髪 ボリューム 維持

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

髪のボリュームが維持できない!ぺたんこ髪になってしまう女性へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

髪のボリュームが維持できず、ぺたんこ髪になってしまいませんか?

 

髪 ぺんたこ 女性

 

ぺたんこ髪からふんわり髪へ・・あなたの印象を若くするシャンプーはコチラ

 

年齢を重ねると、髪の毛が細くなったり、柔らかくなってしまい、
髪型が決まらず、ボリューム感がないペタンコ髪になってしまいますよね。

 

ただ、髪の毛のボリュームが出ないのは、
加齢だけでなく、毎日のケアが原因になっていることが多いんです。

 

大人になってから、髪が細くなったり、柔らかくなったと感じる方は、
毎日のヘアケアが原因の可能性が高いですね。

 

これは、カラーリング・パーマやシャンプーなどによる、頭皮のダメージによるものが多いです。
頭皮にダメージがあると、元気に髪が育たず、髪が細くなってしまうんです。

 

また、髪が細くなったり、柔らかくなってくるのは、髪が痩せている証拠です。
髪が痩せると、将来、薄毛にも繋がりますので、注意が必要です。

 

年齢を重ねると、髪を作る細胞が弱っていき、髪が痩せて細くなったり、
ボリュームがなくなってきます。

 

そのため、年齢に応じた正しいケアをして、髪のボリュームアップしていきましょう。

 

■ぺたんこ髪をボリュームアップさせる3つのポイント

 

その1.トリートメントでコシを持たせる

 

年齢を重ねると、髪がやせて細くなり、髪にコシがなくなり、
ボリュームが出づらくなり、ぺたんこの髪になってしまいます。

 

そこで、ボリューム感を出す即効性のある方法は、
トリートメントで、髪の内部にタンパク質を補充すること。

 

トリートメント成分は、髪にハリ・コシを与える「強化系成分」が使われていると、
髪の毛にボリュームを出すことができます。

 

強化系のトリートメントは、これまでで傷んだ髪を元気にさせ、
ふんわりとしたボリュームで、若い印象にしてくれます。

 

<強化系トリートメントの主な成分>

  • メドウフォームラクトン
  • 加水分解ケラチン
  • 加水分解シルク

 

アウトバストリートメントは、ミルク、ジェルタイプのものを
使うと、髪にさらにボリューム感を持たせることができます。

 

その2.カラーリング・パーマの回数を減らす

 

カラーリング、パーマは、かなり頭皮へダメージを与えます。

 

強アルカリ性のカラーリング剤、パーマ剤が頭皮に付くため、
頭皮が傷んでしまい、炎症などが起きてしまいます。

 

そうすると、髪の毛を育てる毛根などが弱ってしまい、
コシのある髪の毛が育ちません。

 

過去にカラーリング・パーマをたくさんしていた方も、
頭皮が弱っている可能性もあります。

 

そういう方は、弱った頭皮にこれ以上の負担を
かけないほうが、よいですね。

 

できたら、シャンプーも頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーに変えて、
頭皮・髪の毛をいたわってあげるようにするといいです。

 

もし、ボリュームアップをしたいのでしたら、カラーリング・パーマの回数を減らす、
または、頭皮に負担の少ないカラーリング剤を使うなどしてくださいね。

 

3.シャンプーを見直す

 

シャンプーの種類によっては、洗浄成分が強すぎて、頭皮にダメージを与えて、
髪がペタンコ気味になりやすいです。

 

CMやドラッグストアで売っているシャンプーの多くは、
台所用洗剤と同様の洗浄力がある「高級アルコール系シャンプー」です。

 

高級アルコール系シャンプーは、使い続けていると、
頭皮に負担をかけて、髪の毛の元気がなくなってしまいます。

 

高級アルコール系シャンプーの成分には、ラウリル硫酸ナトリウムや、
ラウレス硫酸ナトリウムが入っているのが特徴です。

 

そこで、シャンプーは、洗浄力が弱く、頭皮に低刺激な
「アミノ酸系シャンプー」か「ベタイン系シャンプー」がいいです。

 

アミノ酸系・ベタイン系シャンプーは、頭皮に刺激が少なく、
髪に必要な脂分は取らないので、安全です。

 

成分は、コカミド〜や、〜ベタインという成分が入っています。
また、シリコンは、ノンシリコンのものを選んでください。

 

シリコンが入っていると、髪がしっとりするので、髪が重くなるので、
ボリュームダウンになります。

 

ちなみに「アミノ酸系シャンプー」も頭皮に低刺激でおすすめですが、
成分により、ボリューム感がでなくなるシャンプーもあるので注意して下さい。

 

■美容ジャーナリスト・齋藤薫さんも認めるシャンプー&トリートメントで、ぺたんこ髪を解消

 

髪の毛のボリューム不足を感じたら、年齢によるヘアケアを見直すサインです。

 

ぺんたこ髪になるのは、髪が細くなったり、ハリ・コシがなくなってきた状態。
頭皮・髪にダメージがたまっていて、キレイな髪をつくるヘアケアが必要なタイミングです。

 

そこで、ご紹介したいのが、美容ジャーナリスト・齋藤薫さんを始め、美容師さん推薦の
アミノ酸シャンプー&トリートメントの「uruotte(うるおって)」
です。

 

uruotte

 

uruotte(うるおって)は、泡立ちが悪い傾向にあるアミノ酸系シャンプーの中でも、
キメの細かい泡立ちで、シャンプー後の洗い心地が爽やかなシャンプーです。

 

さらに、uruotteのハーバルエッセンスで、シャンプー後の30秒の頭皮マッサージで、
頭皮がやわらかくなり、髪の立ち上がり・ハリツヤがよくなってきます。

 

大人っぽいアロマ成分がとても心地よくて、
uruotteを使うだけでリラックスできるのが楽しみです♪

 

uruotteは、美容ジャーナリストの齋藤薫さんも、
「脱・老け顔”の17名品」にuruotteを選んでいます。

 

uruotte(うるおって)を使うようになってから、髪の毛がすごい若返った感じします。
ぺんたこ髪が、ふんわり髪になっただけでなく、ツヤ・コシも出てきたのが、嬉しいです♪

 

uruotteは、シャンプーはリンス不要のアミノ酸シャンプーと頭皮ケア用ハーバルエッセンスを
組み合わせるのが、ぺたんこ髪対策のキモです。

 

髪が細くなったり、柔らかくなってボリュームがなくなってくると、
体質だから・・と思っている方は、諦めずにヘアケアを見直して頂きたいです。

 

あなたに合ったヘアケアをしっかりすれば、髪はキレイに維持できますので
がんばってくださいね。

 

今ならuruotteは、トライアルでお試しが出来ます。
齋藤薫さんも認めたリラックス&爽快感を体験してみてはいかがでしょうか。

 

髪の毛がこんなに変わる?を体験したい方はコチラへ
髪 ぺたんこ 女性

関連ページ

トリートメントの使い方
あなたのトリートメントの使い方はあっていますか?トリートメントの使い方を間違えるとせっかくの効果が出ないことになります。トリートメントでサラサラでツヤがある髪の毛にするコツをご紹介します。
トリートメントの選び方
トリートメントの選び方で髪のパサツキを抑えられるのをご存知ですか?間違った種類のトリートメントのを選ぶと逆にパサついたり効果がないときもあります。自分にあったトリートメントを選んでくださいね。
夕方になると髪の毛がベタつく原因
夕方になると髪の毛がベタついて脂っぽくなりませんか?髪のボリュームもなくなってせっかくの髪の毛が台無しになってしまいます。そこで、夕方になっても髪の毛がベタつかないで、キレイなままにする方法をご紹介します。
長持ちする巻き髪を作る方法
長持ちする巻き髪を作る方法を知っていますか?長持ちしない巻き髪は、ヘアアイロンが上手く使えていないことが多いです。ですのでヘアアイロンを正しく使って、キレイで長持ちする巻き髪を作りませんか?
洗い流さないトリートメントはノンシリコンでもパサつかない?
洗い流さないトリートメントはノンシリコンでもくせ毛・乾燥、パサつきは抑えられるでしょうか?シリコンは頭皮に悪いイメージがありますが、髪の毛をコーティングして髪にツヤ・コシを与えてくれます。最近人気のノンシリコンの洗い流さないトリートメントはどうでしょうか?

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典