傷まない カラーリング

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

髪が傷まないカラーリングってある?サラツヤの髪になりたい方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

カラーリングで髪が傷まない方法を知りたくありませんか?

 

カラーリングをすると、髪にツヤがなくなったり、パサパサになったり、
髪が傷んでしまうんですね。

 

カラーリングでオシャレをしたいのに、髪質が悪くなってしまって
毎日のヘアケアもどうしたらいいか悩んでしまいます。

 

カラーリングで出来るだけ髪が傷まないものを使いたいですよね。

 

そこで、カラーリングで出来るだけキレイな髪を保つ方法について
ご紹介します。

 

<カラーリングすると髪は痛む!>

 

カラーリングは、髪のツヤを出しているキューティクルを開いて
カラー成分を髪に入れていくことで、髪に色を付けます。

 

ですので、カラーリングをすると、少なからず髪に負担はかかってしまうんですね。

 

特に、自宅でやるカラーリング剤は、強力にカラーリング剤で染めていくので
髪への負担はかなり強いものになります。

 

とはいっても、カラーリングはしたい!ですよね。
そこで、出来るだけ髪が傷まないカラーリングの種類をご紹介しますね。

 

<出来るだけ髪が傷まないカラーリングの種類は?>

 

1.市販の一般的カラーリング剤(アルカリカラー剤) :髪への傷み→強い

 

髪に色を付ける力が強い、よくある市販のアルカリカラー剤は、
アルカリ性が強く、髪への負担がかなりあります。

 

特に頭皮への負担が大きく、場合によっては、痒み・かぶれなどの
皮膚の炎症になることもあります。

 

できるだけ、アルカリカラー剤は、使わないようにしていただきたいです。

 

2.中性カラー剤(白髪染め):髪への傷み→中くらい

 

アルカリカラー剤よりは、髪への負担は少ないですが、
カラーバリエーションが少ないです。

 

中性カラー剤は、白髪染めで使われていることが多いです。
髪への負担は少なくないので、薄毛・抜け毛が気になっている方は避けてください。

 

3.オーガニックヘアカラー :髪への傷み→中〜小さい

 

ヘナなどの天然素材を使ったオーガニックカラー剤は、
髪への負担が少なくオススメです。

 

ただ、オーガニック・天然素材が全て良いとは限らないの注意です。
髪への傷みもゼロではありません。

 

特に注意していただきたいのが、「パラフェニレンジアミン」という成分。
パラフェニレンジアミンは、酸性でアレルギーが出やすい成分です。

 

オーガニックのカラー剤だけに限りませんが、皮膚のアレルギーがある方は、
カラーリング・白髪染め時には注意してください。

 

4.ヘアマニュキュア :髪への傷み→小さい

 

髪に負担が少ないカラーリングとしては、
ヘアマニュキュアがおすすめです。

 

ヘアマニュキュアは、髪の表面に色を付けるので、
髪へのダメージが少ないです。

 

ただ、その分色持ちが2−3週間と短くケアに手間がかかりますが、
髪の傷みが少ないので、キレイな髪をキープできます。

 

また、パーマをした後でも使えるのが便利な点です。

 

カラーリングしても、髪が傷まずツヤがあってサラサラな髪にするには、
カラーリング剤の種類をしっかり選んで使ってくださいね。

 

 

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典