トップへ戻る

メチルイソチアゾリノン シャンプー 安全性

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

メチルイソチアゾリノンのシャンプーの安全性は高い?頭皮ダメージは

このエントリーをはてなブックマークに追加   

市販されている多くのシャンプーには殺菌性のある成分が用いられていますが、中でもメチルイソチアゾリノンは強力です。

 

殺菌性が高いだけではなく防腐剤としても使える成分ですが、配合量には限りがあります。

 

他の成分と比較しても効果が高いものですが、それだけあって細心の注意を払って使用しなければならない成分でもあるようです。

 

メチルイソチアゾリノンとは?

 

化粧品にも用いられることがある防腐剤の一種であるメチルイソチアゾリノンは、日本の製品でも多く見かけられます。

 

シャンプーなど洗い流す作業をする製品には多く使われ、洗い流さない製品には向いていません。もともとは、日本では用いられることがない成分でした。

 

ヨーロッパでは一般的に使用されており、輸入された化粧品の多くで見かけられることが多々あります。

 

しかし2013年にEUで成分について勧告が発表され、洗い流さない化粧品には配合できなくなりました。使えないものではありませんが、シャンプー成分の中では刺激性が強いことは確かです。

 

そのため、メチルイソチアゾリノンが配合されているシャンプーの数に限りがあります。

 

効果・効能は?

 

防腐剤または抗菌剤としての効能が高く、シャンプーをはじめ化粧品の品質低下を防止します。

 

以前までは、パラベンと呼ばれる別の成分が使われることが多くありました。多くの製品に添加物として使われていましたが、アレルギーを引き起こすことから使用が控えられたのです。

 

代用品として各メーカーは、メチルイソチアゾリノンを使用するようになりました。

 

物質の質を安定させるだけではなく、強い殺菌効果があることも認められています。毎日使うシャンプーですが、使い切るまで菌から守ることができます。

 

使っている途中でシャンプーの質が変わり、使用感が保てなくなることは避けるべきです。女性用より男性用に配合されることが多いようで、皮脂のベタつきが気になる人には適しています。
スカッとした洗い心地と爽快感を感じることができます。

 

安全性・毒性は?

 

過去に防腐剤としての使用を制限されたことがあるように、安全性が高い成分とは言い難いです。

 

海外では、アレルギー性皮膚炎の発症例が報告されています。患者たちに対して行われたテストの結果、メチルイソチアゾリノンの反応が急増していたことが皮膚科医によって指摘されました。

 

日本国内でも、厚生労働省から洗い流さない化粧品の配合量に上限があるほどです。髪や頭皮に使用する際も注意が必要ですが、化粧品として肌に使用する場合の注意喚起が多いようです。

 

特に肌に合わない人の場合、湿疹や水泡を起こす可能性があります。

 

日本ではアレルギー発症率は1パーセントから2パーセントほどとされています。シャンプーはシャワーで洗い流すことができますが、洗い残しに気をつけてください。

 

注意事項、参考情報

 

安全性の判断はメーカーや消費者たちによる、各々の最終判断に委ねられます。効果は高いですが、頭皮に自信のない人やトラブルがある人は避けることが無難です。

 

シャンプーに配合されている種類は、全体で見れば限られています。

 

しかし、多くの製品に使用されていることは事実であり、使用は避けられないのが現状です。ですが、過剰に心配することもありません。

 

現在の日本でも配合されている製品が出回っていますが、大きな問題にはなっていないのです。

 

報道されていない小さなレベルのトラブルは否定できませんが、特に異常がなければ気にすることでもありません。最低限の注意はしておきましょう。

 

 

常に安定した状態でシャンプーをしたい場合、殺菌効果まで期待できるメチルイソチアゾリノンは優れた成分です。

 

反面、喜劇の強さから気をつけながら使用しなければならないことも多いです。頭皮の脂っぽさを解消したい場合、気持ち良く使用できるでしょう。


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か
スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか
イソプロパノールの毒性・安全性 シャンプーに使っても大丈夫?
ラウレス-4カルボン酸Naのシャンプーの安全性は?洗浄力は低刺激か

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典