トップへ戻る

ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か

このエントリーをはてなブックマークに追加   

シャンプーは髪の毛や頭皮を洗う刺激の強い成分が使われることがありますが、中には人体に優しい成分も含まれています。

 

ココイルメチルタウリンNaはその一つであり、洗浄効果があるだけでなく低刺激であるため人気の高い成分なのです。

 

基本性質とも言える洗浄と泡立ちの良さだけではなく、高い付加価値をもたらす狙いがあり注目されている成分なのです。

 

ココイルメチルタウリンNaとは?

 

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウムとも言われており、ヤシ油とタウリン誘導体界面活性剤です。

 

アミノ酸系洗浄剤に分類され、刺激が少ないにもかかわらず泡立ちが良い成分です。

 

シャンプーと混ざりやすい粘性のある液体であり、白色か黄色をしています。わずかながら特異性のある匂いがありますが、気にする必要はありません。

 

タウリンによっても構成されており、牛の胆汁に多く含まれているアミノ酸と近い成分です。人体に優しく、髪の毛や頭皮にも刺激がないと言われています。

 

シャンプーは使用することで得られる効果が重要ですが、いかにして長く続けるかも考えなければなりません。

 

髪に潤いを与えつつ毎日続けられるため、ココイルメチルタウリンNaの注目度は増しているのです。

 

特に女性用シャンプーやコンディショナーで用いられていることが多く、男性用のアミノ酸系のものも人気が高いようです。

 

効果・効能は?

 

刺激が低く頭皮にも優しい弱酸性であり、優れた洗浄力と起泡性を期待できる成分です。

 

シャンプーの種類には、低刺激で優しいアミノ酸系シャンプーがあります。

 

敏感肌など影響を受けやすい人でも使えるメリットがある反面、泡立ちが悪く洗った気になれない欠点がありました。

 

ココイルメチルタウリンNaが配合されることにより、泡立ちが良くなりシャンプーがしやすくなるのです。

 

汚れを落とし仕上がりをさっぱりさせ、髪の毛がふんわりとまとまりやすくなります。また、頭皮に発生するフケを抑制する効果もあるようです。

 

何故フケが発生するかのメカニズムは、現代医学でも詳しく解明されていません。

 

しかし他の成分と比較して、発生の抑制につながることが研究によって明らかとされています。

 

相性の良いグリチルリチン酸Kが配合されていると、さらに高い相乗効果を期待できるでしょう。

 

安全性・毒性は?

 

ココイルメチルタウリンNaは髪の毛だけではなく頭皮をはじめ人体に対する刺激は低く、安全性が高いことで知られています。
毒性による副作用についても、過剰に心配する必要はありません。

 

合成界面活性剤の中には刺激が強いものがあり、毒性がある印象が強いかもしれません。

 

しかしそればかりに気を取られ、シャンプーの性能が悪いものは避けるべきです。

 

一部アミノ酸系シャンプーでは、低刺激であるが洗浄効果が不十分という場合があります。

 

毒性を気にするより、最低限の洗浄効果があるかを気にすべきです。

 

そのうえで安全性が高いものを選ぶべきですが、ココイルメチルタウリンNaはおすすめできます。

 

注意事項、参考情報

 

マイルドな洗浄力と泡立ちがあると、シャンプーの使いやすさは大分異なります。

 

髪の毛と頭皮への刺激が少なく、継続して使いやすいためトラブルに見舞われる機会は少ないはずです。

 

シャンプーですので、念のため目に入らないように気をつけてください。アミノ酸系に分類されるため、経口摂取は過剰に心配はいりません。

 

しかしココイルメチルタウリンNaだけではなく、他の成分との組み合わせは無視できないため、口に入れることも避けましょう。

 

女性の場合は洗い上がりの際に役に立ち、髪の変化が感じやすいでしょう。自分の頭皮環境に合わせて、シャンプーを購入するか決めることが重要です。

 

人体に与える悪影響もほとんどなく、ココイルメチルタウリンNaは安心して最後まで使い切れるシャンプー成分です。

 

安価のシャンプーには配合されることが多くないため、メーカーから販売されているものを使用してください。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか
イソプロパノールの毒性・安全性 シャンプーに使っても大丈夫?
メチルイソチアゾリノンのシャンプーの安全性は高い?頭皮ダメージは
ラウレス-4カルボン酸Naのシャンプーの安全性は?洗浄力は低刺激か

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典