白髪染め 美容院 自宅

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

美容院の白髪染めを自宅でできる?自分でキレイに染める方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?

 

美容院の白髪染めは、美容師さんがあなたの髪の色に
合わせて染料を調合して染めてくれます。

 

そのため、美容室で染める白髪染めはとてもキレイに
仕上がるのです。

 

ですが、自宅で染めるホームカラーの白髪染めは、
色ムラが出来たり、上手く染まらないことが多いですよね。

 

自宅で自分で白髪を染めるテクニックも必要なので、
上手く染まらないと思いがちです。

 

ですが、市販の白髪染めにも問題があるのです。

 

市販の白髪染めは、誰でも色がキレイに定着するように、
強めの染料を使っているのです。

 

そのため、市販の白髪染めは、強アルカリ性の染料が多く使われていて、
髪の毛が痛みやすく、あまりキレイに染まらないんですね。

 

市販の白髪染めをした後は、髪の毛が傷んで、乾燥がしやすく、
パサパサ・ゴワつきも気になることが多いのです。

 

そこで、自宅で白髪染めをするコツをご紹介します。

 

<自宅で美容室のように白髪染めをする方法>

 

1.白髪染めの種類をしっかり選ぶ

 

市販の白髪染めは、いかにもキレイに染まる!っていうパッケージですが、
しっかりと種類を選ぶのが、キレイに染めるコツです。

 

市販の白髪染めは、染めやすくするため成分が強くなっていて、
美容室の白髪染めより、強い成分で髪が痛みやすいです。

 

ですので、ちゃんと白髪染めの成分をチェックして、どのような仕組みで
白髪を染めるかチェックしたほうがいいです。

 

白髪染めの種類は、大きく2つあります。

 

「染毛剤」という白髪染めは、カラーリングと同じで、色が黒というだけです。

 

強めのアルカリ剤でキューティクルを開かせて、ブリーチ剤で脱色させ、
黒い色素を髪の毛の内部のコルテックスに入れ込んでいきます。

 

染毛剤は「医薬部外品」の扱いで、強い化学成分が使われ、
髪の毛にダメージが残りやすいです。

 

「染毛料」という白髪染めは、ヘアマニキュアという種類で、
髪の毛の周りに色素がコーティングして色がつく仕組みです。

 

染毛料の白髪染めは、強い染料を使わず、頭皮への負担が
少ないのが特徴です。

 

染毛剤は髪の内部まで染めるので、髪の表面だけコーティングする
染毛料の白髪染めより、長い期間色落ちがしにくいです。

 

自宅で自分で髪の毛を染める時は、染毛剤ではなく、
染毛料を使った「ヘアマニキュア」方式の白髪染めがダメージが少なくてよいです。

 

2.シャンプー後はアウトバス・トリートメントをする

 

髪の毛は、水分を吸った状態が一番弱い状態です。

 

白髪染めした後に、シャンプーで髪を洗うと、髪の毛のキューティクルが開き、
ドライヤーで乾燥する時にダメージを与えやすいです。

 

白髪染めをした後は、染毛剤・染毛料を使っても、色落ちがしやすいだけでなく、
白髪染めで、負担になっている髪の毛自体が弱くなってしまうのです。

 

ですので、シャンプーした後は、シャンプーした後にタオルドライして、
アウトバス・トリートメントをするのがおすすめです。

 

アウトバス・トリートメント=洗い流さないトリートメントです。

 

アウトバス・トリートメントは、白髪を染めた跡の髪の毛の周りに、
吸着して、髪の毛を保護してくれるのです。

 

アウトバス・トリートメントをした後に、あまり熱すぎない温度で
ドライヤーをかけて、髪の毛を乾かします。

 

ドライヤーの熱で、髪の毛の水分や髪の毛内部の構造が崩れにくくなり、
キレイな髪の毛を保つことが出来ます。

 

ですので、白髪染めした後は、タオルドライ→アウトバス・トリートメントを付ける
→低音のドライヤーで髪を乾かす、とよいですね。

 

アウトバストリートメントを使うと、白髪染めを長持ちさせ、
ツヤのあるキレイな髪になるので、やってみてくださいね。

 

3.パーマと白髪染めは一緒にやらない

 

クセ毛やボリューム感を出すために、パーマをかけることが
あると思います。

 

ですが、パーマと白髪染めは一緒にやらない方が頭皮・髪の毛の負担が少ないのです。

 

パーマは、強いアルカリ剤で髪の毛の繊維(コルテックス)を変形させて、
還元剤を使って、髪の毛の形を変えてます。

 

強いアルカリ剤を使う点においては、パーマも白髪染めも、
実は同じようなことをしているのです。

 

ですので、パーマ・白髪染めを同時にすると、頭皮に強い負担がかかるんですね。
でも、パーマも白髪染めも同時にしたい!こともありますよね。

 

その場合は、先にパーマをかけてから、白髪染めをしてください。

 

パーマを先にかけてから白髪染めをしたほうがキレイに仕上がります。
逆に、白髪染めを先にして、パーマをすると色落ちがしやすくなるんですね。

 

ですので、パーマを先にかけてから、白髪染めをしたほうがいいです。

 

頭皮に負担をかけないよう、数週間はあけてからパーマ・白髪染めを
するといいかと思います。

 

 

白髪を隠して、きれいな髪を保つには、白髪染めの種類と、
日頃のヘアケア、パーマなどのケアに注意して頂きたいです。

 

特に、自宅で白髪染めするには、どの白髪染めを使うか?がポイントになります。

 

美しい髪を5年・10年後も保ちたいなら、出来るだけ頭皮に負担がすくない、
白髪染めを選んでくださいね。

 

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
髪が傷まないカラーリング
髪が傷まないカラーリングでサラサラでツヤのあるキレイな髪になりたくありませんか?でもカラーリングの種類によって髪が傷みやすいものがあります。そこで髪が傷みにくいカラーリングの種類などについてご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
20代男の白髪対策
20代の男で白髪対策をする方が増えています。20代で白髪になると急に老けこんだ感じになり、オジサンっぽくなってしまいます。そこで、20代でも自然に白髪を黒髪にする方法をご紹介します。
カラーリングと白髪染めの違い
カラーリングと白髪染めの違いをご存じですか?自宅で出来るヘアカラーと白髪染め、白髪隠し、おしゃれ染めなど色々と言い方があって分かりづらいですよね。そこでカラーリングと白髪染めの違いやヘアカラーと美容院の白髪染めについてご紹介します。
安全で簡単な白髪染めは?
安全で簡単に白髪染めをしたいですが、中には知らずに危険な成分が入った白髪染めで白髪を染めてしまうことがあります。メーカーも注意書きがしっかり書かれていないので見過ごすことがあり危険です。安全で簡単な白髪染めでキレイになりましょう♪
白髪染めでかぶれる原因は?
白髪染めでかぶれる原因を知らないと白髪染めを使い続けると怖い副作用が出てくることがあるので注意が必要です。白髪染めの成分が皮膚に付くことで、顔が腫れたりジンマシン、呼吸困難まで起こる可能性があります。白髪染めでかぶれる原因をチェックしてください。
トリートメント 白髪染め染まらない
白髪染めのトリートメントが染まらないとよく口コミで言われてますが、染め方を間違っている方も多いです。白髪染めのトリートメントは頭皮に負担が少ないため強力に染まらないですが工夫をすれば、上手く白髪染めトリートメントが染まらないことを減らせます。
髪が痛まない白髪染めは?
髪が傷まない白髪染めでダメージが少ない成分をチェックしてますか?ホームカラーなどの強い染料は頭皮・髪が傷みやすいです。頭皮が痛むと薄毛などになるので、髪が傷まない白髪染めをご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典