シャンプー 汗 臭い

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

シャンプーで汗臭いのを抑えるには?洗髪のやり方が間違っているかも

このエントリーをはてなブックマークに追加   

シャンプーで汗臭いのを抑えるのに苦労してませんか?

 

自分のニオイって意外と分かりづらくて、
汗臭いと言われないと、なかなか気づきにくいです。

 

自分で汗臭いかも?と思うと、急に気になりだして、
ニオイに敏感になってしまいがちです。

 

ニオイが気になるときは、香水を付けると嫌なニオイと混じって、
さらに変なニオイになってしまうので注意が必要です。

 

さらに年齢が進むと女性でも加齢臭が出てくるので
困ったものです・・。

 

そこで、シャンプーで汗臭いのを抑える方法をご紹介します。

 

<シャンプーで汗臭いのを抑える方法>

 

頭の臭いの発生源は、頭皮と髪の毛の2つです。
実は汗自体にはニオイはありません。

 

汗に皮脂が加わって、細菌が繁殖してニオイのもとになります。

 

頭皮は皮脂腺が顔の額の2倍もあり、
皮脂が毛穴に詰まりニオイのもとになりやすいです。

 

髪の毛は、汗臭さに加えて食べ物のニオイや、
外気のニオイを吸着して、嫌なニオイを出すことがあります。

 

汗臭くなりやすいよくある原因をまとめてみましたので、
当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

 

1.シャンプーの洗い残しがある

 

シャンプーのすすぎが出来ていないと、
シャンプーの残り成分が頭皮に付いて嫌なニオイになります。

 

女性のロングヘアの方に多いですが、後頭部や
後ろの襟足などがしっかりすすげてない事があります。

 

洗い残しが多いと、硫化水素やメルカプタンといったニオイのもとが
出ることになります。

 

さらに、オーガニック系のシャンプーを使っていると、
オーガニック系のニオイと合わさって強烈なニオイ(失礼)になります。。

 

また朝などで急いでシャンプーをすると洗い残しが多くなりがちです。
焦ってシャンプーするより夜にゆっくりやったほうがいいこともあります。

 

意外と小ぎれいにしてシャンプーも良い物を使っている方に
多いので、シャンプーの洗い残しには注意して頂きたいです。

 

*シャンプーの洗い残しが多い場所*
・後頭部
・襟足
・耳の周り
・生え際

 

2.シャンプーのやり過ぎ

 

頭皮からニオイが気になると、ついやってしまうのが、
シャンプーのやり過ぎです。

 

シャンプーのやり過ぎは、頭皮から皮脂を奪っていきます。
頭皮に皮脂がなくなると、一時的に頭皮が乾燥状態になります。

 

すると、頭皮からいつも以上の皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
そして頭皮がベタつき、脂っぽい感じになります。

 

それが、皮脂と汗が混じってニオイがすることがあります。

 

場合によっては、頭皮が傷んでしまいフケやかゆみもでてきます。
フケが出てくるとさらにシャンプーをするようになり悪循環になるのです。

 

頭が汗臭いと感じていても、シャンプーはやり過ぎないことが大事です。
皮脂過剰にならないよう適度にシャンプーをすることをおすすめします。

 

3.頭皮の毛穴づまり

 

頭皮の毛穴づまりが起きると、皮脂が毛穴に詰まり
皮脂と汗臭いニオイを増幅させます。

 

そこで、やっていただきたいのが週1回の頭皮クレンジングです。

 

頭皮クレンジングは、毛穴の中の汚れをキレイに落とすことで、
脂っぽいニオイがなくなります。

 

夏場などの汗をかきやすい時期で皮脂のニオイが気になる方は、
週1回でもいいので、頭皮クレンジングをおすすめします。

 

頭皮クレンジングは、美容室や、自宅でも出来ます。
自宅でやるときは、頭皮クレンジングのパックなどがあります。

 

シャンプーやお化粧のクレンジング剤でも出来ますが、
1人でやると、上手くいかないことがあるので、クレンジングパックがオススメです。

 

4.ニオイに敏感になりすぎている

 

1人で頭皮の汗臭さ・ニオイを感じる場合、
過剰に気にしすぎていることがあります。

 

ニオイで悩む方の多くは、他人からはそれほど気にならないニオイと
いうことも言われてます。

 

ニオイが気になる方は。なかなか相談しづらいですが、
仲が良い人にニオイを嗅いでもらってもよいかと思います。

 

嗅いでもらったら意外と気にならない、ということもあります。

 

それでも念のため、ニオイを消してキレイになりたい方は、
頭皮クレンジングなどを実践してみていただきたいです。

 

汗臭いニオイが気になると、シャンプーのやり過ぎなどで
頭皮を痛めてフケ・かゆみになりやすいです。

 

また、自分からニオイがしていると思うと、電車や会社・学校などでも
コンプレックスになりますので、汗臭いニオイを抑えてみてくださいね。

 

関連ページ

乾燥フケが治らない原因
乾燥フケが治らない原因は人により様々な理由があります。乾燥しやすい肌質の方でなくても、乾燥フケが治らないことも多く、今一度、毎日のヘアケアを見なおしてみませんか?
乾性フケと脂性フケの見分け方
乾性フケと脂性フケの見分け方をご紹介します。フケには2種類あり、乾性フケと脂性フケがあり原因や対策が違ってくることがあるので注意が必要です。乾性フケと脂性フケの見分け方で正しい対策をしてくださいね。
シャンプーすすぎのコツ
シャンプーのすすぎのコツをご紹介します。頭皮にシャンプーの成分が残ることで皮脂と交じり合い、夕方頃にイヤなニオイが出たり、フケの原因になります。すすぎ不足が多くて意外と洗っていないところがでてきます。そこでシャンプーすすぎのコツをご紹介します。
髪を洗う回数は何回がベスト?
髪を洗う回数が多ければ多いほど清潔に見えますが、実は逆効果なんです。シャンプーし過ぎは頭皮にダメージを与えるのでヒドイことになるので注意です。髪を洗う回数を適度にして髪の毛・頭皮の健康をまもる方法をご紹介します。
石鹸シャンプーのベタつきを解消
石鹸シャンプーでベタつきを解消する方法をご紹介します。頭皮に良いと思って石鹸シャンプーをすると、石鹸を変えたとたんに頭皮のベタつき・ニオイ・カスが出たりしやすいです。石鹸シャンプーでベタつきを解消して正しいシャンプーをして頂きたいです。
頭皮できものの種類
頭皮のできものの種類によっては、危険な炎症・湿疹はフケやかゆみに繋がる可能性があります。一度フケが出ると、なかなか治りづらく、カサブタ・痛みなども出てくることもあります。頭皮のできものの種類はどれかチェックしてみてください。
頭皮の赤みが治らない
頭皮の赤みが治らない方が多いです。よくある赤みは紅斑(こうはん)といって自然と治ることが多いです。ただ治らない赤みもあり、対処法が重要になります。頭皮の赤みが治らないなら間違った治療をしないようにしてくださいね。
頭皮の皮脂つまりは大丈夫?
頭皮の皮脂つまりがヒドくなっていませんか?頭皮の毛穴はシャンプーをしていてもどうしても毛穴に皮脂やホコリなどの汚れがたまります。毛穴が詰まるとフケや薄毛の原因になります。頭皮の皮脂つまりはキレイに掃除しましょう^^
固形石鹸シャンプーでベタつき
固形石鹸シャンプーでべたつきが気になるなら、洗い方が間違っているかもしれません。無添加の固形石鹸でシャンプーを一度はやってみたくなりますよね。でもシャンプーのやり方が難しかったりします。固形石鹸シャンプーでベタつきがあるなら、正しい洗い方をご紹介します。
地肌が乾燥してフケが止まらない方
地肌が乾燥してフケが止まらないとシャンプーで毎日、ゴシゴシとキレイに洗いすぎていませんか?フケの原因は清潔でないから、とお思いがちですが、実は逆効果なんです。そこで地肌が乾燥してフケが止まらない方に正しいシャンプーのやり方をご紹介します。
女性も頭から加齢臭が?
女性も頭から加齢臭がする方が増えています。加齢臭というとおじさんというイメージですが、女性も30代・40代になるにつれ加齢臭がする!という声が多くなってます。女性は女性ホルモンが減ってくると男性と同じように加齢臭が出てくるので注意です。
頭皮が脂性な女性の勘違い
頭皮が脂性の女性はもしかしたらシャンプーなどのヘアケアが間違っているかもしれません。30代を超えてきて頭皮がオイリーなら皮脂が過剰になっているかもしれないです。頭皮が脂性の女性のための正しいヘアケア方法をご紹介します。
髪の紫外線ダメージはどれくらい?
紫外線で髪のダメージはどれくらいあるのでしょうか?紫外線は、髪だけでなく頭皮への影響もあります。特に頭皮へのダメージは薄毛やフケへの影響があります。紫外線の髪のダメージを予防して髪・頭皮の健康を維持して頂きたいです。
地肌のかゆみはシャンプーのせい?
地肌のかゆみをシャンプーを変えても変わらないことありませんか?頭が痒くなるのは色々な要因で起きることがあります。シャンプーを変えさえすればよいわけでないです。。地肌のかゆみがシャンプーが原因かどうかチェックしてみてくださいね。
頭皮がカサカサで白い粉が出る
頭皮がカサカサで白い粉が出て困っていませんか?いくらキレイに髪の毛を洗っても、頭皮の乾燥が治らないことがあります。頭皮が乾燥してかゆみも出てきてしまうのです。そこで、頭皮おカサカサで白い粉が出てきた場合の原因と対策をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典