トップへ戻る

アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

アスパラギン酸のシャンプーは安全?頭皮にやさしい成分か?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

アスパラギン酸のシャンプーは、頭皮に安全な成分でしょうか?

 

アスパラギン酸とはアミノ酸の一種であり野菜のアスパラに多く含まれる非必須アミノ酸です。

 

薄毛になったときによく使用するのが育毛商品ですが、育毛効果のあるシャンプーの成分にアスパラギン酸という成分があります。

 

アスパラギン酸を含むシャンプーは多く、界面活性剤として高い保水能力を有しています。

 

<アスパラギン酸とは?>

 

アスパラギン酸はタンパク質を構成するアミノ酸のひとつですが、2-アミノブタン二酸 示性式HOOCCH2CH(COOH)NH2)というのが正式名称になります。

 

水に溶けにくく熱に弱い性質のある成分で、アスパラギンを加水分解したものであることから栄養ドリンクなどにもよく含まれています。

 

アスパラギン酸は主に化粧品や医薬品などに利用されていて、疲労を回復させたりアンモニアを体外へと排出する作用があります。

 

シャンプーの主成分として実際に配合されているのはラウロイルアスパラギン酸Naという成分で、肌の潤いを保つ役割を担っています。

 

<肌に優しい成分か?>

 

アスパラギン酸の効果・効能についてですが、肌の新陳代謝を促進して保湿をする力があります。

 

角質の水分を保持して肌の潤いを保つ役割があるので、アスパラギン酸が配合されたシャンプーを使用すると頭皮を良い状態にすることができます。

 

またアスパラギン酸には排毒効果があるので、代謝の過程で出てくるアンモニア毒素を害のない尿として合成促進する作用があります。

 

血中に残留するとアンモニアは中枢神経を攻撃するのですが、排毒効果によりそれを守る働きがあるのです。

 

アミノ酸系の洗浄剤成分であるアスパラギン酸はpHが中性であることから肌にやさしく、洗浄成分なのですが洗浄力はとてもマイルドです。

 

従って洗浄後は乾燥しにくく、肌にやさしく洗浄できる成分と言えます。

 

<肌の弱い赤ちゃん・敏感肌でも使える?>

 

アスパラギン酸の安全性・毒性・注意点などについてですが、安全性は高く肌にやさしいことからベビーシャンプーにもよく使用されています。

 

アスパラギン酸は安全性が高い成分ゆえ、肌の弱い赤ちゃん用シャンプーやアトピー用シャンプーにも使用できるのです。

 

非常に安全性が高く低刺激であることから幅広い年代に使用できる成分です。

 

アスパラギン酸は洗い過ぎてしまうことがないので、必要な角質保護成分は保持されます。

 

また、目にしみにくい成分で刺激性の低い界面活性剤なので毒性は低く、起泡性で洗浄性の成分の割には洗い流しも良好です。

 

注意点としては洗浄力がやや低いことから、アスパラギン酸配合のシャンプーはどちらかというとコンディショニング効果重視と考えたほうがよいでしょう。

 

<洗い上がりはやさしい・マイルドか?>

 

アスパラギン酸は肌にやさしい成分で洗浄力と泡保持性に優れているので、他の洗浄剤の助剤として使用されるケースが多いです。

 

また泡切れの良さがあることから、アスパラギン酸は低刺激性の高級洗浄剤として育毛シャンプーなどにもよく使用されています。

 

保湿剤や肌荒れ防止剤、肌コンディショニング剤としての用途が高く、細胞賦活作用があります。

 

界面活性剤は安全性が疑われることが多いのですが、アスパラギン酸は高い保水力を持った優秀な成分で刺激も少ないです。

 

アスパラギン酸は髪の毛をつくるアミノ酸の1種なので、血行をよくすることで髪に栄養をしっかり届けられるようになります。

 

髪に残りにくい成分で洗い流しがとても楽なので、マイルドな洗い上がりが期待できます。

 

アスパラギン酸は、植物由来の脂肪酸ラウリン酸とアミノ酸のひとつ、アスパラギン酸のナトリウム塩が結合して作られた界面活性剤です。

 

洗浄力と起泡性はあるのですが、角質の保湿成分を取らずに頭皮の柔軟性や弾力性を高めてくれるのでアミノ酸系シャンプーによく使用されています。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か
スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか
イソプロパノールの毒性・安全性 シャンプーに使っても大丈夫?
メチルイソチアゾリノンのシャンプーの安全性は高い?頭皮ダメージは
ラウレス-4カルボン酸Naのシャンプーの安全性は?洗浄力は低刺激か

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典