トップへ戻る

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na 毒性 安全性

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か

このエントリーをはてなブックマークに追加   
成分名 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
効能・機能 洗浄剤(界面活性剤)
原材料 ヤシ油などの植物油

安全性


安全性低め

洗浄力


やや強い

注意点など

・洗浄力・脱脂力が強く、お肌への刺激が強め。

 

・肌や髪のタンパク質を変性させて修復できなくなる「タンパク質変性」が起きる可能性あり。

 

・頭皮の乾燥を促進、肌を傷める可能性がある。

 

・肌が弱い方、敏感肌の方には、向いていない。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは、一部天然由来の成分を配合して作られる界面活性剤です。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na配合のシャンプーは、刺激性が強めで、お肌が弱い方・敏感肌の方には向いてません。

 

原材料としてヤシ油などの植物油が用いられており、洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどから、育毛剤・除毛剤・腋臭防止剤などと幅広く配合されています。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、化粧品成分表示名称になります。

 

それ以外の別名では、医薬部外品添加物名称としては「テトラデセンスルホン酸ナトリウム」などと呼ばれることもあります。

 

類似成分として機能性の面でみたときに「ラウレス硫酸Na」などが挙げられます。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの効果・効能についてですが、
洗浄力が非常に強く、泡立ちが良いことが大きな特徴です。

 

高級アルコール系洗浄剤である「ラウレス硫酸Na」などと比較すると、十分に洗浄力がある一方で、刺激性についてはやや低くなります。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの安全性・毒性・注意点などについてですが、
洗浄力が高いため、肌の油分を必要以上に取り除いてしまい、乾燥を早めたり肌を痛め刺激を与える可能性もあり注意が必要です。

 

洗浄力の高さによる刺激性が高く、「タンパク変性作用」と呼ばれる作用により、肌や髪のタンパク質を変性させて修復できなくなるケースもあります。

 

特に、お肌が弱い方や、お肌が過敏な方の場合は、タンパク質変性により肌の健康状態を損なう恐れもあります。

 

ご自身の肌で自覚がある方の場合は配合量に十分に気をつけましょう。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使ったシャンプーは?

 

  • KOSE ジュレーム リラックス シャンプー

  • KOSE フォーチュンRH シャンプー
  • モイスト ダイアン シャンプー パーフェクト ビューティー エクストラダメージリペア
  • リアル 無添加時代 ヘアシャンプー
  • スキャルプクリア シャンプー
  • U-MA ウーマシャンプー プレミアム

 

お肌にやさしいオススメ洗浄成分は?

 

洗浄成分で、お肌にやさしい成分は次のような成分のシャンプーがよいです。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か
スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか
イソプロパノールの毒性・安全性 シャンプーに使っても大丈夫?
メチルイソチアゾリノンのシャンプーの安全性は高い?頭皮ダメージは
ラウレス-4カルボン酸Naのシャンプーの安全性は?洗浄力は低刺激か

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典