髪 痛まない 白髪染め

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

髪が痛まない白髪染めは?ダメージがない成分とは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

髪が傷まない白髪染めの成分をチェックしていますか?

 

白髪が気になって白髪染めをしている人は多いと思われますが、
繰り返し白髪染めをしていると髪が傷んでしまうことが多いのです。

 

また、美容院などで綺麗に染めてもらうには手間がかかるため、
自宅で簡単に白髪染めをしたいと考えている人も多いです。

 

そのため、簡単・安くで白髪染めを済ませようとすると、
頭皮ダメージにより、薄毛や髪のツヤ・コシを失いやすいのです。

 

そこで、白髪染めで髪の毛が傷んでしまう原因と、
ダメージを与えない成分を配合している白髪染めのタイプなどをご紹介します。

 

<髪を傷めない白髪染めトリートメントがお勧め>

 

髪を傷めずに白髪を綺麗に染めるには、
白髪染めの中でもトリートメントタイプのものがお勧めです。

 

白髪染めにはヘアマニキュアタイプやヘアカラータイプなどもありますが、
これらは髪を傷める可能性が高いと言われています。

 

市販されている白髪染めの多くは、薬剤でキューティクルを開いて
染料を髪の毛の内部まで浸透させる仕組みになっています。

 

キューティクルを無理に開かせるために、
髪の毛の内部のタンパク質や水分が流れてしまい、
傷む原因になると考えられています。

 

トリートメントタイプの白髪染めには髪の毛を労わる補修成分や、
潤いを与える成分が多く含まれているので、ダメージを与えずに
自然な色合いに白髪を染めることができます。

 

<なぜ白髪染めで髪の毛が傷むのか?>

 

白髪染めで髪の毛が傷む原因は、
薬剤によってキューティクルを無理に開かせることだと言われています。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは自然な仕上がりに
なるように黒髪を一度脱色して染料を染み込ませる特徴を持っています。

 

色素を無理に抜いてしまうことや、キューティクルを開いて
髪の毛の内部まで染料を入れることが髪の毛にダメージを与えることに繋がります。

 

特に注意したいのはジアミン系の成分を含有している
白髪染めだと言われています。

 

髪の毛にダメージを与えないためには、できるだけジアミン系の成分が
含まれていない白髪染めを選ぶことがポイントです。

 

<トリートメントタイプの白髪染めの成分は?>

 

髪の毛にダメージを与えずに白髪を染められることから
人気が高まっているトリートメントタイプの白髪染めには天然由来の成分が多く含まれています。

 

メーカーによって成分はかなり異なると考えられますが、
多くの白髪染めトリートメントに海藻由来のフコイダンや植物性オイルが含まれています。

 

白髪染めトリートメントは髪の毛を補修したり、
潤いを与えたりしながら白髪染めができる魅力を持っています。

 

染料そのものも化学物質ではなく、ベニバナやクチナシから採れる
天然色素を使用しているものがあるので、肌が弱い人も素手で使うことができます。

 

<白髪染めトリートメントの使い方のポイント>

 

白髪染めトリートメントは毎日のシャンプーの時に
使うことができる手軽さが注目されています。

 

シャンプーをしたらタオルで水分を拭き取り、白髪が目立つ
髪の毛の根元からしっかりと白髪染めトリートメントを塗るといいですね。

 

肌に優しい成分でできているので、
白髪染めトリートメントは地肌についてもそれほど問題はありません。

 

ただ、白髪染めトリートメントによっては地肌が染まってしまうことがあったり、
髪の毛の根元付近に使わないように勧めているものもあります。

 

白髪染めトリートメントは何度か使っていく内に、
白髪がしっかりと染まりますが、即効性は期待できないと言われています。

 

髪の毛を傷めずに白髪染めをしたいと考えている場合には、
ヘアカラータイプやヘアマニキュアタイプのものをできるだけ避けるといいです。

 

トリートメントタイプの白髪染めなら、髪の毛にハリやコシを与えたり、
ダメージを補修しながら白髪を染めることができます。

 

白髪染めトリートメントには天然由来成分がたっぷり含まれているので、
白髪染めをすることで髪の毛が傷んだり、頭皮環境を悪化しないようにケアすることができます。

 

染まりにくいと言われることがある白髪染めトリートメントですが、
使い方のポイントを押さえておくと、髪の毛や地肌を傷めずに白髪を綺麗に染めることができます。

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
髪が傷まないカラーリング
髪が傷まないカラーリングでサラサラでツヤのあるキレイな髪になりたくありませんか?でもカラーリングの種類によって髪が傷みやすいものがあります。そこで髪が傷みにくいカラーリングの種類などについてご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
20代男の白髪対策
20代の男で白髪対策をする方が増えています。20代で白髪になると急に老けこんだ感じになり、オジサンっぽくなってしまいます。そこで、20代でも自然に白髪を黒髪にする方法をご紹介します。
カラーリングと白髪染めの違い
カラーリングと白髪染めの違いをご存じですか?自宅で出来るヘアカラーと白髪染め、白髪隠し、おしゃれ染めなど色々と言い方があって分かりづらいですよね。そこでカラーリングと白髪染めの違いやヘアカラーと美容院の白髪染めについてご紹介します。
安全で簡単な白髪染めは?
安全で簡単に白髪染めをしたいですが、中には知らずに危険な成分が入った白髪染めで白髪を染めてしまうことがあります。メーカーも注意書きがしっかり書かれていないので見過ごすことがあり危険です。安全で簡単な白髪染めでキレイになりましょう♪
白髪染めでかぶれる原因は?
白髪染めでかぶれる原因を知らないと白髪染めを使い続けると怖い副作用が出てくることがあるので注意が必要です。白髪染めの成分が皮膚に付くことで、顔が腫れたりジンマシン、呼吸困難まで起こる可能性があります。白髪染めでかぶれる原因をチェックしてください。
トリートメント 白髪染め染まらない
白髪染めのトリートメントが染まらないとよく口コミで言われてますが、染め方を間違っている方も多いです。白髪染めのトリートメントは頭皮に負担が少ないため強力に染まらないですが工夫をすれば、上手く白髪染めトリートメントが染まらないことを減らせます。
美容院の白髪染めを自宅でできる?
美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、かなりキレイな仕上がりになります。自宅での白髪染めはムラやキレイに染まらないことが多いですよね。そこで、美容院の白髪染めを自宅でできる方法をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典