トップへ戻る

シャンプー 育毛剤 安全性

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

シャンプー・育毛剤の安全性は?成分辞典 目次(アルファベット順)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

<シャンプー・育毛剤の成分を知るということ>

 

シャンプー、育毛剤の成分の名前は難しくて訳が分からないので、
シャンプーは、どれでもいいや!となっていませんか?

 

確かに、シャンプーの成分名は、長くて難しい名前が並んでいて、
20〜50つの成分が配合されていたりして見る気になれませんよね。

 

でも、普段使うシャンプー、育毛剤だからこそ、
チェックして頂きたいです。

 

<シャンプーの構成知っている?>

 

シャンプーの成分をチェックするには、
まずシャンプーがどういう構成でできているのか知る必要があります。

 

シャンプーの成分の構成は、

 

・洗浄成分
・防腐剤成分
・香料成分
・育毛成分

 

などでできています。

 

特にシャンプーの安全性を見るのは、洗浄成分と防腐剤成分です。

 

洗浄成分は、頭皮の汚れを取る成分で、シャンプーの質を
決めている大事な成分です。

 

洗浄剤には、界面活性剤という脂を取る成分により、
頭皮・髪の毛にやさしいかどうかが決まります。

 

洗浄剤の界面活性剤には、石油系、アミノ酸系、ベタイン系、
石鹸系などがあります。

 

特に、刺激が強い成分としては、ラウリル硫酸〜、ラウレス硫酸〜という
名前がついた洗浄成分です。

 

ラルリル硫酸・ラウレス硫酸〜は、台所洗剤にも使われるほど
強い洗浄力があり、値段が安いために多くのシャンプーに採用されています。

 

シャンプーだけでなく、洗顔料やボディーソープなど
沢山の用途に使われているので注意が必要です。

 

防腐剤成分は、シャンプーが腐らないよう保つための成分です。
最近は使われていませんが、頭皮に悪いパラベンなどがあります。

 

現在は、パラベン不使用のシャンプーの多くは、
BG、フェノキシエタノールなどが使われます。

 

シャンプーが頭皮・髪の毛にやさしいかをチェックするには、
洗浄剤、防腐剤をチェックするようにします。

 

<シャンプーの成分の名前の法則性とは?>

 

シャンプーの成分の名称は、一見難しいように見えますが、
名前に「法則」があることをしれば、そんなに難しくありません。

 

この成分の名称は、化学で名前をつける法則に
則って付けられています。

 

例えば、「コカミドプロピルベタイン」を例にとって見てみます。

 

このコカミドプロピルベタインは、3つの単語に分解できます。

 

・コカミド=ヤシの実から生成されるヤシ油脂肪酸
・プロピル=プロパンから水素を1つ取ったアルキル基
・ベタイン=サトウダイコンから取れるアミノ酸の一種

 

シャンプーの成分は、単語を分割してみれば、
その成分がどのようなものか、おおよそ分かります。

 

コカミドプロピルベタインは、

 

コカミド=ヤシの実からとれた油脂肪酸で、
ベタイン=サトウダイコンからとれたアミノ酸が結合されたものなので、

 

天然由来のあまり刺激が強くない成分かも?という推測ができます。

 

〜ベタインという単語が入っていれば、ベタイン系シャンプーとわかります。

 

他には、

 

・ラウリル硫酸〜、ラウリン硫酸〜=高級アルコール系シャンプー
・ココイル〜、コカミド〜=アミノ酸系シャンプー
・脂肪酸エステル、脂肪酸ナトリウム=石けんシャンプー

 

と言った感じで、単語に注目するとどういうシャンプーか分かるようになるんですね。

 

*シャンプーの種類を詳しく知りたい方は→コチラへ

 

ただ、成分を組合せをすることで、危険な成分になったり、
安全性が高い成分になったりするので、最終的には成分名で調べる必要はあります。

 

このようにして、シャンプーを手にとった時に、
原材料名をざっと見て、何系のシャンプーか?見られるようになるといいです。

 

これは、シャンプーに限らず、洗剤や、石けん、洗顔石鹸、ボディーソープなど
「洗うもの」全体にいえますので、知っておくと便利です。

 

もし、ずっと長くお肌をキレイにしたい、子供に悪いシャンプー・石けんは
使わせたくないのでしたら、成分名で製品をチェックになるといいです。

 

シャンプー・育毛剤の成分 辞典(アルファベット)順

 

調べたい成分のアルファベットから選んでくださいね。

 

<シャンプー・育毛剤 成分一覧>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプー・育毛剤の安全性は?成分辞典 目次(アルファベット順)記事一覧

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ

成分名コカミドプロピルベタイン効能・機能洗浄剤(両面界面活性剤)、コンディショニング、保湿原材料ヤシの実オイル安全性安全性高い洗浄力やや弱い注意点など・ベビーシャンプーにも使われていて安全性高い・泡立ちがよく洗いやすいコカミドプロピルベタインとは、天然由来の成分を元にして作られる両性界面活性剤です。...

 

ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分

ラウラミドDEAとは、一部天然由来の成分を配合して作られる非イオン性のノニオン界面活性剤です。ヤシ油やパーム油などを原材料としており絞ったオイルに加水分解と蒸留精製を行いラウリン酸を抽出し、そこにヤシを原料とするジエタノールアミンを合成して作られる成分で、主に洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなど...

 

コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか

成分名コミカドDEA効能・機能非アニオン性界面活性剤(洗浄剤)、原材料ヤシの実オイル安全性一部で発がん性の指摘あり。(因果関係がハッキリしていない)洗浄力やや弱い注意点など・一部で発がん性の指摘があるが、因果関係は不明。シャンプーで使用されるコミカドDEAは少量で飲食しないことから、コミカドDEAを...

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か

成分名オレフィン(C14-16)スルホン酸Na効能・機能洗浄剤(界面活性剤)原材料ヤシ油などの植物油安全性安全性低め洗浄力やや強い注意点など・洗浄力・脱脂力が強く、お肌への刺激が強め。・肌や髪のタンパク質を変性させて修復できなくなる「タンパク質変性」が起きる可能性あり。・頭皮の乾燥を促進、肌を傷める...

 

デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?

デシルグルコシドとは、天然由来の成分を配合して作られる非イオン性のノニオン界面活性剤です。トウモロコシのコーンスターチやヤシから精製したアルコールなどの原材料を用いて生成される成分になり、主にシャンプー・ボディソープなどから食器用洗浄剤など他の洗浄剤にも幅広く配合されています。このデシルグルコシドは...

 

ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?

ピュアブラックとは、炭またはクレイなどを加工して粒子を細かくした成分です。炭は古くより燃料として利用されてきたのですが、炭の持つ特異性ゆえに燃料だけでなく様々な場面で広く利用されており、お米を炊く際にお釜の中に入れたり冷蔵庫で脱臭剤代わりに入れることもあります。また美容や化粧品の分野でも利用されるこ...

 

ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤

成分名ラウロイルメチルアラニンNa効能・機能洗浄剤(両面界面活性剤)原材料ヤシ核油やパーム油など安全性安全性高い洗浄力やや弱い、低刺激注意点など天然シャンプー、オーガニックシャンプー、低刺激なアミノ酸系シャンプーに使用される→ラウロイルメチルアラニンNaを使った「良」シャンプーはコチララウロイルメチ...

 

イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?

イソペンチルジオールとは、保湿剤や溶剤などとして化粧品やシャンプーなどで幅広く使用されている成分です。この成分は多価アルコールに分類されており保湿性や抗菌性に優れています。主にシャンプー・洗顔料などからファンデーション・サンスクリーン・乳液・スタイリングなどを始めとして様々な製品に配合されています。...

 

フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は

フェノキシエタノールとは、化粧品やシャンプーなどに配合され防腐剤や溶剤などとして用いられる成分です。防腐剤は化粧品などにはいずれも配合されており、製品の品質を保ち酸化や雑菌繁殖から守ります。防腐剤は、人体への悪影響を防ぐために欠かせないものとなり、主に洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどから化粧...

 

ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性

ポリクオタニウム-7とは、カチオン化高分子に分類される陽イオン界面活性剤です。原材料はアクリル酸アミドやジメチルジアリルアンモニウムクロリドなどを合成し重合体として作られる成分になり、主に洗顔ソープ・シャンプーなどに配合されています。このポリクオタニウム-7は一般名称です。それ以外の別名では化学名と...

 

ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?

ポリクオタニウム-51とは、生体膜に似た水溶性ポリマーの保湿剤です。原材料は2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルなどを合成し重合体として作られる成分になります。主に化粧水・ファンデーション・乳液・サンスクリーンなどを始めとする化粧品全般で広く配合されています。このポリクオ...

 

ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?

ポリクオタニウム-10とは、天然由来の成分をから作られる皮膜形成剤やコンディショニング剤です。広義の意味ではカチオン界面活性剤に含まれます。原材料は植物性天然セルロースで糖の一部をカチオン化する事により生成される植物由来の高分子になり、主にシャンプーに配合されています。このポリクオタニウム-10は一...

 

ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は

ヤシ脂肪酸グリシンKとは、天然由来の成分を配合して作られるアミノ酸系界面活性剤です。ヤシの脂肪酸やアミノ酸のグリシンなどを原材料として合成し作られる成分になり、主に薬用石鹸・シャンプー・リンス・除毛剤などに配合されています。このヤシ脂肪酸グリシンKは一般名称になりますが、それ以外の別名でN-ヤシ油脂...

 

ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い

成分名ラウリルグルコシド効能・機能洗浄剤(界面活性剤)原材料ヤシ油やパーム核油に含まれるラウリン酸・グルコース安全性安全性高い洗浄力やや弱い注意点など・ベビーシャンプーにも使われていて安全性高い・ラウリル硫酸Naとは違い、刺激性は弱く、安全性は高い。ラウリルグルコシドとは、天然成分を配合して作られる...

 

ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い

成分名ラウリルベタイン効能・機能洗浄剤(界面活性剤)、コンディショニング、保湿原材料ヤシの実オイル安全性安全性高い洗浄力弱い注意点など・泡立ちがよく洗いやすい・帯電防止効果ラウリルベタインとは、天然由来の成分を配合して作られるベタイン系の界面活性剤またはコンディショニング剤として利用されている成分で...

 

ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か

ラウロイルアラニンNaとは、天然由来成分を配合して作られる弱酸性の陰イオン界面活性剤です。ヤシ油からとれる脂肪酸とアミノ酸の一種であるアラニンなどの原材料を合成して作られる成分で、主にシャンプーなどに配合されています。このラウロイルアラニンNaは一般名称になりますが、それ以外の別名ではココイルアラニ...

 

トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?

トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースとは、増粘剤または感触調整剤として利用される成分です。原材料は糖にアルキレンオキシドを付加し、炭化水素から合成する脂肪酸であるイソステアリン酸をトリエステル化し合成して作られる成分です。主にクレンジングジェル・ボディーソープ・石鹸・シャンプー・リンス...

 

PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?

PEG60-水添ヒマシ油とは、天然由来成分を配合して作られる界面活性剤または溶化剤として利用されている成分です。原材料はトウゴマの種子から絞った植物油であるヒマシ油に水素を添加しPEG-60を合わせた成分です。主にシャンプー・リンスから化粧水・乳液・ハンドクリームなどの化粧品などに広く配合されていま...

 

1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か

1,2-ヘキサンジオールとは、抗菌剤や保湿剤として利用されている成分です。合成された多価アルコールの一種で、主に洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどから化粧水・乳液・クリーム・サンスクリーンなどの化粧品も含め、幅広く配合されています。シャンプーなどに含まれる場合は、抗菌(防腐剤)・保湿の効果で配...

 

ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は

ベヘナミドプロピルメチルアミンとは、陽イオン界面活性剤や帯電防止剤などとして利用される成分です。ベヘナミドプロピルメチルアミンは、石油由来の物質で合成された成分です。毒性は場合によっては、刺激によりお肌にダメージがあることがあります。ベヘナミドプロピルメチルアミンは、柔軟性を高めたり、殺菌効果、帯電...

 

ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か

成分名ラウレス硫酸アンモニウム効能・機能洗浄剤(石油系界面活性剤)、コンディショニング効果原材料ヤシ油アルコール安全性安全性低め洗浄力やや強い注意点など・洗浄力・脱脂力が強く、お肌への刺激が強め。・類似成分「ラウレス硫酸Na(ナトリウム)」よりは、洗浄力はやや弱い。・乾燥肌・敏感肌、フケ症、頭皮炎症...

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドとは,豆科植物のグアーの実から取れる界面活性剤です。グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドというと、あまり聞き慣れないかもしれませんが、アミノ酸系のシャンプーによく含まれている成分です。グアーヒドロキシプロピルとリモニウムの成分で評価できるのは、毛髪...

 

コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は

コカミドMEAとはヤシ油脂肪酸モノエタノールアミドと言われヤシ油から抽出された成分です。コカミドMEAは、洗浄剤の補助的役割として使われる成分であることからシャンプーによく使われています。なぜシャンプーにコカミドMEAが配合されるのかというと、配合することでシャンプーの泡が安定し、起泡や増粘などの効...

 

コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?

コカミドメチルMEAのシャンプーは、使われてもお肌への安全性は大丈夫でしょうか?医薬部外品のシャンプーの成分では、「ヤシ油脂肪酸N-メチルモノエタノールアミド」と記載される成分です。コカミドメチルMEAとはヤシ由来の脂肪酸と、ヒドロキシエチルメチルアミンから作られた成分で脂肪酸で非イオン性界面活性剤...

 

ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?

ラウリン酸の界面活性剤は、シャンプーの成分として危険でしょうか?ラウリン酸とは中鎖脂肪酸の中に含まれる脂肪酸で陰イオン界面活性剤です。ラウリン酸はよくシャンプーに含まれている成分の1つで、非常に強い洗浄力を持っています。陰イオン界面活性剤であることから強い脱脂力を有していて、頭皮の汚れをキレイに落と...

 

ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?

ココイルグルタミン酸Naとは、適度な洗浄力がある成分で低刺激なアミノ酸系界面活性剤です。シャンプーの成分でよく配合されているのがココイルグルタミン酸Naで、安全性が比較的高く低刺激だからです。また仕上がりがしっとりしているので使用感もよく、多くのアミノ酸系シャンプーにはココイルグルタミン酸Naが配合...

 

EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?

EDTA-2Naとは、界面活性剤やキレート剤から酸化防止剤などを始めとする様々な機能がある成分です。エチレンジアミン四酢酸、エデト酸、EDTAなどと呼ばれます。EDTA-2Naの毒性・安全性は、頭皮への刺激があり、湿疹、かゆみ、ぜん息への影響、アレルギーが起こる可能性があり、あまり良くないです。お肌...

 

アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?

アスパラギン酸のシャンプーは、頭皮に安全な成分でしょうか?アスパラギン酸とはアミノ酸の一種であり野菜のアスパラに多く含まれる非必須アミノ酸です。薄毛になったときによく使用するのが育毛商品ですが、育毛効果のあるシャンプーの成分にアスパラギン酸という成分があります。アスパラギン酸を含むシャンプーは多く、...

 

オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?

オタネニンジン根エキスのシャンプー・育毛剤での効果はあるでしょうか?オタネニンジン根エキスとはオタネニンジンの根から取り出したエキスです。育毛剤や育毛シャンプーによく含まれている成分にオタネニンジン根エキスがあり、代謝と血行を促進する効果があると言われています。薄毛対策に有効とされていることから育毛...

 

オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?

オレンジ油とは柑橘類の果皮から得られる精油成分です。オレンジ油がシャンプーに含まれると、オレンジの香りに心も髪も癒やされると言います。洗いあがりがさっぱりのシャンプーにオレンジ油はよく配合されていて、頭皮ケアや髪のハリコシケアで人気が高いのがオレンジ由来のシャンプーです。・オレンジ油とはオレンジ油は...

 

ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?

ココベタインとは、アルキルベタインにヤシ油を加えて作られる両性合成界面活性剤です。ココベタインはシャンプーの成分によく使用されていますが、配合することで泡立ちや洗浄力を高めることができます。ベタイン系なので目に対する刺激が弱く皮膚にもやさしいことから、ココベタインはベビーシャンプーなどによく使用され...

 

ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は

ココイルグルタミン酸2Naとは、4つに分類されている界面活性剤の一つで、そのうちの陰イオン系界面活性剤です。アミノ酸系のシャンプーによく含まれている成分にココイルグルタミン酸2Naがあります。この成分はとても洗浄効果が高いことから、髪や頭皮のケアに有効とされています。ココイルグルタミン酸2Naは陰イ...

 

メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか

メチルクロロイソチアゾリノンとは、パラベンの代わりによく使用される成分で防腐剤です。殺菌効果の高い防腐剤として定評のあるメチルクロロイソチアゾリノンは、シャンプーの成分としてもよく利用されます。メチルイソチアゾリノンがシャンプーの防腐剤としても役割を果たすからですが、基本的には一緒に混合液として配合...

 

クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫

クロスポリマーとは、二つ以上の単量体が重なることで反応してできた化合物です。シャンプーによく含まれている成分にクロスポリマーがあり、この成分は伸縮性に優れていてすべりが良い特徴があります。クロスポリマーが入ったシャンプーを使用すると髪の摩擦を少なくしたり、髪をドライヤーの熱から守ることができると言わ...

 

ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液とは、天然由来の成分を配合して作るベタイン系の界面活性剤です。刺激が少ないということで、シャンプーにはラウリルヒドロキシスルホベタイン液という成分がよく含まれています。安全性の高い成分であることから化粧品などにもよく使用されていて、別名ラウリルヒドロキシスルタインと...

 

ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ

ラウレウス-4酢酸Naは、「株式会社花王」が特許を持つ、弱酸性の界面活性剤です。洗浄力が高く、泡立ちも良いことから人気の高いシャンプー成分です。ただし、ラウレウス-4酢酸Naの安全性は、やや高いといえますが、一部の方でアレルギー反応が報告されています。刺激性は低いですが、乾燥肌・敏感肌・アレルギー体...

 

ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か

シャンプーは髪の毛や頭皮を洗う刺激の強い成分が使われることがありますが、中には人体に優しい成分も含まれています。ココイルメチルタウリンNaはその一つであり、洗浄効果があるだけでなく低刺激であるため人気の高い成分なのです。基本性質とも言える洗浄と泡立ちの良さだけではなく、高い付加価値をもたらす狙いがあ...

 

スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は

シャンプーの中にはスルホコハク酸ラウレス2Naと呼ばれる成分が配合されることがありますが、洗浄効果に関する界面活性剤です。界面活性剤は効き目は感じられるが刺激性が高く頭皮に悪いものが多いですが、洗浄効果の割には刺激性が低く使いやすさがあります。シャンプー時に頭皮に付着した汚れやほこりなどをしっかりと...

 

ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか

髪の毛や頭皮に優しいとの理由からアミノ酸系の成分が注目されていますが、ラウロイルサルコシンNaもその一つです。アミノ酸系成分ならではの保湿力がありますが、他のものと比較すると効き目が強い傾向にあるとされます。最近ではシャンプーに使用される頻度は少なくなっているようですが、利用者にとって重要性のある成...

 

イソプロパノールの毒性・安全性 シャンプーに使っても大丈夫?

シャンプーは最後まで安心して使いきれるように、イソプロパノールのような製品の質を安定させる防腐剤としての役目を持つ成分が用いられることが多くあります。シャンプーに配合する場合は、エタノールとほぼ同じ働きをするため比較されることがありますが、イソプロパノールを配合させることにメリットがあります。水だけ...

 

メチルイソチアゾリノンのシャンプーの安全性は高い?頭皮ダメージは

市販されている多くのシャンプーには殺菌性のある成分が用いられていますが、中でもメチルイソチアゾリノンは強力です。殺菌性が高いだけではなく防腐剤としても使える成分ですが、配合量には限りがあります。他の成分と比較しても効果が高いものですが、それだけあって細心の注意を払って使用しなければならない成分でもあ...

 

ラウレス-4カルボン酸Naのシャンプーの安全性は?洗浄力は低刺激か

シャンプー成分にはアルコールが用いられることがあり、中でもラウレス-4カルボン酸Naは刺激が強い高級アルコールとして知られています。頭皮に与える刺激性が強く毒性も確認されていることから、シャンプーに配合される際も量が気をつけられています。女性よりも脂性のある男性の頭皮に使用されることが多いですが、製...

 

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典