EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

EDTA-2Naとは、界面活性剤やキレート剤から酸化防止剤などを始めとする様々な機能がある成分です。

 

エチレンジアミン四酢酸、エデト酸、EDTAなどと呼ばれます。

 

EDTA-2Naの毒性・安全性は、頭皮への刺激があり、湿疹、かゆみ、ぜん息への影響、アレルギーが起こる可能性があり、あまり良くないです。

 

お肌が弱い方、敏感肌の方は、注意して使いたい成分です。

 

EDTA-2Naはシャンプーの成分では、キレート剤(金属封鎖剤)、保存料として使われることが多いです。

 

「キレート剤」とは、水に含まれるカルシウムや鉄などの金属・ミネラル成分の働きを抑えます。

 

水道水に含まれる金属・ミネラル成分は、シャンプーの有効成分と混ざると、本来の機能・効能が上手く働かないことがあるのです。

 

例えば、シャンプーにキレート剤を入れないと、ミネラル成分が泡立ちを悪くします。

 

アミノ酸系シャンプーは、もともと泡立ちが悪いシャンプーが多いため、アミノ酸シャンプーにEDTA-2Naが成分として配合されることがあります。

 

ですので、キレート剤を入れることで、シャンプーに含まれる成分がしっかり働くようにします。

 

EDTA-2Naは、シャンプー以外にもリンス・パック・化粧水・リキッドファンデーション・クリーム・洗顔料など化粧品を始めとする様々な製品に配合されています。

 

EDTA-2Naは、リンスやコンディショナー以外に、トリートメントにも含まれていると頭皮に成分が残ることがあるので、注意したいです。

 

特に、洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の含まれる場合は、頭皮に付かないようにした方がいいですね。

 

「EDTA-2Na」は一般名称となりますが、それ以外の別名ではエチレンジアミン四酢酸二ナトリウム・エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウムなどとも呼ばれることもあります。

 

 

EDTA-2Naの効果・効能は、キレート剤として成分を劣化させず安定化させる作用があります。

 

また、髪や肌に対しては保湿を促し、ヘアコンディショニング効果があります。

 

それ以外にも増粘・防腐・殺菌・抗菌・pH調整・酸化防止などと幅広い効果をもたらすもので、髪や肌から製品の品質保持まで様々な役割を担っています。

 

EDTA-2Naの安全性・毒性・注意点などについてですが、髪や肌に対してメリットもある反面で表示指定成分に該当しますので人によっては皮膚や粘膜への刺激が強かったり、肌が過敏な方やアレルギー体質の方にも悪影響を及ぼすことがあり、使用する上では注意が必要になる成分です。

 

シャンプーのみならず化粧品などでも幅広く配合されていますので、肌に懸念がある方は注意して製品を選択したい成分です。

 

類似した成分にEDTA-4Na・エチレンジアミン四酸のナトリウム塩でジアミン誘導体でもある成分で、EDTA-4NaもEDTA-2Naとほぼ同じ性質があります。

 

EDTA-4Naの含まれるシャンプー成分にも注意したいですね。

 

 

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
コカミドプロピルベタインの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドプロピルベタインは、シャンプーなどの成分として使われています。
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
ラウラミドDEAの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ラウラミドDEAは、洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどの成分として使われています。
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
コカミドDEAの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドDEAは、シャンプー・洗顔料・ボディソープなどの成分として使われています。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(ナトリウム)は、テトラデセンスルホン酸ナトリウムとも言われます。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、シャンプーなどの成分として使われています。
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
デシルグルコシドの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。デシルグルコシドは、シャンプー・ボディソープ、食器用洗浄剤などの成分として使われています。
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ピュアブラックの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ピュアブラックは、シャンプー、ボディソープ、洗顔料などの成分として使われています。
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
ラウロイルメチルアラニンNaの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。ラウロイルメチルアラニンNaは、シャンプーなどの成分として使われています。
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
イソペンチルジオールの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。保湿剤などに使われるイソペンチルジオールは、シャンプー、ファンデーション・サンスクリーン・乳液・スタイリングなどなどの成分として使われています。
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
フェノキシエタノールの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。フェノキシエタノールは、シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-7の成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。ポリクオタニウム-7は、洗顔ソープ・シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-51の成分の毒性・安全性についてご紹介します。ポリクオタニウム-51は、化粧品の保湿剤の成分として使われています。お肌に使っても安全かどうかご紹介します。
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ポリクオタニウム-10の毒性と安全性をご紹介します。ポリクオタニウム-10は、コンディショニングに使われる界面活性剤です。髪の毛には、保湿・保護の効果がありますが、シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプーに多く含まれているシャンプー成分は、肌にやさしいでしょうか?ヤシ脂肪酸グリシンKは、泡立ちがよくシャンプー・リンス・除毛剤などに使われています。
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルグルコシドの毒性は大丈夫?ラウリル硫酸Naに名前がにていることで危険性・毒性があると思われがちですが、シャンプーで使われるラウリルグルコシドの安全性は安全かご紹介します。
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウリルベタインの毒性と安全性をご紹介します。ラウリルベタインは、ベタイン系シャンプーに使われ、ラリウル酸をベースにしています。シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
ラウロイルアラニンNaの毒性・安全性はシャンプーの成分として使って問題ないでしょうか?アミノ酸シャンプーは洗浄剤としてラウロイルアラニンNaは使われる商品が多いです。ラウロイルアラニンNaの毒性についてご紹介します。
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性はシャンプーに配合されていて大丈夫でしょうか?敏感肌や乾燥肌の方にも安全性がある成分かどうか、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性についてご紹介します。
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性がシャンプーに使われても安全でしょうか?界面活性剤として使われるヒマシ油成分は、多くの化粧品にも使われています。そこで、シャンプーのPEG60-水添ヒマシ油の毒性があるかご紹介します。
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
1,2-ヘキサンジオールはシャンプー・化粧品に使われても毒性や安全性は大丈夫でしょうか?。1,2-ヘキサンジオールは、化粧品やシャンプー、ボディーソープ、日焼け止めなどなどに配合されている成分です。ここでは、1,2-ヘキサンジオールの毒性と安全性についてご紹介します。
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性と安全性はどう?シャンプー・コンディショナーに使われる石油由来の成分で界面活性剤、静電気防止に使われることが多いです。シャンプーのベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性についてご紹介します。
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪いでしょうか?ラウレス硫酸Naなど石油系成分のシャンプーは頭皮に良くないと言われています。ですが、最近の市販シャンプーは洗浄成分・界面活性剤として別の成分が使われる製品が多くなっています。そこで、ラウレス硫酸アンモニウムの成分のシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性・安全性は?アミノ酸系シャンプーの成分に多く使われることが多いですが、頭皮に安全なのでしょうか?グアーという植物から生成される成分・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性についてご紹介します。
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?コカミドMEAは市販のシャンプーに多く使われていますが安全性・毒性が気になりますよね。コカミドMEAのシャンプー成分で注意したい点・特徴をご紹介します。
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は、使っても大丈夫?シャンプー成分にコカミドメチルMEAは泡立ちを良くするために配合されていますが、肌への安全性は問題ないかご紹介します。
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ラウリン酸の界面活性剤を使ったシャンプーは危険でしょうか?界面活性剤は、洗浄力が強いとお肌へのダメージがあるので注意が必要です。ラウリン酸の成分があるシャンプーでの安全性についてご紹介します。
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は大丈夫でしょうか?強い洗浄成分のシャンプーは頭皮に刺激が強いので注意が必要です。ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全でしょうか?市販スカルプシャンプー、育毛剤は頭皮にやさしいとうたわれていますが、配合成分は毒性がなく安心できるか確認しておきたいです。アスパラギン酸のスカルプシャンプーの安全性・毒性についてご紹介します。
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果はあるでしょうか?薄毛や抜け毛を予防するのにスカルプシャンプー・育毛剤でどれくらい効能があるのか気になりますよね。オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果をご紹介します。
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
オレンジ油の効果・安全性は、安心できるでしょうか?スカルプ・シャンプーで使われることが多いオイルは頭皮に良い成分でしょうか。オレンジ油の効果・安全性をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典