乾性フケ 脂性フケ 見分け方

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

乾性フケと脂性フケの見分け方 間違うとケアが変わるので注意

このエントリーをはてなブックマークに追加   

乾性フケと脂性フケの見分け方は、結構難しいです。

 

同じ人のフケでもは湿度・温度や、体調による
皮脂分泌量の変化によって変わってくることがあるからなんです。

 

冬の乾燥する季節は乾性フケが多く、
梅雨などの湿気が多い時期は脂性フケが多い傾向があります。

 

ただ、フケは頭皮の垢のようなもので、普段から出ています。
ただ、小さすぎて目に見えないだけです。

 

フケ=不潔ではなく、フケは頭皮の垢のようなもので、
頭皮が生まれ変わる(ターンオーバー)たびに落ちているんですね。

 

頭皮が炎症などで異常になると、頭皮のターンオーバーが
早くなるとフケが大きくなり、目立ってくるようになります。

 

目立つようなフケが出てくるようになると、頭皮に異常がある証拠ですので、
乾性フケと脂性フケを見極めて、対策を早めにする必要があります。

 

そこで、乾性・皮脂性フケの見分け方についてご紹介します。

 

■乾性フケと皮脂性フケの見分け方は?

 

乾性フケか皮脂性フケを見分けるには、落ちたフケや頭に付いているフケ、
頭皮の状態等によって判断します。

 

<乾性フケの特徴>
・細かくパラパラと落ちる
・髪をかくと粉のように落ちてくる
・頭皮がカサカサする
・生え際に乾燥したウロコ状の湿疹がある
・お肌が乾燥肌の方が多い

 

<脂性フケの特徴>
・大き目のフケで、髪や頭皮にくっつきやすい
・頭皮が脂っぽい、ベタつく
・頭皮に黄色っぽい塊が出来る
・強いかゆみがある
・頭皮に赤みがある
・自然に抜けた抜け毛の根本が白い

 

乾性フケと脂性フケは、必ずこうなる!というのがないので、
該当する点が多いほうのフケになります。

 

■乾性フケの原因と対策

 

乾性フケが出る原因は次のような点です。

 

・加齢、空気の乾燥、シャンプーによる皮脂の落としすぎで、頭皮に皮脂が少なくなる
・皮脂が少ないと、頭皮が乾燥して頭皮の角質が剥がれ落ちてフケが出る

 

対策としては、次のような事が挙げられます。

 

・洗浄力が弱いシャンプーを使う
・シャンプーをやり過ぎない(多くて1日1回)
・頭皮を保湿する

 

■脂性フケの原因と対策

 

脂性フケが出る原因は次のような点です。

 

・頭皮の皮脂が過剰で、頭皮にいる細菌(真菌など)が、頭皮に炎症を起こす
・炎症が起きた頭皮を治すために、皮膚の代謝が早くなりフケが出る

 

対策としては、次のような事が挙げられます。

 

・頭皮の細菌を殺菌する
・炎症を悪化させない刺激の弱いシャンプーを使う
・シャンプーを適度にやり、皮脂を減らす
・皮脂が出すぎなような生活習慣にする(食事・睡眠など)

 

脂性フケは、脂漏性皮膚炎という皮膚の病気になっていることがあります。

 

強いかゆみが出ることが多く、かゆみで手でかきむしってしまい、
頭皮が傷ついてボロボロになって、さらにフケが出る悪循環になります。

 

脂漏性皮膚炎になると、なかなか治りづらくなるので、
辛抱強くケアをしていくことになります。

 

目に見えるフケが出てきたら、まずは頭皮の負担を減らして、
頭皮を正常化する対策をしていってくださいね。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典