髪 紫外線 ダメージ

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

髪の紫外線ダメージはどれくらい?女性の老化は頭皮から始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加   

紫外線で髪にダメージがどれくらいあるかご存じですか?

 

紫外線というと、お肌のシミのことをイメージしていただくと、
お肌にはかなり強いダメージを感じると思います。

 

髪の毛や頭皮も同様で、紫外線のダメージは
かなり強いものがあるので注意が必要です。

 

紫外線は髪の毛があっても通過してしまい
髪の毛だけでなく、頭皮にもダメージを与えてしまうんですね。

 

紫外線の怖いところは、頭皮の細胞のDNAレベルで壊してしまうので、
一度壊れると治らない・治りづらいのです。

 

これらの紫外線が髪・頭皮に与えるダメージは「光老化」というもので
老化現象の1つです。

 

光老化は、白髪・薄毛など髪の毛の老化に関わるもので、
見た目の印象が変わってしまうので気を付けたい老化の1つです。

 

さらに怖いのは、光老化は日焼けした後すぐに症状がでなくて
夏に日焼けしたら、秋ごろになって老化現象が目立ってくる点です。

 

特に薄毛などは気づいたら、分け目が目立っていたり、地肌が見えるような
状態になっていることがあるので注意が必要です。

 

ですので、若くみえるように維持するには、
髪の毛・頭皮を紫外線対策をして頂きたいのです。

 

<紫外線が髪の毛に与えるダメージは?>

 

・枝毛、切れ毛が増え、髪の質が悪化

 

髪の毛は、ツメと同じように生きていない細胞ですが、
ケラチンというタンパク質で出来ています。

 

髪の毛に紫外線を受けるとタンパク質が分解してしまい、
髪の毛のツヤ・コシを出しているキューティクルが破壊されます。

 

そのため、枝毛・切れ毛が増えることになり、ツヤ・コシが
なくなってパサパサの髪になってしまいます。

 

・髪の色が焼けて赤茶色になる

 

髪の毛の内部にある黒い色素であるメラニンが紫外線で
色が抜けて赤茶色に退色します。

 

髪の毛の日焼けは、新しい髪の毛が生えてくれば、
生まれ変わるので、時間をおけば元に戻ります。

 

髪の毛の紫外線対策は、UVカットのトリートメントを使うと
髪の毛を守ることが出来ます。

 

ただ、UVカットのトリートメントでもキレイに髪の毛をカバーするのは
難しいため、紫外線を出来るだけ浴びないことが大事です。

 

<紫外線が頭皮に与えるダメージは?>

 

紫外線は、髪の毛があっても通過して頭皮に直接あたってしまいます。

 

紫外線は目に見えない赤外線やX線などの仲間なので、
UVカットの帽子などで遮断しないと、頭皮の細胞を攻撃します。

 

攻撃された細胞は、壊れて異常な働きをすることがあり、
白髪になったり、炎症や薄毛になる可能性があります。

 

お肌の日焼けと一緒で軽いやけど・水ぶくれなどが出来て、
炎症からフケ・かゆみなどが出てくることがあります。

 

頭皮と顔のお肌は同じ皮膚で出来ていますので、
普段使っている顔用の日焼け止めを頭皮に使っても紫外線予防できます。

 

ただ、顔用の日焼け止めは顔の色に馴染むよう色があり、
髪につけると、白っぽくなることがあります。

 

頭皮につける日焼け止めもあるので、使ってみていただきたいです。

 

髪・頭皮の紫外線による日焼けは、光老化を進めて、
見た目の印象がかなり年上に見られてしまうことになります。

 

ちょっとくらい大丈夫・と思っていると、数年後の髪の若さを
決めることになるので、髪・頭皮の紫外線対策はしっかりやってくださいね。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典