ラウレス硫酸アンモニウム シャンプー 毒性

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ラウレス硫酸アンモニウムとは石油系の高級アルコール系の界面活性剤です。

 

ラウレス硫酸アンモニウムは、ラウレス硫酸Naと類似の成分で、
ラウレス硫酸Naよりも洗浄力が弱めです。

 

ですが、ラウレス硫酸アンモニウムも刺激はやや強めで、
お肌が弱い方には向かない洗浄成分と言えます。

 

市販シャンプーによく使用されている成分で、
金額の安めのシャンプーでよく配合されていることが多いので注意が必要です。

 

ラウリル硫酸アンモニウムとは

 

ラウリル硫酸アンモニウムは、ヤシ油アルコールの分別蒸留から生成されるラウリルアルコールを原料として作られるアニオン系活性剤でラウレスと言うポリオキシエチレンラウリルエーテルが含まれている成分で、石油系の界面活性剤になります。

 

界面活性剤にはアミノ酸系、ベタイン系、硫酸系、脂肪酸系、高級アルコール系などがありますが、石油から生成される成分であることから高級アルコール系に該当します。
類似する成分にラウレス硫酸Naがありますが、基本的にラウレス硫酸アンモニウムのほうがコンディショニング効果に優れていて、刺激も穏やかな傾向にあると言われています。

 

しかし、脱脂力の強い洗浄成分なので、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性が高いです。

 

洗浄力が強い

 

ラウリル硫酸アンモニウムの効果・効能についてですが、その特徴として洗浄力と脱脂力が非常に強いことが挙げられます。また効能的には泡立ちがとてもよく、洗い上がりがさっぱりしています。この成分が入ることでスッキリシャンプーできるので使用感がよくなります。

 

アニオン系界面活性剤で高級アルコール系に属する成分なので原価は安く、ラウレル硫酸Naよりもコンディショニング効果があります。そういう意味ではおすすめできる成分なのですが、毎日洗髪すると脱脂力が強すぎることが危惧されます。

 

洗浄力が非常に強力というのが効果効能としての最大の特徴になりますが、一方で気をつけないと必要な油分までも奪い去ってしまうというリスクがあるので注意が必要です。

 

安全性は低い

 

ラウリル硫酸アンモニウムの安全性・毒性・注意点などについてですが、高級アルコール系で洗浄力と脱脂力が強力なので安全性はあまりよくありません。
泡立ちがよくてさっぱりさせてくれる成分ではあるのですが、洗浄力が強いので頭皮の必要な皮脂まで脱脂してしまいます。

 

毒性は低いのですが頭皮が弱い人やアレルギーがある人が使用するとリスクがあり、頭皮の乾燥や髪のダメージにつながりやすい成分です。

 

アレルギー体質の人や乾燥気味の肌質の人は避けたい成分で、基本的に髪がパサパサしている人には不向きと言えます。
安全性そのものはあるのですが、それはあくまで身体に害をもたらさないと言う意味で、頭皮にダメージを与える危険性があります。

 

頭皮の油分か多い人向き

 

日本のシャンプーには原価の安いラウレス硫酸アンモニウムが含まれている率が高く、安全は認められているので大手メーカーのシャンプーは積極的に使用しています。

 

ラウレス硫酸と名のつく成分は脱脂力が非常に強力なこと以外は特に危険な成分ではないので、髪や頭皮に油分が多い人なら問題なく使える成分です。
ただ、どうしても脱脂力が強く皮膚への浸透力も強いので、肌の弱い人は避けるべき成分です。

 

さっぱりとした洗い心地と原料が安価であることから、市販シャンプーや有名メーカーのシャンプーによく使われることが多いです。
お肌にやさしいイメージのシャンプーにも配合されていることもあり注意が必要です。

 

ラウレス硫酸アンモニウムは、タンパク質変性作用のある成分なので、場合によっては頭皮に湿疹や炎症を起こすことがあります。
そのため、敏感肌やアレルギーの人は特に注意した方がよいです。

 

頭皮が弱い方でなくても、髪の毛がパサパサしたりゴワゴワしたりすることがあります。
ラウレス硫酸系の成分のシャンプーは、注意したほうがよいです。

 

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
コカミドプロピルベタインの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドプロピルベタインは、シャンプーなどの成分として使われています。
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
ラウラミドDEAの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ラウラミドDEAは、洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどの成分として使われています。
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
コカミドDEAの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドDEAは、シャンプー・洗顔料・ボディソープなどの成分として使われています。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(ナトリウム)は、テトラデセンスルホン酸ナトリウムとも言われます。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、シャンプーなどの成分として使われています。
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
デシルグルコシドの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。デシルグルコシドは、シャンプー・ボディソープ、食器用洗浄剤などの成分として使われています。
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ピュアブラックの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ピュアブラックは、シャンプー、ボディソープ、洗顔料などの成分として使われています。
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
ラウロイルメチルアラニンNaの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。ラウロイルメチルアラニンNaは、シャンプーなどの成分として使われています。
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
イソペンチルジオールの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。保湿剤などに使われるイソペンチルジオールは、シャンプー、ファンデーション・サンスクリーン・乳液・スタイリングなどなどの成分として使われています。
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
フェノキシエタノールの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。フェノキシエタノールは、シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-7の成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。ポリクオタニウム-7は、洗顔ソープ・シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-51の成分の毒性・安全性についてご紹介します。ポリクオタニウム-51は、化粧品の保湿剤の成分として使われています。お肌に使っても安全かどうかご紹介します。
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ポリクオタニウム-10の毒性と安全性をご紹介します。ポリクオタニウム-10は、コンディショニングに使われる界面活性剤です。髪の毛には、保湿・保護の効果がありますが、シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプーに多く含まれているシャンプー成分は、肌にやさしいでしょうか?ヤシ脂肪酸グリシンKは、泡立ちがよくシャンプー・リンス・除毛剤などに使われています。
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルグルコシドの毒性は大丈夫?ラウリル硫酸Naに名前がにていることで危険性・毒性があると思われがちですが、シャンプーで使われるラウリルグルコシドの安全性は安全かご紹介します。
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウリルベタインの毒性と安全性をご紹介します。ラウリルベタインは、ベタイン系シャンプーに使われ、ラリウル酸をベースにしています。シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
ラウロイルアラニンNaの毒性・安全性はシャンプーの成分として使って問題ないでしょうか?アミノ酸シャンプーは洗浄剤としてラウロイルアラニンNaは使われる商品が多いです。ラウロイルアラニンNaの毒性についてご紹介します。
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性はシャンプーに配合されていて大丈夫でしょうか?敏感肌や乾燥肌の方にも安全性がある成分かどうか、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性についてご紹介します。
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性がシャンプーに使われても安全でしょうか?界面活性剤として使われるヒマシ油成分は、多くの化粧品にも使われています。そこで、シャンプーのPEG60-水添ヒマシ油の毒性があるかご紹介します。
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
1,2-ヘキサンジオールはシャンプー・化粧品に使われても毒性や安全性は大丈夫でしょうか?。1,2-ヘキサンジオールは、化粧品やシャンプー、ボディーソープ、日焼け止めなどなどに配合されている成分です。ここでは、1,2-ヘキサンジオールの毒性と安全性についてご紹介します。
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性と安全性はどう?シャンプー・コンディショナーに使われる石油由来の成分で界面活性剤、静電気防止に使われることが多いです。シャンプーのベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性についてご紹介します。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性・安全性は?アミノ酸系シャンプーの成分に多く使われることが多いですが、頭皮に安全なのでしょうか?グアーという植物から生成される成分・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性についてご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典