コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は

このエントリーをはてなブックマークに追加   

コカミドMEAとはヤシ油脂肪酸モノエタノールアミドと言われヤシ油から抽出された成分です。

 

コカミドMEAは、洗浄剤の補助的役割として使われる成分であることからシャンプーによく使われています。

 

なぜシャンプーにコカミドMEAが配合されるのかというと、
配合することでシャンプーの泡が安定し、
起泡や増粘などの効果が期待できるからです。

 

また、泡の粒が細かくクリーミーになるとも言われています。

 

・コカミドMEAとは

 

モノエタノールアミンとヤシ油脂肪酸を合わせて作られた成分なのですが、天然のヤシ油に含まれる脂肪酸にアミド基のついた構造になっています。

 

ただ脂肪酸にアミド基のついた構造なのですが、アミノ酸系界面活性剤ではありません。

 

合成界面活性剤もしくは両性界面活性剤の部類に入り、ヤシ油から抽出される植物系の
合成界面活性剤ということで非イオン界面活性剤になるのです。

 

天然由来成分としてコカミドMEAは主に化粧品の粘度を調整したり、
シャンプーでは泡立ちをよくするために使われています。

 

コカミドMEAの使用用途としてはシャンプー以外では、石鹸や洗顔などの製品によく配合されます。

 

・起泡や増粘効果が期待できる

 

コカミドMEAの効果・効能についてですが、主に洗浄効果が高く、
泡が安定しているので起泡や増粘効果がかなり期待できます。

 

シャンプーにコカミドMEAが入ると一粒一粒の泡が
非常にクリーミーになり、泡立ち効果により洗浄力が高まります。

 

コカミドMEAは非イオン性の界面活性剤なので、
シャンプーに配合すると泡の安定性がかなり向上するのです。

 

そのことが起泡や増粘につながるわけで、心地よい使用感を実感できるようになります。

 

配合比率があまり高すぎると髪の質感低下につながりますが、
補助的に配合されたシャンプーを使用すれば大きな効果が得られるはずです。

 

また、粘度を調整する役割があるので、頭皮への刺激を和らげる効果も期待できますよ。

 

・コカミドMEAは、配合量が少なければ、刺激が低くて安全性は高い

 

コカミドMEAの安全性・毒性・注意点などについてですが、基本的には刺激性が低いので安全性は高く、肌への刺激を抑制させる効果もあります。

 

ただ注意が必要なのはシャンプーに含まれる配合量で、
配合量が多い製品を使用すると髪質が落ちることが懸念されます。

 

人によっては合わないケースもあるので、配合量については細かく確認した方がいいかもしれません。

 

低刺激なのですが量が多いとあわないことがあるので注意が必要です。

 

気になるのが毒性で、一部では発がん性があると指摘されています。

 

しかし、シャンプーとして使うなら、少量であることや、体内に大量に入ることも少ないため、
コカミドMEA配合のシャンプーをするだけでは、問題はないと思われます。

 

シャンプーをするだけなら、特に危険はないと考えてよいでしょう。

 

・日本での評価は意外と高い

 

コカミドMEAはシャンプーの洗浄補助剤として配合される成分で、
主な効果に増粘、気泡、そして泡の安定性向上が挙げられます。

 

成分的にコカミドMEAは刺激性が低いので、
シャンプーに含まれる配合量さえ気を付ければ問題はないと言えます。

 

アレルギーや刺激は多少ある成分ですが、
一般的な配合状態のシャンプーの場合は問題ないレベルといえます。

 

ただし、お肌が弱い方は、お試ししてから使ってみるとよいかと思います。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
コカミドプロピルベタインの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドプロピルベタインは、シャンプーなどの成分として使われています。
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
ラウラミドDEAの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ラウラミドDEAは、洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどの成分として使われています。
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
コカミドDEAの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドDEAは、シャンプー・洗顔料・ボディソープなどの成分として使われています。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(ナトリウム)は、テトラデセンスルホン酸ナトリウムとも言われます。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、シャンプーなどの成分として使われています。
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
デシルグルコシドの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。デシルグルコシドは、シャンプー・ボディソープ、食器用洗浄剤などの成分として使われています。
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ピュアブラックの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ピュアブラックは、シャンプー、ボディソープ、洗顔料などの成分として使われています。
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
ラウロイルメチルアラニンNaの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。ラウロイルメチルアラニンNaは、シャンプーなどの成分として使われています。
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
イソペンチルジオールの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。保湿剤などに使われるイソペンチルジオールは、シャンプー、ファンデーション・サンスクリーン・乳液・スタイリングなどなどの成分として使われています。
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
フェノキシエタノールの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。フェノキシエタノールは、シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-7の成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。ポリクオタニウム-7は、洗顔ソープ・シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-51の成分の毒性・安全性についてご紹介します。ポリクオタニウム-51は、化粧品の保湿剤の成分として使われています。お肌に使っても安全かどうかご紹介します。
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ポリクオタニウム-10の毒性と安全性をご紹介します。ポリクオタニウム-10は、コンディショニングに使われる界面活性剤です。髪の毛には、保湿・保護の効果がありますが、シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプーに多く含まれているシャンプー成分は、肌にやさしいでしょうか?ヤシ脂肪酸グリシンKは、泡立ちがよくシャンプー・リンス・除毛剤などに使われています。
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルグルコシドの毒性は大丈夫?ラウリル硫酸Naに名前がにていることで危険性・毒性があると思われがちですが、シャンプーで使われるラウリルグルコシドの安全性は安全かご紹介します。
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウリルベタインの毒性と安全性をご紹介します。ラウリルベタインは、ベタイン系シャンプーに使われ、ラリウル酸をベースにしています。シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
ラウロイルアラニンNaの毒性・安全性はシャンプーの成分として使って問題ないでしょうか?アミノ酸シャンプーは洗浄剤としてラウロイルアラニンNaは使われる商品が多いです。ラウロイルアラニンNaの毒性についてご紹介します。
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性はシャンプーに配合されていて大丈夫でしょうか?敏感肌や乾燥肌の方にも安全性がある成分かどうか、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性についてご紹介します。
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性がシャンプーに使われても安全でしょうか?界面活性剤として使われるヒマシ油成分は、多くの化粧品にも使われています。そこで、シャンプーのPEG60-水添ヒマシ油の毒性があるかご紹介します。
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
1,2-ヘキサンジオールはシャンプー・化粧品に使われても毒性や安全性は大丈夫でしょうか?。1,2-ヘキサンジオールは、化粧品やシャンプー、ボディーソープ、日焼け止めなどなどに配合されている成分です。ここでは、1,2-ヘキサンジオールの毒性と安全性についてご紹介します。
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性と安全性はどう?シャンプー・コンディショナーに使われる石油由来の成分で界面活性剤、静電気防止に使われることが多いです。シャンプーのベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性についてご紹介します。
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪いでしょうか?ラウレス硫酸Naなど石油系成分のシャンプーは頭皮に良くないと言われています。ですが、最近の市販シャンプーは洗浄成分・界面活性剤として別の成分が使われる製品が多くなっています。そこで、ラウレス硫酸アンモニウムの成分のシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性・安全性は?アミノ酸系シャンプーの成分に多く使われることが多いですが、頭皮に安全なのでしょうか?グアーという植物から生成される成分・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性についてご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典