地肌 かゆみ シャンプー

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

地肌のかゆみはシャンプーのせい?間違ったヘアケアしてませんか

このエントリーをはてなブックマークに追加   

地肌のかゆみはシャンプーを変えれば、治ると思っていませんか?

 

頭皮がかゆいと、イライラがたまってきて、
つい頭をかきむしりたくなりますよね。

 

特にシャンプーがあっていないと、頭皮が乾燥したり、
皮脂分泌の調整がうまくいかず、頭皮にかゆみ・フケがでやすいです。

 

市販シャンプーの多くは、洗浄成分が強いために、
お肌が弱い方には刺激が強すぎたりします。

 

乾燥肌・敏感肌の方は、顔の皮膚は頭皮にもつながっているので、
頭皮も同じように刺激に弱い傾向があります。

 

地肌がかゆいと、ついツメでかいてしまいますが、
顔のお肌はかゆくても、それほどかかないですよね。

 

頭皮も顔の皮膚と若干組織構造が違いますが、
同じ皮膚なので、頭皮の地肌もやさしくケアして頂きたいです。

 

頭皮は、指やツメでかいていると、角質層が傷つき、
剥がれた角質層がフケになり、さらにかゆみがヒドくなるんですね。

 

ですので、頭皮のかゆみは、できるだけ手で触らずに
頭皮を健康な状態にしていくことが大事なんです。

 

そこで、地肌のかゆみをシャンプーから見なおしてみる方法を
ご紹介します。

 

<地肌のかゆみはシャンプーを見なおそう>

 

1.シャンプーのやり方間違ってない?

 

シャンプーは、髪の毛を洗うものと思っていませんか?

 

実は、シャンプーは頭皮を洗うものなんです。

 

髪の毛は、お湯でサッと流すだけで髪の毛の汚れは
ほとんど取れるんです。

 

シャンプーは髪の毛にあまり付けずに洗うことが大事なんですね。

 

ですので、シャンプーをする前に、予洗いとして、
お湯で髪の毛の汚れをサッと洗い流します。

 

その後、頭皮につける分だけ手に少量取って、
泡立ててから、頭皮につけて洗います。

 

指の先(指の腹)を使って、優しく地肌をもむようにして、洗います。
たくさん泡立たなくても問題ありません。

 

そして、シャンプーをすすぎます。

 

シャンプーはすすぎが一番大事で、かゆみの原因は、
シャンプー成分の洗い残しの可能性があります。

 

シャンプーの洗い残し成分は、頭皮の皮脂や汗と混ざり合い、
酸化して、かゆみ、炎症、フケなどの原因になります。

 

ですので、シャンプーのすすぎは、一番時間をかけて
洗い流すことが大事なのです。

 

ロングヘアの方は、髪の毛についたシャンプーを
洗い残さないようにしてくださいね。

 

2.洗浄力が強いシャンプー使ってない?

 

市販シャンプーの多くは、洗浄力が強いシャンプーです。

 

「地肌に優しい」というシャンプーでも、刺激が強めの成分で、
地肌を痛めやすいのです。

 

洗浄成分で強いと、皮脂が流れて地肌が乾燥しやすく、
刺激により頭皮にかゆみ、炎症、フケがおきやすいです。

 

頭皮は、顔の皮膚とつながっているのを思い出して頂き、
シャンプーもやさしい成分のものをつかって頂きたいです。

 

洗浄力が強い・地肌に刺激が強いシャンプーの見分け方ですが、
シャンプーの裏面に書いてある成分をチェックすることで分かります。

 

刺激が強い成分で多いのは、ラウレス硫酸〜、ラウリル硫酸〜という硫酸系。
また、オレフィン(C14-16)スルホン酸というスルホ・コハク系です。

 

何やら難しい単語ですが、まずは「硫酸」という成分が入っていたら、
注意してみてください。

 

洗浄力が弱い、地肌にやさしいシャンプーは、アミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸は人間の体がアミノ酸と相性がよいため、低刺激なんですね。

 

成分の見分け方は、ココイル〜、コカミド〜といった成分が目印です。

 

オーガニック系のシャンプーなどもありますが、まずはアミノ酸から
はじめて見て頂きたいです。

 

3.トリートメントはどこに付けてる?

 

トリートメントを頭全体に使っていませんか?

 

トリートメントは、髪の毛をコーティングするために
シリコンなどが使われて、地肌に付くとかゆみが出ることがあります。

 

シャンプー同様にトリートメントが頭皮についたままだと、
皮脂・汗と混ざって、酸化して頭皮を傷つけます。

 

ですので、トリートメントは、地肌に付かないよう、
髪の毛の先の方だけに付けます。

 

ロングヘアの方は、髪の毛の真ん中当たりから先の方に付けてくださいね。

 

シャンプーは頭皮を洗うため、トリートメントは、髪の毛に
ツヤ・コシを出すために使うのです。

 

もし間違って、地肌にトリートメントが付いてしまったら、
キレイに洗い流してください。

 

 

地肌のかゆみはヒドくなると、寝ている間などに無意識にかいてしまい、
かゆみが悪化することが多いです。

 

ツメで頭をかくと、その地肌から粉を吹いてフケ症になることがあります。
フケ症が悪化すると脂漏性皮膚炎などの皮膚病にもなるので注意です。

 

かゆみは早めに治すようシャンプーを見なおしてみてくださいね。

 

 

 

 

関連ページ

乾燥フケが治らない原因
乾燥フケが治らない原因は人により様々な理由があります。乾燥しやすい肌質の方でなくても、乾燥フケが治らないことも多く、今一度、毎日のヘアケアを見なおしてみませんか?
乾性フケと脂性フケの見分け方
乾性フケと脂性フケの見分け方をご紹介します。フケには2種類あり、乾性フケと脂性フケがあり原因や対策が違ってくることがあるので注意が必要です。乾性フケと脂性フケの見分け方で正しい対策をしてくださいね。
シャンプーすすぎのコツ
シャンプーのすすぎのコツをご紹介します。頭皮にシャンプーの成分が残ることで皮脂と交じり合い、夕方頃にイヤなニオイが出たり、フケの原因になります。すすぎ不足が多くて意外と洗っていないところがでてきます。そこでシャンプーすすぎのコツをご紹介します。
髪を洗う回数は何回がベスト?
髪を洗う回数が多ければ多いほど清潔に見えますが、実は逆効果なんです。シャンプーし過ぎは頭皮にダメージを与えるのでヒドイことになるので注意です。髪を洗う回数を適度にして髪の毛・頭皮の健康をまもる方法をご紹介します。
石鹸シャンプーのベタつきを解消
石鹸シャンプーでベタつきを解消する方法をご紹介します。頭皮に良いと思って石鹸シャンプーをすると、石鹸を変えたとたんに頭皮のベタつき・ニオイ・カスが出たりしやすいです。石鹸シャンプーでベタつきを解消して正しいシャンプーをして頂きたいです。
頭皮できものの種類
頭皮のできものの種類によっては、危険な炎症・湿疹はフケやかゆみに繋がる可能性があります。一度フケが出ると、なかなか治りづらく、カサブタ・痛みなども出てくることもあります。頭皮のできものの種類はどれかチェックしてみてください。
頭皮の赤みが治らない
頭皮の赤みが治らない方が多いです。よくある赤みは紅斑(こうはん)といって自然と治ることが多いです。ただ治らない赤みもあり、対処法が重要になります。頭皮の赤みが治らないなら間違った治療をしないようにしてくださいね。
頭皮の皮脂つまりは大丈夫?
頭皮の皮脂つまりがヒドくなっていませんか?頭皮の毛穴はシャンプーをしていてもどうしても毛穴に皮脂やホコリなどの汚れがたまります。毛穴が詰まるとフケや薄毛の原因になります。頭皮の皮脂つまりはキレイに掃除しましょう^^
固形石鹸シャンプーでベタつき
固形石鹸シャンプーでべたつきが気になるなら、洗い方が間違っているかもしれません。無添加の固形石鹸でシャンプーを一度はやってみたくなりますよね。でもシャンプーのやり方が難しかったりします。固形石鹸シャンプーでベタつきがあるなら、正しい洗い方をご紹介します。
地肌が乾燥してフケが止まらない方
地肌が乾燥してフケが止まらないとシャンプーで毎日、ゴシゴシとキレイに洗いすぎていませんか?フケの原因は清潔でないから、とお思いがちですが、実は逆効果なんです。そこで地肌が乾燥してフケが止まらない方に正しいシャンプーのやり方をご紹介します。
シャンプーで汗臭いのを抑えるには
シャンプーで汗臭いのを抑えるのって難しくないですか?シャンプーをしっかりしているのに何か臭う・・自分のニオイは分かりづらいですよね。シャンプーで汗臭いのを抑える方法をご紹介します。
女性も頭から加齢臭が?
女性も頭から加齢臭がする方が増えています。加齢臭というとおじさんというイメージですが、女性も30代・40代になるにつれ加齢臭がする!という声が多くなってます。女性は女性ホルモンが減ってくると男性と同じように加齢臭が出てくるので注意です。
頭皮が脂性な女性の勘違い
頭皮が脂性の女性はもしかしたらシャンプーなどのヘアケアが間違っているかもしれません。30代を超えてきて頭皮がオイリーなら皮脂が過剰になっているかもしれないです。頭皮が脂性の女性のための正しいヘアケア方法をご紹介します。
髪の紫外線ダメージはどれくらい?
紫外線で髪のダメージはどれくらいあるのでしょうか?紫外線は、髪だけでなく頭皮への影響もあります。特に頭皮へのダメージは薄毛やフケへの影響があります。紫外線の髪のダメージを予防して髪・頭皮の健康を維持して頂きたいです。
頭皮がカサカサで白い粉が出る
頭皮がカサカサで白い粉が出て困っていませんか?いくらキレイに髪の毛を洗っても、頭皮の乾燥が治らないことがあります。頭皮が乾燥してかゆみも出てきてしまうのです。そこで、頭皮おカサカサで白い粉が出てきた場合の原因と対策をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典