頭皮 できもの 種類

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

頭皮できものの種類 フケが出やすい炎症・湿疹とは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

頭皮のできものの種類によっては、危険なものがあるので注意です。

 

頭皮のできものは、「発疹(ほっしん)」といって、
赤くなったり、皮膚が盛り上がったりする皮膚の変化・症状の1つです。

 

発疹がヒドくなると、「湿疹(しっしん)」といい、○○皮膚炎といった病名になります。

 

発疹を治すには、ドラッグストアで市販の発疹止め・かゆみ止めがありますが、
それだけで完治させるのは難しいです。

 

頭皮のできものは、原因が複合的で分からないことが多いため、
シャンプーを刺激の少ないものにするなど、長期戦になることが多いです。

 

ですので、できものが出来たら、出来る限り悪化させないようにすることが大切です。

 

そこで、頭皮に出来るできもの=発疹の種類についてご紹介します。

 

<頭皮のできものの種類は?>

 

1.丘疹(きゅうしん)

 

ポツポツと皮膚が盛り上がり、痛みや赤みを伴うことがあります。
複数のポツポツが出来て、1センチ以下のできものです。

 

ほとんどはしばらく放っておくと、自然に治りますが、
シャンプーなどを付けて、悪化させないようにしてください。

 

悪化すると、皮膚が厚くなり、大きくなります。

 

2.膨疹(ぼうしん)

 

台形状に盛り上がったできものです。
蚊に刺された時に出来るできもの、じんましんで出来るできものが代表的。

 

3.紅斑(こうはん)

 

頭皮の表面の毛細血管が拡張して赤みが出てきます。
皮膚を押すと消えるのが特徴です。

 

丘疹と一緒にできることがあり、悪化すると、盛り上がってきて、
湿疹に発展することがあります。

 

自然に治る事が多いですが、1〜2週間程度かかります。

 

4.水疱(すいほう)

 

「水ぶくれ」と呼ぶことがあり、皮膚が膨れ上がり、
中に水・血液などがたまり、プックリしたできものです。

 

ウイルス性炎症でできることが多いです。

 

水疱はできるだけ破らない(触らない)ようにします。
水疱が出来て上手く直さないと跡が残ることがあるので注意です。

 

5.糜爛(びらん)

 

びらんは、皮膚が部分的に欠けて、赤みが出てきます。
「ただれ」とも言います。

 

損傷部分が浅いのは糜爛で、損傷部分が深くなると「潰瘍(かいよう)」といいます。

 

糜爛が悪化すると、皮膚がはがれてフケとなって落ちていきます。
刺激の強いシャンプーで刺激して悪化させないようにします。

 

6.落屑(らくせつ)

 

頭皮の表面の角質がパラパラと落ちていくことを落屑といいます。
落屑があるときは、すでにフケが出ていることになります。

 

頭皮の表面は、カサカサになって、角質層が部分的にはがれています。

 

皮膚が落ちる前は角質層が剥がれそうになっていて、
魚のウロコ状になっていることもあります(鱗屑・りんせつ)。

 

そのため、皮膚がかゆくなって、フケが悪化することがあります。
落屑が起きていると、なかなかフケは治りづらい状態になっています。

 

 

頭皮のできものは、刺激の強いシャンプーやウイルスなどの刺激があると、
その防御反応として、赤み・腫れ・熱・痛みなどがおきます。

 

上記でご紹介したできものの種類は、出来る理由や場所などで
種類が変わってきます。

 

できものが頭皮に出来たら、できるだけ触らず、刺激の強いシャンプーで
洗わないように注意が必要です。

 

できものが悪化すると治る過程では、皮膚がはがれ落ちてフケになります。

 

このフケが出る時期に、手で触ったり、刺激が強いシャンプーで洗髪、
シャンプーのやり過ぎなどをすると、フケが止まらなくなります。

 

脂漏性皮膚炎といった治りづらい皮膚炎へ発展することもあります。

 

もし頭皮にできものができたら、あまり軽く見ないで、
できるだけ悪化しないように対処してくださいね。

 

関連ページ

乾燥フケが治らない原因
乾燥フケが治らない原因は人により様々な理由があります。乾燥しやすい肌質の方でなくても、乾燥フケが治らないことも多く、今一度、毎日のヘアケアを見なおしてみませんか?
乾性フケと脂性フケの見分け方
乾性フケと脂性フケの見分け方をご紹介します。フケには2種類あり、乾性フケと脂性フケがあり原因や対策が違ってくることがあるので注意が必要です。乾性フケと脂性フケの見分け方で正しい対策をしてくださいね。
シャンプーすすぎのコツ
シャンプーのすすぎのコツをご紹介します。頭皮にシャンプーの成分が残ることで皮脂と交じり合い、夕方頃にイヤなニオイが出たり、フケの原因になります。すすぎ不足が多くて意外と洗っていないところがでてきます。そこでシャンプーすすぎのコツをご紹介します。
髪を洗う回数は何回がベスト?
髪を洗う回数が多ければ多いほど清潔に見えますが、実は逆効果なんです。シャンプーし過ぎは頭皮にダメージを与えるのでヒドイことになるので注意です。髪を洗う回数を適度にして髪の毛・頭皮の健康をまもる方法をご紹介します。
石鹸シャンプーのベタつきを解消
石鹸シャンプーでベタつきを解消する方法をご紹介します。頭皮に良いと思って石鹸シャンプーをすると、石鹸を変えたとたんに頭皮のベタつき・ニオイ・カスが出たりしやすいです。石鹸シャンプーでベタつきを解消して正しいシャンプーをして頂きたいです。
頭皮の赤みが治らない
頭皮の赤みが治らない方が多いです。よくある赤みは紅斑(こうはん)といって自然と治ることが多いです。ただ治らない赤みもあり、対処法が重要になります。頭皮の赤みが治らないなら間違った治療をしないようにしてくださいね。
頭皮の皮脂つまりは大丈夫?
頭皮の皮脂つまりがヒドくなっていませんか?頭皮の毛穴はシャンプーをしていてもどうしても毛穴に皮脂やホコリなどの汚れがたまります。毛穴が詰まるとフケや薄毛の原因になります。頭皮の皮脂つまりはキレイに掃除しましょう^^
固形石鹸シャンプーでベタつき
固形石鹸シャンプーでべたつきが気になるなら、洗い方が間違っているかもしれません。無添加の固形石鹸でシャンプーを一度はやってみたくなりますよね。でもシャンプーのやり方が難しかったりします。固形石鹸シャンプーでベタつきがあるなら、正しい洗い方をご紹介します。
地肌が乾燥してフケが止まらない方
地肌が乾燥してフケが止まらないとシャンプーで毎日、ゴシゴシとキレイに洗いすぎていませんか?フケの原因は清潔でないから、とお思いがちですが、実は逆効果なんです。そこで地肌が乾燥してフケが止まらない方に正しいシャンプーのやり方をご紹介します。
シャンプーで汗臭いのを抑えるには
シャンプーで汗臭いのを抑えるのって難しくないですか?シャンプーをしっかりしているのに何か臭う・・自分のニオイは分かりづらいですよね。シャンプーで汗臭いのを抑える方法をご紹介します。
女性も頭から加齢臭が?
女性も頭から加齢臭がする方が増えています。加齢臭というとおじさんというイメージですが、女性も30代・40代になるにつれ加齢臭がする!という声が多くなってます。女性は女性ホルモンが減ってくると男性と同じように加齢臭が出てくるので注意です。
頭皮が脂性な女性の勘違い
頭皮が脂性の女性はもしかしたらシャンプーなどのヘアケアが間違っているかもしれません。30代を超えてきて頭皮がオイリーなら皮脂が過剰になっているかもしれないです。頭皮が脂性の女性のための正しいヘアケア方法をご紹介します。
髪の紫外線ダメージはどれくらい?
紫外線で髪のダメージはどれくらいあるのでしょうか?紫外線は、髪だけでなく頭皮への影響もあります。特に頭皮へのダメージは薄毛やフケへの影響があります。紫外線の髪のダメージを予防して髪・頭皮の健康を維持して頂きたいです。
地肌のかゆみはシャンプーのせい?
地肌のかゆみをシャンプーを変えても変わらないことありませんか?頭が痒くなるのは色々な要因で起きることがあります。シャンプーを変えさえすればよいわけでないです。。地肌のかゆみがシャンプーが原因かどうかチェックしてみてくださいね。
頭皮がカサカサで白い粉が出る
頭皮がカサカサで白い粉が出て困っていませんか?いくらキレイに髪の毛を洗っても、頭皮の乾燥が治らないことがあります。頭皮が乾燥してかゆみも出てきてしまうのです。そこで、頭皮おカサカサで白い粉が出てきた場合の原因と対策をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典