安全 簡単 白髪染め

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

安全で簡単な白髪染めは?パラフェニレンジアミン入ってませんか

このエントリーをはてなブックマークに追加   

安全で簡単な白髪染めを見つけるのに苦労しませんか?

 

白髪染めは、美容室で染めるのが一番いいですが、
自宅で簡単にキレイに染めたいですよね。

 

ですが、ホームカラーの白髪染めの中には、危険な成分が
入っていることがあるので注意が必要です。

 

特にアレルギー持ちの方は、白髪染めに入っている成分で
アレルギーを起こして、倒れてしまう可能性もあるのです。

 

ですので、気軽に白髪染めを選んで使うと、危ないことがあるんですね。

 

パッケージの裏面に小さい文字で「毎回パッチテストを行ってから使ってください」と
書かれている白髪染めは気を付けたいです。

 

では、どのような白髪染めが安全で簡単に白髪を染められるかご紹介します。

 

<安全で簡単な白髪染めの選び方>

 

1.危険な成分が入っていないこと

 

白髪染めは、白い髪の毛を黒い染料で染めるため、
あまり安全な成分で作られていません。

 

特に「パラフェニレンジアミン」という成分は、アレルギー性があり、
頭皮が傷んでピリピリ痛くなったり、かぶれ・赤くなったりすることがあります。

 

さらにアレルギーが進むと、呼吸困難、吐き気、めまい、意識朦朧に
なることがあるのです。

 

最悪は、アナフィラキシーショックという症状が出ることです。

 

これは、一度使ったアレルギー性の物質を体内に取り込んだ後、
再度、同じアレルギー性のものを使うと急性のショック状態になることがあります。

 

白髪染めといえども命がけになりますので、
成分にパラフェニレンジアミンと書かれているものは注意です。

 

自然派として売りだされているヘナの白髪染めにも
パラフェニレンジアミンが入っていることがあるので気をつけてくださいね。

 

2.永久染毛剤よりヘアマニキュア

 

永久染毛剤とはカラーリングで使っている強力な染料です。

 

髪の毛のキューティクルを剥がして髪の内部に染料を染み込ませて、
キューティクルを閉じる処理をして黒く染めます。

 

髪の毛の内部に黒い色素を入れるために強いアルカリ性・酸性の
染料が使われるため、頭皮に負担がかかります。

 

頭皮は弱酸性で強いアルカリ性・酸性の液体を浴びると、
頭皮にダメージがあり、炎症が出来てフケなどになります。

 

頭皮のダメージがあると、元気な髪の毛を育てることが
できなくなり、薄毛や抜け毛などの原因になります。

 

そこで、使いたいのがヘアマニキュアです。

 

ヘアマニキュアは、髪の毛の表面に黒い染料を薄くコーティングして
髪の毛を染めます。

 

永久染毛剤よりは色持ちが悪いですが、頭皮に負担が少ないので
将来の髪の毛・頭皮を守りたいなら、ヘアマニキュアがオススメです。

 

ヘアマニキュアは、トリートメントのように髪にツヤを与えてくれるので、
髪を黒くするだけでなくツヤが出るのでキレイに見えるようになります。

 

白髪が多いとヘアマニキュアは使いづらい点がありますが、
頭皮のアンチエイジングをしたいなら、ヘアマニキュアがよいです。

 

3.染め残しには、白髪ぼかしをピンポイントで

 

ヘアマニキュアで髪を染めた後は、2〜3週間程度、
色持ちをします。

 

ですが、急なお出かけなどで白髪の染め残しが
合った場合は、ピンポイントで白髪ぼかしを使うと便利です。

 

白髪を見つけたら手で抜いてしまう方がいますが、
白髪は抜かないほうがよくて、はさみでカットするか白髪ぼかしを使うといいです。

 

白髪ぼかしはシャンプーするとすぐ落ちてしまう一時的なものですが、
その場だけは黒髪で過ごすことができるので1つ持っていると重宝します。

 

ムリヤリ白髪を抜いてしまうと髪の毛の毛根を引っ張ってしまい、
毛穴の中の組織まで抜いてしまうことがあります。

 

すると抜いた髪の毛の毛穴周辺の髪にもダメージがあるので、
出来る限りは手で無理やり抜かないでくださいね。

 

安全で簡単に染められる白髪染めは、危険な成分が入っていない
ヘアマニキュアを使うといいです。

 

自宅で白髪染めをしている方は、注意して使って頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
髪が傷まないカラーリング
髪が傷まないカラーリングでサラサラでツヤのあるキレイな髪になりたくありませんか?でもカラーリングの種類によって髪が傷みやすいものがあります。そこで髪が傷みにくいカラーリングの種類などについてご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
20代男の白髪対策
20代の男で白髪対策をする方が増えています。20代で白髪になると急に老けこんだ感じになり、オジサンっぽくなってしまいます。そこで、20代でも自然に白髪を黒髪にする方法をご紹介します。
カラーリングと白髪染めの違い
カラーリングと白髪染めの違いをご存じですか?自宅で出来るヘアカラーと白髪染め、白髪隠し、おしゃれ染めなど色々と言い方があって分かりづらいですよね。そこでカラーリングと白髪染めの違いやヘアカラーと美容院の白髪染めについてご紹介します。
白髪染めでかぶれる原因は?
白髪染めでかぶれる原因を知らないと白髪染めを使い続けると怖い副作用が出てくることがあるので注意が必要です。白髪染めの成分が皮膚に付くことで、顔が腫れたりジンマシン、呼吸困難まで起こる可能性があります。白髪染めでかぶれる原因をチェックしてください。
トリートメント 白髪染め染まらない
白髪染めのトリートメントが染まらないとよく口コミで言われてますが、染め方を間違っている方も多いです。白髪染めのトリートメントは頭皮に負担が少ないため強力に染まらないですが工夫をすれば、上手く白髪染めトリートメントが染まらないことを減らせます。
髪が痛まない白髪染めは?
髪が傷まない白髪染めでダメージが少ない成分をチェックしてますか?ホームカラーなどの強い染料は頭皮・髪が傷みやすいです。頭皮が痛むと薄毛などになるので、髪が傷まない白髪染めをご紹介します。
美容院の白髪染めを自宅でできる?
美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、かなりキレイな仕上がりになります。自宅での白髪染めはムラやキレイに染まらないことが多いですよね。そこで、美容院の白髪染めを自宅でできる方法をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典