カラーリング 白髪染め 違い

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

カラーリングと白髪染めの違い 白い毛が混じり始めた女性へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

カラーリングと白髪染めの違いって意外と知らない方が多いです。

 

カラーリングも白髪染めも色が違うだけで同じものじゃないの?
と思う方も多いと思います。

 

美容院で行うカラーリングは、白髪染めも同じ原理ですので
髪を染めるので色が黒かどうかの違いだけです。

 

そういった意味では、カラーリングも白髪染めもほとんど同じです。

 

ただ、白髪染めは自宅で出来るホームカラーもあり、
いくつか種類があるので、正確には少し違いがあります。

 

カラーリングと白髪染めは、似ているようで若干違うところもあるので、
その点を詳しくご紹介しますね。

 

1.カラーリング(永久染毛剤)

 

カラーリングは、永久染毛剤という種類の液体を使います。
1液、2液という2つの液体を使って髪の毛を染めます。

 

1液は強いアルカリ性で、髪のキューティクルを開いて、
色素を髪の内部に入れ込みます。

 

そして酸性の2液を使って、キューティクルを閉じて、アルカリ性の
髪の毛を中和します。

 

強いアルカリ性と酸性の液体を使うため、カラーリングは髪だけでなく
頭皮も傷めるので注意が必要です。

 

永久染毛剤によるカラーリングは色持ちがいいのですが、
髪がゴワゴワになったり、頭皮に炎症をおこし、フケが出ることもあります。

 

2.白髪染め(永久染毛剤)

 

永久染毛剤を使った白髪染めは、色が黒ということ以外は
同じ方式です。

 

そのため、カラーリング同様に髪や頭皮に負担がかかるので
注意が必要です。

 

特に、自宅用のホームカラーでの白髪染めは、しっかり染められるよう
かなり強力な染料剤が使われています。

 

そのため、自宅で染めてばかりいると、髪がごわついたり、
頭皮に負担がかかり、元気な髪の毛が育ちにくくなります。

 

美容室での白髪染めは、頭皮への負担を調整して
染めてくれるので、ホームカラーほどの頭皮ダメージはありません。

 

ですが、永久染毛剤の白髪染めは少なからず頭皮にダメージを与えるので、
毎回ホームカラーだけでなく美容室での白髪染めをおすすめします。

 

目安としては3回に1回は美容室で白髪染めをしたほうが
頭皮への負担が減ります。

 

3.白髪染め(ヘアマニキュア)

 

ヘアマニキュアによる白髪染めは、髪の毛の表面に黒い染料を
薄い膜でコーティングして白髪を染めます。

 

永久染毛剤の白髪染めは髪の毛の内部まで黒く染めますが、
ヘアマニキュアの場合は、表面だけ黒くするんですね。

 

ですので、ヘアマニキュアは髪の毛・頭皮に負担がかからず、
扱いやすいメリットがあります。

 

ただ、ヘアマニキュアは全体的にキレイに染まりづらいので、
染め残す部分が出てきたり、色持ちが2〜3週間と短いというデメリットもあります。

 

そのため、ヘアマニキュアは白髪がそれほど多くない方に向いています。

 

髪の毛・頭皮に負担が少ないので、髪が傷んでゴワゴワしたり、
頭皮に炎症が出てフケになるようなことは少ないです。

 

4.白髪染め(トリートメント タイプ)

 

トリートメントに染料を入れて、徐々に染めていく方式です。

 

トリートメントの白髪染めは、頭皮・髪の毛にダメージが
ほとんどないですが、染まるのに5,6回必要で面倒です。

 

トリートメントするたびに、タオルや手が汚れてしまうのも
あまり評判は良くないです。

 

シッカリ染めたいなら、ヘアマニキュアの白髪染めがおすすめです。

 

5.白髪隠し

 

マスカラなどでピンポイントで白髪を黒くする方式です。

 

白髪隠しは、一時的に白髪を隠すもので、シャンプーをすれば
すぐに落ちてしまうものです。

 

白髪隠しは、ここぞという場面で使えば効果的です。

 

白髪を染めるには色々な種類がありますが、
あなたの状況にあった方法を選ぶといいです。

 

白髪が多めの方は、永久染毛剤の白髪染めを使い、
できたら美容室での白髪染めをおすすめしたいです。

 

白髪が少ない方は、ヘアマニキュアを使って、ピンポイントで、
白髪隠しなどを使うといいです。

 

白髪染めは、白髪が多いか少ないか、髪の毛・頭皮へのダメージを
トータルで考えて選んで頂きたいです。

 

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
髪が傷まないカラーリング
髪が傷まないカラーリングでサラサラでツヤのあるキレイな髪になりたくありませんか?でもカラーリングの種類によって髪が傷みやすいものがあります。そこで髪が傷みにくいカラーリングの種類などについてご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
20代男の白髪対策
20代の男で白髪対策をする方が増えています。20代で白髪になると急に老けこんだ感じになり、オジサンっぽくなってしまいます。そこで、20代でも自然に白髪を黒髪にする方法をご紹介します。
安全で簡単な白髪染めは?
安全で簡単に白髪染めをしたいですが、中には知らずに危険な成分が入った白髪染めで白髪を染めてしまうことがあります。メーカーも注意書きがしっかり書かれていないので見過ごすことがあり危険です。安全で簡単な白髪染めでキレイになりましょう♪
白髪染めでかぶれる原因は?
白髪染めでかぶれる原因を知らないと白髪染めを使い続けると怖い副作用が出てくることがあるので注意が必要です。白髪染めの成分が皮膚に付くことで、顔が腫れたりジンマシン、呼吸困難まで起こる可能性があります。白髪染めでかぶれる原因をチェックしてください。
トリートメント 白髪染め染まらない
白髪染めのトリートメントが染まらないとよく口コミで言われてますが、染め方を間違っている方も多いです。白髪染めのトリートメントは頭皮に負担が少ないため強力に染まらないですが工夫をすれば、上手く白髪染めトリートメントが染まらないことを減らせます。
髪が痛まない白髪染めは?
髪が傷まない白髪染めでダメージが少ない成分をチェックしてますか?ホームカラーなどの強い染料は頭皮・髪が傷みやすいです。頭皮が痛むと薄毛などになるので、髪が傷まない白髪染めをご紹介します。
美容院の白髪染めを自宅でできる?
美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、かなりキレイな仕上がりになります。自宅での白髪染めはムラやキレイに染まらないことが多いですよね。そこで、美容院の白髪染めを自宅でできる方法をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典