トップへ戻る

オタネニンジン根エキス シャンプー 効果

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

オタネニンジン根エキスのシャンプー・育毛剤での効果はあるでしょうか?

 

オタネニンジン根エキスとはオタネニンジンの根から取り出したエキスです。

 

育毛剤や育毛シャンプーによく含まれている成分にオタネニンジン根エキスがあり、代謝と血行を促進する効果があると言われています。

 

薄毛対策に有効とされていることから育毛シャンプーにもよく配合されていて、脱毛や炎症、フケを予防して頭皮を改善します。

 

・オタネニンジン根エキスとは

 

オタネニンジンと言うとピンとこない人もいるかもしれませんが、朝鮮人参や高麗人参と言えばわかりやすいでしょう。

 

この成分はウコギ科の多年草であり、主に韓国や中国を中心として栽培されています。

 

日本では徳川吉宗の時代に栽培が本格化したもので、その後、御種人参と呼ばれるようになり、現在の高麗人参の学術名であるオタネニンジと命名されるようになりました。

 

オタネニンジンの根から抽出されたオタネニンジン根エキスですが昔は漢方薬としてよく使用されていたのですが、現在では育毛剤や育毛シャンプーによく含まれています。

 

また、滋養強壮や血行促進効果があるので、栄養ドリンクやお茶などにもよく使用されています。

 

・抗酸化作用が高い

 

オタネニンジン根エキスの効果・効能についてですが、シャンプーに配合された場合、頭皮の代謝を良くして血行を促進してくれる働きが期待できます。

 

肌の保湿性を高める働きもあるので脱毛予防や炎症予防、フケ予防などの効能もあり、頭皮トラブル全般に効果が期待できます。

 

そして、血流促進と抗炎症、抗脂漏、皮膚柔軟作用もあるので、育毛に対する効能もあります。

 

ただし、育毛効果についてはホルモンバランスを変えたり、毛母細胞に刺激を与えるようなものではなく、オタネニンジン根エキスの場合、抗酸化作用を高める役割を担っています。
そのため、シャンプーや育毛剤の成分として使用される際には補佐的な位置づけになります。

 

オタネニンジン根エキスには高い抗酸化作用があるので、頭皮の健康状態を良くする力があるのです。

 

・天然由来成分なので安心

 

オタネニンジン根エキスの安全性・毒性・注意点などについてですが、天然由来の成分なので毒性はなく安全性は比較的高いです。

 

科学や石油系成分と比較すると髪の毛や頭皮に負担がかからない成分で、ニンジンエキスは漢方としても良く使われるエキスであることから安全性の高さは確認できます。

 

オタネニンジン根エキスはサプリなどで過剰摂取や長期摂取すると、副作用として不眠症や頭痛、動悸、高血圧などの症状が出ることもあります。

 

しかし、シャンプーの場合は直接頭皮に塗布するので、特に副作用を心配する必要はないでしょう。

 

ただ、頭皮に炎症があるときや風邪や感染症などで発熱していて腫れ物などがあるときは使用を控えるべきです。

 

シャンプーと言えども用法用量は正しく守って使う必要があります。

 

・育毛効果に優れている

 

オタネニンジン根エキスは肌荒れや小じわ、ニキビ、肌の老化予防などの効果があり、シャンプーでは脱毛やフケ防止などに効果を発揮してくれます。

 

こうした効果があるのはサポニンが含まれているからで、コレステロールを除去し、過酸化脂質の生成を抑制する作用があります。

 

実際、髪の毛の健康に関しては高い効果が確認されていて、特に抜け毛対策に有効であることとからシャンプーや育毛剤の成分としてよく使用されています。

 

原料であるオタネニンジンの栽培が難しいことから、ある程度高価なシャンプーでないとオタネニンジン根エキスは含まれていませんが、その分、効果は高いです。

 

しっかりとした育毛効果を実感したいなら、オタネニンジン根エキス入りのシャンプーを試してみるとよいでしょう。

 

シャンプーにオタネニンジン根エキスが配合されている場合、肌機能を活性化させる働きがあるので乾燥に負けない頭皮を作ることができます。

 

消炎作用や収れん効果もあるので、シャンプーを使用することで頭皮を強くすることができます。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か
スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか
イソプロパノールの毒性・安全性 シャンプーに使っても大丈夫?
メチルイソチアゾリノンのシャンプーの安全性は高い?頭皮ダメージは
ラウレス-4カルボン酸Naのシャンプーの安全性は?洗浄力は低刺激か

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典