トップへ戻る

ラウリルヒドロキシスルホベタイン 危険 シャンプー

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液とは、天然由来の成分を配合して作るベタイン系の界面活性剤です。

 

刺激が少ないということで、シャンプーにはラウリルヒドロキシスルホベタイン液という成分がよく含まれています。

 

安全性の高い成分であることから化粧品などにもよく使用されていて、別名ラウリルヒドロキシスルタインと呼ばれることもあります。

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液とは

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液は刺激が少なく泡立ちは良好という特徴があります。

 

両性化合物で主に配合する目的としては、帯電防止剤やヘアコンディショニング剤、洗浄剤、起泡剤、親水性増粘剤などの用途として使用されます。

 

シャンプーよりもコンディショニング剤として利用されることが多いのですが、洗浄力は比較的高いです。シャンプーに使用する場合は洗浄力を狙って配合され、その作用を高めてくれます。

 

ただ、それほど強力な洗浄成分ではないことから、その分、肌には優しくなっています。

 

いわゆる高級アルコール系に含まれるような強力な洗浄成分ではないので、必要以上に皮脂を洗い流すことはないです。

 

効果・効能は?

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液の効果・効能についてですが、洗浄成分が優れているところが挙げられます。

 

いたずらに洗浄効果が高いのではなく、洗浄力はマイルドでありながら帯電防止効果もあります。

 

髪の長い人に有用な成分で、粘り気があるので泡立ちがとても良いです。

 

水に溶けやすい成分なのでPH値も比較的安定していて、陰イオン合成界面活性剤との相溶性も悪くありません。

 

シャンプーに配合することで髪に対してコンディショニング効果も得ることができ、保湿作用もあるので髪のきしみやごわつきをなくすことができます。

 

目や肌に対して刺激が少ない界面活性剤なので、リラックスしてシャンプーができるという効能も見逃せません。

 

毒性は大丈夫?

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液の安全性・毒性・注意点などについてですが、ラウリン酸という天然植物由来の脂肪酸から作られているので安全性は高いです。

 

カチオンとアニオンの両方の性質のある両性活性剤なので、非常に低刺激で頭皮に負担をかけることがありません。

 

低刺激なのでシャンプーに配合されていると言っても過言ではなく、硬水で使用しても優れた泡立ちの良さを保持します。

 

刺激が強いラウレス硫酸Naの影響を緩和する働きもあるので、髪のきしみ感を軽減しながらシャンプーできます。

 

成分自体には毒性がほとんどなく、低刺激な洗浄力で洗い上げてくれるので爽快な心地良さがあります。

 

ただ、通常の配合量では問題ない成分なのですが、人によってはアレルギーや刺激を感じることがあるでしょう。

 

安全性はどう?

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液は、植物由来成分が原材料なので、髪に対しては非常に優しくなっています。

 

洗浄効果が高く毒性もないので安心して利用できる成分で、洗髪後に髪のきしみ感が少ないという特徴があります。

 

そして硬水でも泡立ちが良いのが魅力で、肌や目への刺激が少ない低刺激性であることから、シャンプーにとってはふさわしい成分と言えるでしょう。

 

髪や肌を守る効果が強いというのがもっとも良いところで、これは原材料にヤシ油やパーム核油など肌に優しい材料で作られていることに起因します。

 

洗浄としての効果は高いのですが刺激が少なく安全性に優れた成分で、十分な泡立ちがあるので満足感を得ながら洗髪することができます。

 

低刺激成分のラウリルヒドロキシスルホベタイン液は、頭皮に負担をかけずに不要な皮脂だけを洗い流すことができます。

 

安全性が高く毒性は極めて少ないので、合成で作られる成分の中では比較的信頼できる成分です。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か
スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典