コカミドメチルMEA 毒性 シャンプー

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

コカミドメチルMEAのシャンプーは、使われてもお肌への安全性は大丈夫でしょうか?

 

医薬部外品のシャンプーの成分では、「ヤシ油脂肪酸N-メチルモノエタノールアミド」と記載される成分です。

 

コカミドメチルMEAとはヤシ由来の脂肪酸と、ヒドロキシエチルメチルアミンから作られた成分で脂肪酸で非イオン性界面活性剤です。

 

コカミドメチルMEAは肌や体に対する刺激性が低く、泡立ちの良い界面活性剤なのでシャンプーによく使われている成分になります。

 

主に洗浄成分の補助的役割として使用される成分で、シャンプーに配合されることでとても泡立ちが良くなり、髪と地肌には良いとされています。

 

・コカミドメチルMEAとは

 

コカミドメチルMEAシャンプーに入れると起泡性と増泡性、そして増粘性が増す作用があります。成分としてシャンプーに配合される場合、ポリオキシエタノールアミドと共に使用されることが多く、主に増泡剤もしくは起泡剤としての役割を果たします。

 

コカミドメチルMEAはシャンプー以外に食器用洗剤などにもよく使用されているので心配になりますが、特に問題はないとされています。

 

シャンプーの成分表示にはコミドメチルMEAと表記されることはなく、一般的にはヤシ油脂肪酸N-メチルモノエタノールアミドと表記されます。

 

・泡立ちがよくなる

 

コカミドメチルMEAの効果・効能についてですが、メインの効果としてはシャンプーの泡立ちが非常によくなることです。

 

コカミドメチルMEAの良いところは、皮脂による影響をほとんど受けないところで、汚れた頭皮に使用したとしても泡立ちが良いので気持ち良くシャンプーすることができます。

 

優れた泡立ち効果により爽快な洗い心地があり、起泡、増泡、増粘性の点において非常に良い効果を発揮してくれます。

 

界面活性剤として抜群の泡立ち効果があり、たとえ皮脂やスタイリング剤が頭皮に残っていたとしても泡が消えにくく、最後まですっきりと洗浄できます。

 

コカミドメチルMEAは主要洗浄剤の助剤として使われてる成分なのですが、凝固点が低いことからハンドリング性にも優れているのです。

 

・刺激が少なく安全性は高い

 

コカミドメチルMEAの安全性・毒性・注意点などについてですが、比較的安全性の高い界面活性剤の成分で肌への刺激が少ないので、副作用の心配はありません。

 

コカミドメチルMEAは、泡立ちや使用感を改善するために補助的に使用される成分であることから髪や頭皮に対する刺激性は低く抑えられています。
従って安全な成分と言え、毒性もほとんどないです。

 

シャンプーの洗浄成分で洗浄力が強いと頭皮は刺激を受けることになります。しかし洗浄力が少なすぎると余分な皮脂を落とすことができません。

 

コカミドメチルMEAは低刺激で安全性が高く、泡立ちや粘り気を調整する役割があります。

 

ただ注意しないといけないのは、メインの洗浄成分として使用することはできないところです。

 

あくまで補助的な役割を持つに過ぎず、メインの洗浄剤として使用するのには向いていません。

 

・洗浄助剤としての役割

 

コカミドメチルMEAは、ヤシ油脂肪酸N-メチルモノエタノールアミドと言う名称でも呼ばれているもので、医薬部外品の場合はこの名称が使用されます。

 

ヤシ油を原料として作られた界面活性剤なのですが、その役割は厳密に言うと洗浄剤ではなく洗浄助剤としての成分になります。

 

コカミドメチルMEAはヤシ油由来の植物系洗浄成分であることから安全性の高い界面活性剤で、低刺激でありながら泡立ちに安定性があるという特質を備えています。

 

食品添加物としても使用されていることから危険性はなく、植物由来のアミノ酸系洗浄成分です。

 

ただシャンプーに配合される場合、洗浄助剤としての役割を果たすものなので、他の界面活性剤と併用して使用されることがほとんどです。

 

コカミドメチルMEAは泡立ちに優れていることから、洗浄剤の成分としてシャンプーによく使用されています。

 

その安全性の高さから、食器用洗剤にもよく配合されている成分です。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
コカミドプロピルベタインの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドプロピルベタインは、シャンプーなどの成分として使われています。
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
ラウラミドDEAの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ラウラミドDEAは、洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどの成分として使われています。
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
コカミドDEAの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドDEAは、シャンプー・洗顔料・ボディソープなどの成分として使われています。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(ナトリウム)は、テトラデセンスルホン酸ナトリウムとも言われます。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、シャンプーなどの成分として使われています。
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
デシルグルコシドの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。デシルグルコシドは、シャンプー・ボディソープ、食器用洗浄剤などの成分として使われています。
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ピュアブラックの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ピュアブラックは、シャンプー、ボディソープ、洗顔料などの成分として使われています。
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
ラウロイルメチルアラニンNaの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。ラウロイルメチルアラニンNaは、シャンプーなどの成分として使われています。
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
イソペンチルジオールの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。保湿剤などに使われるイソペンチルジオールは、シャンプー、ファンデーション・サンスクリーン・乳液・スタイリングなどなどの成分として使われています。
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
フェノキシエタノールの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。フェノキシエタノールは、シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-7の成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。ポリクオタニウム-7は、洗顔ソープ・シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-51の成分の毒性・安全性についてご紹介します。ポリクオタニウム-51は、化粧品の保湿剤の成分として使われています。お肌に使っても安全かどうかご紹介します。
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ポリクオタニウム-10の毒性と安全性をご紹介します。ポリクオタニウム-10は、コンディショニングに使われる界面活性剤です。髪の毛には、保湿・保護の効果がありますが、シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプーに多く含まれているシャンプー成分は、肌にやさしいでしょうか?ヤシ脂肪酸グリシンKは、泡立ちがよくシャンプー・リンス・除毛剤などに使われています。
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルグルコシドの毒性は大丈夫?ラウリル硫酸Naに名前がにていることで危険性・毒性があると思われがちですが、シャンプーで使われるラウリルグルコシドの安全性は安全かご紹介します。
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウリルベタインの毒性と安全性をご紹介します。ラウリルベタインは、ベタイン系シャンプーに使われ、ラリウル酸をベースにしています。シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
ラウロイルアラニンNaの毒性・安全性はシャンプーの成分として使って問題ないでしょうか?アミノ酸シャンプーは洗浄剤としてラウロイルアラニンNaは使われる商品が多いです。ラウロイルアラニンNaの毒性についてご紹介します。
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性はシャンプーに配合されていて大丈夫でしょうか?敏感肌や乾燥肌の方にも安全性がある成分かどうか、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性についてご紹介します。
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性がシャンプーに使われても安全でしょうか?界面活性剤として使われるヒマシ油成分は、多くの化粧品にも使われています。そこで、シャンプーのPEG60-水添ヒマシ油の毒性があるかご紹介します。
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
1,2-ヘキサンジオールはシャンプー・化粧品に使われても毒性や安全性は大丈夫でしょうか?。1,2-ヘキサンジオールは、化粧品やシャンプー、ボディーソープ、日焼け止めなどなどに配合されている成分です。ここでは、1,2-ヘキサンジオールの毒性と安全性についてご紹介します。
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性と安全性はどう?シャンプー・コンディショナーに使われる石油由来の成分で界面活性剤、静電気防止に使われることが多いです。シャンプーのベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性についてご紹介します。
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪いでしょうか?ラウレス硫酸Naなど石油系成分のシャンプーは頭皮に良くないと言われています。ですが、最近の市販シャンプーは洗浄成分・界面活性剤として別の成分が使われる製品が多くなっています。そこで、ラウレス硫酸アンモニウムの成分のシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性・安全性は?アミノ酸系シャンプーの成分に多く使われることが多いですが、頭皮に安全なのでしょうか?グアーという植物から生成される成分・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性についてご紹介します。
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?コカミドMEAは市販のシャンプーに多く使われていますが安全性・毒性が気になりますよね。コカミドMEAのシャンプー成分で注意したい点・特徴をご紹介します。
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ラウリン酸の界面活性剤を使ったシャンプーは危険でしょうか?界面活性剤は、洗浄力が強いとお肌へのダメージがあるので注意が必要です。ラウリン酸の成分があるシャンプーでの安全性についてご紹介します。
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は大丈夫でしょうか?強い洗浄成分のシャンプーは頭皮に刺激が強いので注意が必要です。ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は、どうでしょうか?頭皮へダメージがあると、薄毛や抜け毛に繋がるので心配ですよね。そこで、EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全でしょうか?市販スカルプシャンプー、育毛剤は頭皮にやさしいとうたわれていますが、配合成分は毒性がなく安心できるか確認しておきたいです。アスパラギン酸のスカルプシャンプーの安全性・毒性についてご紹介します。
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果はあるでしょうか?薄毛や抜け毛を予防するのにスカルプシャンプー・育毛剤でどれくらい効能があるのか気になりますよね。オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果をご紹介します。
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
オレンジ油の効果・安全性は、安心できるでしょうか?スカルプ・シャンプーで使われることが多いオイルは頭皮に良い成分でしょうか。オレンジ油の効果・安全性をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典