シャンプー 種類 違い

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

シャンプーの種類の違い|女性の方 危ない成分使ってません?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もし髪に痛み・ヘアトラブルがあるなら、お使いのシャンプーは何を使っていますか?

 

シャンプーは種類によっては、髪や頭皮へダメージが強く、
抜け毛や薄毛につながるものがあります。

 

シャンプーは、テレビCMや雑誌、ドラッグストアなど
色々なところで宣伝をしていて、どれがいいのかわからなくなりますよね。

 

魅力的なコマーシャルで、髪のツヤ・コシが出る、キレイな髪になるなど言っていますが、
長い目で見ると髪・頭皮にダメージを与えるものもあります。

 

5年後、10年後にキレイで若い髪の毛でいるためには、
髪・頭皮にやさしく、髪がいつまでも若くキープできるシャンプーを使いたいですよね。

 

そこで、市販/通販で売っているシャンプーの種類と
髪へのダメージについてご紹介します。

 

●高級アルコール系シャンプー・・刺激:大きい

 

高級アルコール系のシャンプーは刺激が強く、
頭皮にあまりよくなく、抜け毛・薄毛が気になる方は
使用を控えたほうがシャンプーです。

 

ドラッグストア、スーパーで市販されているシャンプーの多くは、
高級アルコール系シャンプーですので注意です。

 

成分に、ラウリル硫酸ナトリウム、または、ラウレス硫酸ナトリウムが
入っているなら、高級アルコール系です。

 

ラウレス(ラウリル)硫酸ナトリウムは、洗浄力が強く、
泡立ちがよくて使いやすく、値段も安いです。

 

ですが、洗浄成分は台所洗剤と同じくらい洗浄力が強く、
髪の毛に強いダメージを与えます。

 

高級アルコール系シャンプーで、毎日何度もシャンプーしていると、
髪の毛は痛み、抜け毛、枝毛、薄毛などにつながるので、
頭皮が弱い方は、使うのをやめたほうがいいです。

 

●石けん系シャンプー ・・刺激:やや強め

 

石けん系シャンプーは、頭皮にはやさしいですが、
洗浄力はやや強く、洗い方が少し注意が必要です。

 

脂分をやさしくキレイに落とす力があるので、
頭皮に脂肪が多い・オイリーな方に向いています。

 

ただ、石けんカスが残りやすく、頭皮がアルカリ性になるため、
弱酸性のリンスできれいに洗い流す必要があります。

 

成分は、脂肪酸ナトリウムなどが使われています。

 

●アミノ酸系シャンプー ・・刺激:弱い

 

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力は弱いですが、
刺激が弱く、髪の毛・頭皮にやさしいシャンプーです。

 

頭皮が乾燥肌、ロングヘアで髪が傷みやすい方は、
アミノ酸系シャンプーが向いています。

 

頭皮・髪の毛に刺激が少ないので、
迷ったらアミノ酸シャンプーを使ってみてください。

 

成分には、グリシン・グルタミン酸・メチルタウリン・メチルアラニンなどが
使われています。

 

結局、どのシャンプーが一番が一番いいのか?については、
髪の毛、頭皮の状態によってきます。

 

頭皮が脂が多いかた、頭に皮膚炎などがある方は、
頭皮にやさしい石けんシャンプーが良いです。

 

全般的に髪が傷まないシャンプーを選ぶのでしたら、
アミノ酸シャンプーを使ってみて頂きたいです。

 

 

 

関連ページ

ノンシリコンとシリコンの違い
ノンシリコンとシリコンシャンプーの違いをご紹介します。ロングヘアでサラサラになるのはどちらのシャンプーがいい?髪の痛みが多い方はどちがいい?などノンシリコンとシリコンシャンプーの違い・どちらが向いているかご紹介します。
石けんとシャンプーの違いは?
髪を洗うのに石けんとシャンプーを使い分けている方がいますが、ホントの所どう違うのかご存じですか?石けん、シャンプーどちらで洗うとキレイに洗えて美しい髪になるのかご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典