トップへ戻る

スルホコハク酸ラウレス2Na シャンプー 毒性

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は

このエントリーをはてなブックマークに追加   

シャンプーの中にはスルホコハク酸ラウレス2Naと呼ばれる成分が配合されることがありますが、洗浄効果に関する界面活性剤です。

 

界面活性剤は効き目は感じられるが刺激性が高く頭皮に悪いものが多いですが、洗浄効果の割には刺激性が低く使いやすさがあります。

 

シャンプー時に頭皮に付着した汚れやほこりなどをしっかりと落とすことで、頭皮に関するトラブルを回避できるため重要性のある成分です。

 

スルホコハク酸ラウレス2Naとは?

 

スルホコハク酸ラウレス2Naはいわゆる界面活性剤の一種で、シャンプーの効果を高めるために配合されることが多い成分です。

 

界面活性剤にも多くの種類がありますが、ほとんどは刺激性が頭皮の状態によって使用が好ましくないことが多いです。

 

しかし、スルホコハク酸ラウレス2Naはそれほど刺激は強くありません。よほどひどい状態でなければ使用可能です。

 

男性にも女性にも向いている成分であり、特に皮脂の分泌量が多くなる男性に向いています。毛髪が汗によって濡れやすく、ハード系のワックスをしている人の毛根も丁寧に洗いこめば良いでしょう。

 

他の成分と比較すると効果に劣り、物足りない部分もあります。しかし通常使用でトラブルは起こりにくいです。

 

効果・効能は?

 

アミノ酸系の成分よりも強い洗浄効果を期待できます。

 

スルホコハク酸ラウレス2Naなどの界面活性剤と異なり、アミノ酸は人体に優しいですが洗浄力に劣り泡立ちが悪いことが多いです。

 

スルホコハク酸ラウレス2Naは泡立ちも良いため、使いやすいです。

 

しかし、洗浄効果の強さはあくまでアミノ酸と比較しての話であり、他の刺激性成分と比較するとさすがに劣ります。言い換えれば多少頭皮が気になる程度であれば使用しやすいと言えます。

 

皮脂量が多い人やワックスで毛髪をセットする場合、それらを綺麗サッパリ洗い落とせる程度の洗浄効果はあると言われています。だたしパーマなどダメージヘアの人には刺激が強すぎることがあり、おすすめできない成分でもあります。

 

安全性・毒性は?

 

シャンプー成分には目や鼻の中に入ると刺激を感じてしみてしまうものが多いですが、スルホコハク酸ラウレス2Naは刺激はそれほど強くありません。

 

皮膚に対しても温和であり、頭皮の状態が健康で通常の配合量のものを使用する分には安全性の問題はありません。

 

ただし、界面活性剤であることには変わりなく、その中で刺激性が低いというだけです。

 

敏感肌であり特に界面活性剤に反応する体質の人は、毒性を否定できません。使用することでかゆみなどのアレルギー反応が発生することも考えられます。

 

シャンプーである以上、目の粘膜に触れることや経口摂取には気をつけるべきです。

 

注意事項、参考情報

 

スルホコハク酸ラウレス2Naが優れている点は、刺激性が低いにもかかわらず十分な洗浄効果を有していることです。

 

男性はヘアワックスで髪型を整えることが多くあり、特に髪の毛一本一本が女性より太く脂性が高いです。

 

髪をしっかりと固めるためハード系の強いワックスを使用する人がいますが、スルホコハク酸ラウレス2Na配合のシャンプーを使えばシャワーで洗い落とせます。

 

使用するワックスと洗浄時のシャンプーの成分の相性もありますが、十分に泡立たせてシャワーをすれば問題ないことが多いです。

 

メインで使用される界面活性剤が低刺激性であるため、サポートとしてスルホコハク酸など別の成分を同時配合させることもあります。相性は良いため、より使い心地を得られるはずです。

 

シャンプーはただ頭皮を洗浄して髪の毛を保護するためではなく、皮脂や汚れ以外にも人的に付着されたワックスを落とすためにも欠かせません。

 

スルホコハク酸ラウレス2Naは洗浄効果を実感できるうえ刺激性が低いため、気をつければ安心して続けられるためおすすめです。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典