グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 毒性

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドとは,
豆科植物のグアーの実から取れる界面活性剤です。

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドというと、
あまり聞き慣れないかもしれませんが、
アミノ酸系のシャンプーによく含まれている成分です。

 

グアーヒドロキシプロピルとリモニウムの成分で評価できるのは、
毛髪に対してコンディショニング作用がある点です。

 

そのため、電防止やきしみ防止効果によりクシ通りの改善や質感を
向上させることができます。

 

・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドとは?

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは親水性増粘剤の機能を有する成分です。

 

豆科の植物のグアーの実を主原料として作られているのですが、
中身は塩化グリシジルトリメチルアンモニウムを付加してできた4級アンモニウム塩です。

 

いわゆるカチオン界面活性剤の位置づけにある成分で、帯電防止剤と言えばわかりやすいでしょう。

 

コンディショニング効果のある成分で、グアーガムを主原料としていることから
帯電防止効果が高くシャンプー後のくし通りをよくしてくれます。

 

また毛髪に柔軟性を与える機能もあることから、指通りがよくなる成分でもあり、
半合成の水溶性カチオンポリマーになります。

 

・柔軟作用と帯電防止は?

 

アーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの効果・効能についてですが、
毛髪に対して柔軟性やコンディショニング効果が期待できます。

 

シャンプーに配合するときしみを防止してくれ、質感をアップする効能を得ることができます。

 

アーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは界面活性剤なのですが、
シャンプーに含まれることで柔軟作用や帯電を防止する作用を高めることができるのです。

 

汚れを落とすための成分ではなく、静電気を起きにくくしてシャンプー後、
広がりやすい髪をまとまりやすくしてくれます。

 

アミノ酸系の成分なのですがこの成分は殺菌効果も優れていることから、
頭皮をコンディショニングする効能もあります。

 

クシ通りを良くして質感をアップできるので毛髪を滑らかにでき、
髪の毛を保護しながら柔軟化してくれます。

 

・多少毒性はあるが安全性は高い

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの安全性・毒性・注意点などについてですが、
安全性は高く、毒性も比較的低いとされています。

 

稀にアレルギーや刺激を感じることもある成分なのですが、
通常のシャンプー配合量を考慮すると特に問題はないと考えてよいでしょう。

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの用途は、
陽イオン界面活性剤にあるので毒性は多少ありますが、頭皮への悪影響が大きいとは言えません。

 

合成界面活性剤は、皮膚のバリアを壊したり角質タンパクを破壊したりすることが多いです。

 

ですが、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは植物由来の界面活性剤なのでその心配は少ないです。

 

そのため、ケミカルシャンプーなどの移行時期に使用すると使いやすいです。

 

・髪の質をよくしてくれる効果も

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドがシャンプーに使用される理由は、
帯電防止効果があり、髪を保護して柔軟化を図ることができるからです。

 

水溶性カチオンポリマーということで毛髪に対して柔軟性を与えることができ、
高いコンディショニング効果を得ることができます。

 

きしみ防止剤としてポリクオタニウムー10と並んでよくシャンプーに使用される成分で、
髪の質感を高めることができます。

 

効果や安全性については検証されているものなので、
使用することで副作用などの心配はありません。

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは毛髪に対してコンディショニング効果があるので、
髪のきしみやまとまりに悩みを抱えている人におすすめできます。

 

比較的刺激性の強い界面活性剤ではありますが、
シャンプーを使用するに当たっては特に心配はないと言えます。

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
コカミドプロピルベタインの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドプロピルベタインは、シャンプーなどの成分として使われています。
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
ラウラミドDEAの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ラウラミドDEAは、洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどの成分として使われています。
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
コカミドDEAの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドDEAは、シャンプー・洗顔料・ボディソープなどの成分として使われています。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(ナトリウム)は、テトラデセンスルホン酸ナトリウムとも言われます。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、シャンプーなどの成分として使われています。
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
デシルグルコシドの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。デシルグルコシドは、シャンプー・ボディソープ、食器用洗浄剤などの成分として使われています。
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ピュアブラックの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ピュアブラックは、シャンプー、ボディソープ、洗顔料などの成分として使われています。
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
ラウロイルメチルアラニンNaの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。ラウロイルメチルアラニンNaは、シャンプーなどの成分として使われています。
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
イソペンチルジオールの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。保湿剤などに使われるイソペンチルジオールは、シャンプー、ファンデーション・サンスクリーン・乳液・スタイリングなどなどの成分として使われています。
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
フェノキシエタノールの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。フェノキシエタノールは、シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-7の成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。ポリクオタニウム-7は、洗顔ソープ・シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-51の成分の毒性・安全性についてご紹介します。ポリクオタニウム-51は、化粧品の保湿剤の成分として使われています。お肌に使っても安全かどうかご紹介します。
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ポリクオタニウム-10の毒性と安全性をご紹介します。ポリクオタニウム-10は、コンディショニングに使われる界面活性剤です。髪の毛には、保湿・保護の効果がありますが、シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプーに多く含まれているシャンプー成分は、肌にやさしいでしょうか?ヤシ脂肪酸グリシンKは、泡立ちがよくシャンプー・リンス・除毛剤などに使われています。
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルグルコシドの毒性は大丈夫?ラウリル硫酸Naに名前がにていることで危険性・毒性があると思われがちですが、シャンプーで使われるラウリルグルコシドの安全性は安全かご紹介します。
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウリルベタインの毒性と安全性をご紹介します。ラウリルベタインは、ベタイン系シャンプーに使われ、ラリウル酸をベースにしています。シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
ラウロイルアラニンNaの毒性・安全性はシャンプーの成分として使って問題ないでしょうか?アミノ酸シャンプーは洗浄剤としてラウロイルアラニンNaは使われる商品が多いです。ラウロイルアラニンNaの毒性についてご紹介します。
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性はシャンプーに配合されていて大丈夫でしょうか?敏感肌や乾燥肌の方にも安全性がある成分かどうか、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性についてご紹介します。
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性がシャンプーに使われても安全でしょうか?界面活性剤として使われるヒマシ油成分は、多くの化粧品にも使われています。そこで、シャンプーのPEG60-水添ヒマシ油の毒性があるかご紹介します。
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
1,2-ヘキサンジオールはシャンプー・化粧品に使われても毒性や安全性は大丈夫でしょうか?。1,2-ヘキサンジオールは、化粧品やシャンプー、ボディーソープ、日焼け止めなどなどに配合されている成分です。ここでは、1,2-ヘキサンジオールの毒性と安全性についてご紹介します。
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性と安全性はどう?シャンプー・コンディショナーに使われる石油由来の成分で界面活性剤、静電気防止に使われることが多いです。シャンプーのベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性についてご紹介します。
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪いでしょうか?ラウレス硫酸Naなど石油系成分のシャンプーは頭皮に良くないと言われています。ですが、最近の市販シャンプーは洗浄成分・界面活性剤として別の成分が使われる製品が多くなっています。そこで、ラウレス硫酸アンモニウムの成分のシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?コカミドMEAは市販のシャンプーに多く使われていますが安全性・毒性が気になりますよね。コカミドMEAのシャンプー成分で注意したい点・特徴をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典