復元しない細胞なので、
次の髪の毛が成長するまで改善しません。

 

白髪を染めるには、安全性が高い、ヘアマニキュア、カラーリンス、マスカラタイプのものを使用してください。

 

薄毛対策3:育毛剤の活用

 

育毛剤というと、男性のイメージがありますが、最近は女性用の育毛剤、育毛シャンプーも種類が多く、
使っている女性の方も増えています。

 

育毛剤は、女性用、男女共用、男性用とありますが、できたら女性用の育毛剤を使ってください。

 

男性用の育毛剤には、刺激が強いものがあり、頭皮か髪の毛にダメージを与えることがあるからです。
また、女性用育毛剤は、実際に女性が使って効果がある点が安心できます。

 

育毛剤は、髪の毛、頭皮のコンディションを整えて、髪の毛が育ちやすい環境を作ってくれます。
最初は抵抗がありますが、薄毛をちょっとでも意識し始めたら、早めに試してみることをおすすめします。

 

 

 

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典