白髪染め かぶれ 原因

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

白髪染めでかぶれる原因は?自分で上手く染められない方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白髪染めで頭皮がかぶれる方は、お肌のアレルギー反応に注意が必要です。

 

自宅で染める白髪染めには、誰でも簡単に染められるよう
強めに染料が入っています。

 

特に、ドラッグストアなどの市販の白髪染めは、強アルカリ性のため
お肌に負担がかなりかかるのです。

 

頭皮も顔の肌の延長線上にあるので、頭皮も強いアルカリ性の
液体が浸かると、ダメージがあるんですね。

 

そのため、美容院で染める白髪染めよりも強い成分が
入っていて、頭皮がかぶれたり、炎症をおこすことがあります。

 

白髪染めのパッケージの裏面に必ず「パッチテストをしてください」と
書かれているのはそのためです。

 

よく見るとパッチテストは、初めの1回だけでなく白髪染めをするたびに
「毎回」するように書いてあるんですね。

 

つまり・・アレルギーは最初だけでなく使うたびに起きる可能性が
あることを意味しているのです。

 

<注意したい白髪染めの成分とは?>

 

白髪染めで最も注意したい成分に「パラフェニレンジアミン」があります。

 

パラフェニレンジアミンは、空気に触れると黒色に変化する
染料として白髪染めに多く使われています。

 

パラフェニレンジアミンは使ってアレルギー反応を発症することが
あるので気を付けたい成分です。

 

パラフェニレンジアミンは、頭皮がかぶれたり、炎症を起こしたりします。

 

ここで注意したいのが1回使って問題なくても2回目以降で
アレルギー反応が出ることがあるのです。

 

これはアナフィラキシー・ショックといって、一度アレルギー性の物質を
体に取り込んだ後に、再度取り込んだ時にショック症状が出ることがあるんですね。

 

アレルギー反応は、呼吸困難になったり意識がもうろうとしてくるといった
強い症状が出る方もいます。

 

場合によっては、髪が脱毛したり顔が腫れたりすることもあります。

 

パラフェニレンジアミンでアレルギーが出る方は数パーセントとい言われていますが、
誰にでも起こりうるアレルギー反応なので気を付けたいです。

 

ヘナの白髪染めでもパラフェニレンジアミンが使われていることもあり、
ヘナは植物性だから安心、というわけでないので注意が必要です。

 

そのため、自宅で白髪染めをするときは、パラフェニレンジアミンが
入っていない頭皮に負担が少ない白髪染めを使うことがおすすめです。

 

さらに、頭皮に負担がない「ヘアマニキュア」タイプを選ぶとよいです。

 

ヘアマニキュアは、色持ちが2〜4週間であまり長持ちしない、
キレイに染まらないイメージがありますが、やり方・製品によって違います。

 

ヘアマニキュアは、上手く染めるとまんべんなくキレイに染まりますし、
色持ちもそれなりによいです。

 

頭皮に負担がかかる白髪染めをするより、髪の健康のためにいいんですね。

 

年齢を重ねていくと、頭皮が弱っていると髪の毛が細くなり、薄毛になったり、
ツヤ・コシがなくなってきます。

 

若いうちに強い白髪染めを使うと頭皮が傷んでしまい、頭皮の皮膚構造が
弱まってしまうのです。

 

白髪が少しずつ増えてくると、綺麗に染まる白髪染めを使いたくなりますが、
長い目で見ると、髪の毛の健康によくないのです。

 

年齢を重ねても元気でキレイな髪の毛を維持したいのでしたら、
アレルギー性成分のない、頭皮に負担のない白髪染めを使って頂きたいです。

 

 

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
髪が傷まないカラーリング
髪が傷まないカラーリングでサラサラでツヤのあるキレイな髪になりたくありませんか?でもカラーリングの種類によって髪が傷みやすいものがあります。そこで髪が傷みにくいカラーリングの種類などについてご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
20代男の白髪対策
20代の男で白髪対策をする方が増えています。20代で白髪になると急に老けこんだ感じになり、オジサンっぽくなってしまいます。そこで、20代でも自然に白髪を黒髪にする方法をご紹介します。
カラーリングと白髪染めの違い
カラーリングと白髪染めの違いをご存じですか?自宅で出来るヘアカラーと白髪染め、白髪隠し、おしゃれ染めなど色々と言い方があって分かりづらいですよね。そこでカラーリングと白髪染めの違いやヘアカラーと美容院の白髪染めについてご紹介します。
安全で簡単な白髪染めは?
安全で簡単に白髪染めをしたいですが、中には知らずに危険な成分が入った白髪染めで白髪を染めてしまうことがあります。メーカーも注意書きがしっかり書かれていないので見過ごすことがあり危険です。安全で簡単な白髪染めでキレイになりましょう♪
トリートメント 白髪染め染まらない
白髪染めのトリートメントが染まらないとよく口コミで言われてますが、染め方を間違っている方も多いです。白髪染めのトリートメントは頭皮に負担が少ないため強力に染まらないですが工夫をすれば、上手く白髪染めトリートメントが染まらないことを減らせます。
髪が痛まない白髪染めは?
髪が傷まない白髪染めでダメージが少ない成分をチェックしてますか?ホームカラーなどの強い染料は頭皮・髪が傷みやすいです。頭皮が痛むと薄毛などになるので、髪が傷まない白髪染めをご紹介します。
美容院の白髪染めを自宅でできる?
美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、かなりキレイな仕上がりになります。自宅での白髪染めはムラやキレイに染まらないことが多いですよね。そこで、美容院の白髪染めを自宅でできる方法をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典