傷まない カラーリング

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

髪が傷まないカラーリングってある?サラツヤの髪になりたい方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

カラーリングで髪が傷まない方法を知りたくありませんか?

 

カラーリングをすると、髪にツヤがなくなったり、パサパサになったり、
髪が傷んでしまうんですね。

 

カラーリングでオシャレをしたいのに、髪質が悪くなってしまって
毎日のヘアケアもどうしたらいいか悩んでしまいます。

 

カラーリングで出来るだけ髪が傷まないものを使いたいですよね。

 

そこで、カラーリングで出来るだけキレイな髪を保つ方法について
ご紹介します。

 

<カラーリングすると髪は痛む!>

 

カラーリングは、髪のツヤを出しているキューティクルを開いて
カラー成分を髪に入れていくことで、髪に色を付けます。

 

ですので、カラーリングをすると、少なからず髪に負担はかかってしまうんですね。

 

特に、自宅でやるカラーリング剤は、強力にカラーリング剤で染めていくので
髪への負担はかなり強いものになります。

 

とはいっても、カラーリングはしたい!ですよね。
そこで、出来るだけ髪が傷まないカラーリングの種類をご紹介しますね。

 

<出来るだけ髪が傷まないカラーリングの種類は?>

 

1.市販の一般的カラーリング剤(アルカリカラー剤) :髪への傷み→強い

 

髪に色を付ける力が強い、よくある市販のアルカリカラー剤は、
アルカリ性が強く、髪への負担がかなりあります。

 

特に頭皮への負担が大きく、場合によっては、痒み・かぶれなどの
皮膚の炎症になることもあります。

 

できるだけ、アルカリカラー剤は、使わないようにしていただきたいです。

 

2.中性カラー剤(白髪染め):髪への傷み→中くらい

 

アルカリカラー剤よりは、髪への負担は少ないですが、
カラーバリエーションが少ないです。

 

中性カラー剤は、白髪染めで使われていることが多いです。
髪への負担は少なくないので、薄毛・抜け毛が気になっている方は避けてください。

 

3.オーガニックヘアカラー :髪への傷み→中〜小さい

 

ヘナなどの天然素材を使ったオーガニックカラー剤は、
髪への負担が少なくオススメです。

 

ただ、オーガニック・天然素材が全て良いとは限らないの注意です。
髪への傷みもゼロではありません。

 

特に注意していただきたいのが、「パラフェニレンジアミン」という成分。
パラフェニレンジアミンは、酸性でアレルギーが出やすい成分です。

 

オーガニックのカラー剤だけに限りませんが、皮膚のアレルギーがある方は、
カラーリング・白髪染め時には注意してください。

 

4.ヘアマニュキュア :髪への傷み→小さい

 

髪に負担が少ないカラーリングとしては、
ヘアマニュキュアがおすすめです。

 

ヘアマニュキュアは、髪の表面に色を付けるので、
髪へのダメージが少ないです。

 

ただ、その分色持ちが2−3週間と短くケアに手間がかかりますが、
髪の傷みが少ないので、キレイな髪をキープできます。

 

また、パーマをした後でも使えるのが便利な点です。

 

カラーリングしても、髪が傷まずツヤがあってサラサラな髪にするには、
カラーリング剤の種類をしっかり選んで使ってくださいね。

 

 

 

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
20代男の白髪対策
20代の男で白髪対策をする方が増えています。20代で白髪になると急に老けこんだ感じになり、オジサンっぽくなってしまいます。そこで、20代でも自然に白髪を黒髪にする方法をご紹介します。
カラーリングと白髪染めの違い
カラーリングと白髪染めの違いをご存じですか?自宅で出来るヘアカラーと白髪染め、白髪隠し、おしゃれ染めなど色々と言い方があって分かりづらいですよね。そこでカラーリングと白髪染めの違いやヘアカラーと美容院の白髪染めについてご紹介します。
安全で簡単な白髪染めは?
安全で簡単に白髪染めをしたいですが、中には知らずに危険な成分が入った白髪染めで白髪を染めてしまうことがあります。メーカーも注意書きがしっかり書かれていないので見過ごすことがあり危険です。安全で簡単な白髪染めでキレイになりましょう♪
白髪染めでかぶれる原因は?
白髪染めでかぶれる原因を知らないと白髪染めを使い続けると怖い副作用が出てくることがあるので注意が必要です。白髪染めの成分が皮膚に付くことで、顔が腫れたりジンマシン、呼吸困難まで起こる可能性があります。白髪染めでかぶれる原因をチェックしてください。
トリートメント 白髪染め染まらない
白髪染めのトリートメントが染まらないとよく口コミで言われてますが、染め方を間違っている方も多いです。白髪染めのトリートメントは頭皮に負担が少ないため強力に染まらないですが工夫をすれば、上手く白髪染めトリートメントが染まらないことを減らせます。
髪が痛まない白髪染めは?
髪が傷まない白髪染めでダメージが少ない成分をチェックしてますか?ホームカラーなどの強い染料は頭皮・髪が傷みやすいです。頭皮が痛むと薄毛などになるので、髪が傷まない白髪染めをご紹介します。
美容院の白髪染めを自宅でできる?
美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、かなりキレイな仕上がりになります。自宅での白髪染めはムラやキレイに染まらないことが多いですよね。そこで、美容院の白髪染めを自宅でできる方法をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典