トリートメント 白髪染め 染まらない

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

トリートメントの白髪染めが染まらない 染め方間違ってない?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白髪染めのトリートメントが染まらないと思っていませんか?

 

白髪染めのトリートメント・タイプは、確かに
普通のヘアカラーほど強力には染まらないかもしれません。

 

ですが、トリートメントの白髪染めは、染め方が間違っていると
上手く染まらないことがあります。

 

トリートメントの白髪染めは、ヘアカラーのような強い染料を使っていないので
頭皮にやさしいので頭皮の老化を防いでくれます。

 

強い染料は染まりやすくて便利ですが、頭皮への負担が強く、
使い続けていると頭皮がボロボロになります。

 

ずっと使っていると頭頂部や分け目などが薄くなったり、
髪が細くなるなど頭皮・髪の老化を促進するので注意が必要です。

 

トリートメントの白髪染めは、上手く染めるコツを知ることで、
かなり使いやすくなり、頭皮への負担も減らせます。

 

髪の老化を防ぐのでしたら、染料の強くないトリートメントの白髪染めを
使うことをおすすめしたいです。

 

そこで、トリートメントの白髪染めを上手く染めるコツをご紹介します。

 

<トリートメントの白髪染めでキレイに染めるコツ>

 

1.ヘアマニキュア タイプを選ぶ

 

白髪染めの製品には複数の種類がありますが、
染まりやすく、頭皮に負担がかかりづらいのが、ヘアマニキュア タイプです。

 

ヘアマニキュアは、髪の表面に黒色の染料を薄く
コーティングすることで白髪を染めます。

 

コーティングすることで、髪にツヤ・コシも出すことができるので、
髪が若返った印象が出せるのが嬉しいですね^^

 

ヘアマニキュアより弱い、染料が入ったトリートメントの白髪染めも
ありますが、これは5,6回染めないとシッカリ染まらないです。

 

ヘアマニキュアの白髪染めは、1回だけでは完全に染まらないことも
ありますが、頭皮・髪への負担を考えると2回に分けて頂きたいです。

 

上手く染まらない部分は、白髪ぼかしなどを活用するとよいです。

 

2.ノンシリコンシャンプーを使う

 

シリコンシャンプーは、シリコーンという樹脂で髪の毛の表面に
薄い膜を作って髪を保護します。

 

シリコーンでコーティングされた髪の毛は、ツヤやコシが出るので、
シャンプーに使われています。

 

シリコンシャンプーとトリートメントの白髪染めは相性が
あまり良くありません。

 

というのも、シリコンシャンプーもトリートメントの白髪染めも
髪の毛の表面に膜を作るためです。

 

先にシリコンシャンプーで膜を作ってしまうと、トリートメントの白髪染めを
した時に、膜が上手く張れず、白髪が染まりづらいことになるからです。

 

そのため、白髪染めをするときは、ノンシリコンシャンプーを使うとよいです。

 

トリートメントの白髪染めをすると、髪の表面を黒く染めると、
染料により、髪にツヤが出てコシも出て、若い髪の印象が出ます。

 

ですので、白髪染めをするときは、ノンシリコンシャンプーを選んでくださいね。

 

3.白髪染めは多めに使う

 

白髪染めを適量に使うと、どうしても分量が少なめなってしまいます。

 

髪の毛を染めるときは、ある程度の量を使うことで、
キレイに染めることができます。

 

少しもったいない気もしますが、トリートメントの白髪染めで
キレイに染めるには、少し多いかな?くらいの量がいいです。

 

髪の毛の表面は、適量が付いたら後は落ちるので、
ある程度付けても髪の毛の色ムラなどはでないので大丈夫です。

 

トリートメントの白髪染めで上手く染まらない!という方は、
いつもより多めに白髪染めを使ってみて頂きたいです。

 

トリートメントの白髪染めは、染まりにくい印象があるかもしれませんが、
頭皮の負担を考えて、白髪染めを選んで頂きたいです。

 

染まりやすい白髪染めは、それだけ強い染料を使っているので、
頭皮・髪に老化を進めることもあるので、注意してくださいね。

 

 

 

 

 

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
髪が傷まないカラーリング
髪が傷まないカラーリングでサラサラでツヤのあるキレイな髪になりたくありませんか?でもカラーリングの種類によって髪が傷みやすいものがあります。そこで髪が傷みにくいカラーリングの種類などについてご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
20代男の白髪対策
20代の男で白髪対策をする方が増えています。20代で白髪になると急に老けこんだ感じになり、オジサンっぽくなってしまいます。そこで、20代でも自然に白髪を黒髪にする方法をご紹介します。
カラーリングと白髪染めの違い
カラーリングと白髪染めの違いをご存じですか?自宅で出来るヘアカラーと白髪染め、白髪隠し、おしゃれ染めなど色々と言い方があって分かりづらいですよね。そこでカラーリングと白髪染めの違いやヘアカラーと美容院の白髪染めについてご紹介します。
安全で簡単な白髪染めは?
安全で簡単に白髪染めをしたいですが、中には知らずに危険な成分が入った白髪染めで白髪を染めてしまうことがあります。メーカーも注意書きがしっかり書かれていないので見過ごすことがあり危険です。安全で簡単な白髪染めでキレイになりましょう♪
白髪染めでかぶれる原因は?
白髪染めでかぶれる原因を知らないと白髪染めを使い続けると怖い副作用が出てくることがあるので注意が必要です。白髪染めの成分が皮膚に付くことで、顔が腫れたりジンマシン、呼吸困難まで起こる可能性があります。白髪染めでかぶれる原因をチェックしてください。
髪が痛まない白髪染めは?
髪が傷まない白髪染めでダメージが少ない成分をチェックしてますか?ホームカラーなどの強い染料は頭皮・髪が傷みやすいです。頭皮が痛むと薄毛などになるので、髪が傷まない白髪染めをご紹介します。
美容院の白髪染めを自宅でできる?
美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、かなりキレイな仕上がりになります。自宅での白髪染めはムラやキレイに染まらないことが多いですよね。そこで、美容院の白髪染めを自宅でできる方法をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典