傷まない 白髪染め

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

髪が傷まない白髪染め法|間違ったお手入れをしてませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白髪染めで大事な髪を傷めていませんか?
最近は、20−30代の若い世代でも白髪が目立つ方が増えています。

 

そのため、白髪染めをする方が増えているんですが、
間違ったやり方をして、髪を痛めてしまう方が多いんです。

 

実は、白髪染めは、頭皮へのダメージが大きいんですね。
場合によっては、薄毛にもつながる危険性があるくらいです。

 

そこで、髪が傷む・傷まない白髪染めのポイントをご紹介します。

 

1.よく染まる白髪染めは、ダメージが大きい!

 

人気がある色落ちがせず、色持ちが長い白髪染めは、
染毛力(髪の毛を染める力)が強いです。

 

「ヘアカラー」と言われている製品に多いです。

 

染毛力が強いと、髪の毛の内部に染料が染み込み、
髪の毛を構成するタンパク質を分解してしまいます。

 

髪の毛のタンパク質が弱なると、髪がぼろぼろになってしまいます。

 

ですので、染毛力が強い白髪染めは使わないか、
回数を減らしましょう。

 

2.白髪染め溶液は、抜け毛・薄毛の原因になる

 

白髪染めは、頭皮に触れるとアレルギー反応が出る場合があります。
白髪染めの注意書きにも「パッチテストをしてください」と書かれています。

 

頭皮は、顔の皮膚と同じ皮膚なので、
強い刺激があると、アレルギーなどの作用が起きてしまうんですね。

 

特に「パラフェニレンジアミン」という成分は、アレルギー反応を起こしやすいです。
白髪染めをした後に、頭皮のかゆみ、かぶれるといった症状が出たらすぐやめてください。

 

3.部分染めを適度に利用するとGood

 

白髪染めは、髪にダメージが大きいので、できるだけやらないほうがいいです。
でも、身だしなみとして白髪染めをしたいですよね。

 

そんなときは、部分染めを上手く使って髪や頭皮へのダメージを最小限にします。

 

部分染めには、ヘアマニキュア タイプ・マスカラタイプ・スプレータイプがおすすめです。
部分染めに向いている白髪染めは、染毛力が弱いので、頭皮や髪の毛へのダメージも少ないです。

 

白髪が全体的にある場合も、頻繁に全体染めをせず、
部分染めを上手く使って、全体染めの回数を減らすといいです。

 

白髪があると、染めればスグなくなると思ってしまいがちですが、
白髪染めも使い方には注意してくださいね。

 

髪が傷まない白髪染め法|間違ったお手入れの仕方とは?記事一覧

白髪になる原因は?

白髪が年齢によるものだけだと思っていませんか?白髪は、10代・20代の若い方でも若白髪として、生えてくる場合があります。白髪があるだけでも、年齢が高く見えてしまう・・という悩みのタネになってしまう白髪はどうして出来るのでしょうか?実は、白髪ができる根本の原因は分かっていないのです。ですが、遺伝子など...

 

髪が傷まないカラーリング

カラーリングで髪が傷まない方法を知りたくありませんか?カラーリングをすると、髪にツヤがなくなったり、パサパサになったり、髪が傷んでしまうんですね。カラーリングでオシャレをしたいのに、髪質が悪くなってしまって毎日のヘアケアもどうしたらいいか悩んでしまいます。カラーリングで出来るだけ髪が傷まないものを使...

 

カラーリングとパーマの間隔

カラーリングとパーマの間隔をあけてお手入れしていますか?カラーリングとパーマは、髪に負担をかける2大ヘアケアなんですね。一緒にかけると大変なことになってしまうので注意です!ですので、カラーリングとパーマは別々にやって頂きたいのです。そこで、カラーリングとパーマをしてもキレイな髪をキープできる方法をご...

 

20代男の白髪対策

20代の男で白髪になる方が増えているのをご存知ですか?最近は、ストレスや紫外線の影響などの影響で、20代でも白髪になってしまう方が多いんですね。しかも、ちょっとした若白髪というより、かなりの大きい面積の白髪が出てきてしまうんですね。20代で白髪が沢山あると、30代・40代のオジサンっぽくなってしまい...

 

カラーリングと白髪染めの違い

カラーリングと白髪染めの違いって意外と知らない方が多いです。カラーリングも白髪染めも色が違うだけで同じものじゃないの?と思う方も多いと思います。美容院で行うカラーリングは、白髪染めも同じ原理ですので髪を染めるので色が黒かどうかの違いだけです。そういった意味では、カラーリングも白髪染めもほとんど同じで...

 

安全で簡単な白髪染めは?

安全で簡単な白髪染めを見つけるのに苦労しませんか?白髪染めは、美容室で染めるのが一番いいですが、自宅で簡単にキレイに染めたいですよね。ですが、ホームカラーの白髪染めの中には、危険な成分が入っていることがあるので注意が必要です。特にアレルギー持ちの方は、白髪染めに入っている成分でアレルギーを起こして、...

 

白髪染めでかぶれる原因は?

白髪染めで頭皮がかぶれる方は、お肌のアレルギー反応に注意が必要です。自宅で染める白髪染めには、誰でも簡単に染められるよう強めに染料が入っています。特に、ドラッグストアなどの市販の白髪染めは、強アルカリ性のためお肌に負担がかなりかかるのです。頭皮も顔の肌の延長線上にあるので、頭皮も強いアルカリ性の液体...

 

トリートメント 白髪染め染まらない

白髪染めのトリートメントが染まらないと思っていませんか?白髪染めのトリートメント・タイプは、確かに普通のヘアカラーほど強力には染まらないかもしれません。ですが、トリートメントの白髪染めは、染め方が間違っていると上手く染まらないことがあります。トリートメントの白髪染めは、ヘアカラーのような強い染料を使...

 

髪が痛まない白髪染めは?

髪が傷まない白髪染めの成分をチェックしていますか?白髪が気になって白髪染めをしている人は多いと思われますが、繰り返し白髪染めをしていると髪が傷んでしまうことが多いのです。また、美容院などで綺麗に染めてもらうには手間がかかるため、自宅で簡単に白髪染めをしたいと考えている人も多いです。そのため、簡単・安...

 

美容院の白髪染めを自宅でできる?

美容院のレベルの白髪染めを自宅でやりたくありませんか?美容院の白髪染めは、美容師さんがあなたの髪の色に合わせて染料を調合して染めてくれます。そのため、美容室で染める白髪染めはとてもキレイに仕上がるのです。ですが、自宅で染めるホームカラーの白髪染めは、色ムラが出来たり、上手く染まらないことが多いですよ...

 

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典