20代 男 白髪

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

20代男の白髪対策| バレずに自然な黒髪になる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

20代男の白髪対策| バレずに自然な黒髪になる方法

 

20代の男で白髪になる方が増えているのをご存知ですか?

 

最近は、ストレスや紫外線の影響などの影響で、
20代でも白髪になってしまう方が多いんですね。

 

しかも、ちょっとした若白髪というより、
かなりの大きい面積の白髪が出てきてしまうんですね。

 

20代で白髪が沢山あると、30代・40代のオジサンっぽく
なってしまい、急に老け込んだ感じになってしまいます。

 

女性ウケもちょっと厳しい感じです・・。

 

そこで、周りに気づかれないよう白髪染めを使って
自然に黒髪にする方法をご紹介しますね。

 

<白髪はナゼできる?>

 

白髪は、老化すると起きやすいとされていましたが、
最近、老化だけでなく白髪ができる原因がわかってきました。

 

白髪ができるメカニズムは、髪の色素を作る
「色素幹細胞」という細胞のDNAが損傷を受けることが原因になっています。

 

色素幹細胞は、髪の毛の黒の色素を作る細胞です。
これが損傷すると、髪の毛が作られても、色は、白色になり、白髪になります。

 

ところが、色素幹細胞に、紫外線・ストレスなどでダメージがあると、
色素幹細胞のDNAが黒の色素を作らなくなってしまうことがあるんです。

 

通常は、年齢を重ねていくと、色素幹細胞のDNA損傷の確率が上がりますが、
紫外線・ストレスなどの原因でも、起きて若白髪になってしまうんです。

 

一度、色素幹細胞のDNAが壊れると、色素を作ることができなくなり、
次に髪の毛を作るときも白髪になります。

 

そのため、残念ながら、一度白髪になると、その部分の髪の毛は
ずっと白髪のままになります。

 

若白髪になってしまった方は、早めに白髪がやってきたと思って、
白髪対策をするしかないのです・・。

 

<ナチュラルに白髪を黒髪にするには?>

 

白髪を黒髪にするには、白髪染めが一番簡単です。
早めにオジサン化する前に、白髪染めをしてカバーしておきましょう。

 

ところで、髪の毛を染めるのに、種類があるのをご存知ですか。
永久染毛、半永久染毛、一次染毛という3種類があります。

 

周りに気づかずに徐々に染める自然で、髪の毛に傷みが少ない
一番のおすすめの白髪染めは、「半永久染毛」です。

 

永久染毛とは、美容室で行う強力な白髪染め(ヘアカラー)です。
一度、髪の毛のキューティクルを開かせて、黒い染料をいれこむ方法です。

 

これは、長期間、黒髪になれますが、頭皮に非常に強い刺激がありおすすめできません。
また、急に黒い髪になるので、不自然さがでちゃうんですね。

 

で、「半永久染毛」というのは、ヘアマニキュア友いわれる方法。
ヘアマニキュアは、髪の毛の表面付近のタンパク質に色を定着させます。

 

ヘアマニキュアは、髪の毛の内部にはダメージがなく、
染める色の加減も調整できるので、徐々に攻めることができるんですね。

 

これは、染める範囲によりますが、1−2ヶ月で白髪がでてきてしまいます。
ケアが少し面倒ですが、髪にダメージないので、薄毛への影響も少ないです。

 

髪の毛の状態を見るためにも、定期的に髪の毛のチェックができるのがいいです。
美容室で染めるときは、「白髪ぼかし」といえば通じると思います。

 

また、一次染毛は、カラーリンス・カラースプレーと呼ばれる染め方です。
水で落ちるので、その日だけにオシャレをしたいときに便利です。

 

一時染毛は、その場限りなので、普段使いで使うには難しいです。

 

<これ以上、白髪を増やさないために・・>

 

白髪をこれ以上増やしたくないのでしたら、
次のことに注意してください。

 

1.白髪を見つけても、抜かないこと

 

白髪を抜くと、白髪が増えると言いますが、これはウソです。
白髪を抜くと、抜いた部分の毛根が傷ついてしまうからです。

 

毛根が傷つくと、炎症がおきて、フケ・痒みがでることもあります。
面倒ですが、白髪を見つけたら、ハサミで根本を切るようにしてくださいね。

 

2.紫外線には注意

 

白髪になる大きい原因は「紫外線」です。
紫外線のために、色素幹細胞が損傷を起こします。

 

そればかりか、髪の毛が焼けてしまったり、頭皮にダメージを与えて、
炎症や薄毛などの心配もあります。

 

白髪だけでなく、将来の髪が気になる方は、頭皮のUVケアをしてみてくださいね。

 

3.白髪予防の栄養素を取る

 

白髪予防として、白髪を作る細胞を作らせないために、
栄養素として、ヨード、チロシン、銅が入った食べ物を取ると良いです。

 

昆布・ひじき、大豆、アーモンドなどが代表例です。

 

ただ、食べ物から栄養を取るだけでは、白髪予防としては
足りないかもしれません。

 

そこで、白髪の予防には、漢方で取る方が増えています。

 

白髪予防の漢方では「アキョウ(阿膠)」が有名です。

 

アキョウは、中国では2500年前からの医学書にも掲載され、
楊貴妃など、中国の上j流階級の女性に好まれたとされています。

 

白髪予防の漢方やハーブなどは、
髪の毛の血流を良くして、白髪になる細胞を作らせない効果があるとされます。

 

 

20代で白髪が増えてきたら、急に老け込んだ印象になってしまうので、
早めに半永久染毛(ヘアマニキュア)をしてくださいね。

 

また、将来の髪の毛のために、白髪防止にUV対策もしておきましょう。

 

20代男の白髪対策| バレずに自然な黒髪になる方法

関連ページ

白髪になる原因は?
白髪になる原因って何?年齢を重ねると白髪が増えるといいますが、若白髪もありますよね。では、なぜ白髪ができてしまうのでしょうか?白髪の原因をご紹介します。
髪が傷まないカラーリング
髪が傷まないカラーリングでサラサラでツヤのあるキレイな髪になりたくありませんか?でもカラーリングの種類によって髪が傷みやすいものがあります。そこで髪が傷みにくいカラーリングの種類などについてご紹介します。
カラーリングとパーマの間隔
カラーリングとパーマの間隔を開けずにヘアケアしていませんか?カラーリングとパーマは髪に負担をかけるので髪が傷みやすいです。カラーリングとパーマの間隔やかける順番に気を付けることでキレイな髪の毛をキープできますよ♪
カラーリングと白髪染めの違い
カラーリングと白髪染めの違いをご存じですか?自宅で出来るヘアカラーと白髪染め、白髪隠し、おしゃれ染めなど色々と言い方があって分かりづらいですよね。そこでカラーリングと白髪染めの違いやヘアカラーと美容院の白髪染めについてご紹介します。
安全で簡単な白髪染めは?
安全で簡単に白髪染めをしたいですが、中には知らずに危険な成分が入った白髪染めで白髪を染めてしまうことがあります。メーカーも注意書きがしっかり書かれていないので見過ごすことがあり危険です。安全で簡単な白髪染めでキレイになりましょう♪
白髪染めでかぶれる原因は?
白髪染めでかぶれる原因を知らないと白髪染めを使い続けると怖い副作用が出てくることがあるので注意が必要です。白髪染めの成分が皮膚に付くことで、顔が腫れたりジンマシン、呼吸困難まで起こる可能性があります。白髪染めでかぶれる原因をチェックしてください。
トリートメント 白髪染め染まらない
白髪染めのトリートメントが染まらないとよく口コミで言われてますが、染め方を間違っている方も多いです。白髪染めのトリートメントは頭皮に負担が少ないため強力に染まらないですが工夫をすれば、上手く白髪染めトリートメントが染まらないことを減らせます。
髪が痛まない白髪染めは?
髪が傷まない白髪染めでダメージが少ない成分をチェックしてますか?ホームカラーなどの強い染料は頭皮・髪が傷みやすいです。頭皮が痛むと薄毛などになるので、髪が傷まない白髪染めをご紹介します。
美容院の白髪染めを自宅でできる?
美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、かなりキレイな仕上がりになります。自宅での白髪染めはムラやキレイに染まらないことが多いですよね。そこで、美容院の白髪染めを自宅でできる方法をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典