トップへ戻る

メチルクロロイソチアゾリノン 毒性 ?シャンプー

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

メチルクロロイソチアゾリノンの毒性は?シャンプーでアレルギーにならないか

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メチルクロロイソチアゾリノンとは、パラベンの代わりによく使用される成分で防腐剤です。

 

殺菌効果の高い防腐剤として定評のあるメチルクロロイソチアゾリノンは、シャンプーの成分としてもよく利用されます。

 

メチルイソチアゾリノンがシャンプーの防腐剤としても役割を果たすからですが、基本的には一緒に混合液として配合されるのが普通です。

 

メチルクロロイソチアゾリノンとは

 

メチルクロロイソチアゾリノンはシャンプー以外にも化粧品やボディシャンプー、ヘアケア製品、日焼け止めなどにも使用されていて、洗濯製品などにも用いられています。
殺菌効果の非常に高い防腐剤なので、シャンプーに配合することで酸化させない役割があります。

 

しかし、殺菌効果の高い防腐剤であることから、配合するに当たっては一定割合の上限が定められています。

 

成分表示としてはメチルイソチアゾリノンと表示されることもあり、成分には強い殺菌性があるので刺激は強く、肌に残ると肌荒れを起こす可能性があります。

 

強い殺菌性が特徴の防腐剤で、シャンプーやリンスなどのヘアケア用品を主として、染毛剤やパーマ剤、薬用歯磨きや浴用剤などの商品にもよく使用されます。

 

シャンプーの防腐剤として使っても毒性はない?

 

メチルクロロイソチアゾリノンの効果・効能についてですが、この成分は防腐剤の役割を果たします。

 

化粧品やボディシャンプー、染毛剤の防腐剤として活躍する成分なのですが、シャンプーに配合される場合も同様の効果が期待されます。

 

かなり強い殺菌性を持つ防腐剤なので殺菌効果は高く、防腐剤成分として優れています。

 

一般的に使用される防腐剤にはパラベンがあるのですが、この成分は旧表示指定成分になりアレルギーなどの肌トラブルを起こすリスクが懸念されます。

 

そこで、パラベンに代わる防腐剤で効果に優れ、比較的肌にも安心な成分として推奨されているのがメチルクロロイソチアゾリノンになります。

 

メチルクロロイソチアゾリノンは、少ない配合量という条件さえ守れば信頼できる成分です。

 

メチルクロロイソチアゾリノンの安全性は?

 

メチルクロロイソチアゾリノンの安全性・毒性・注意点などについてですが、この成分については色々と指摘されていることが多いです。

 

防腐剤としての効果は高く安全性を謳った成分ではあるのですが、配合量が多くなったり他の防腐剤と複合すると疑問が出てきます。

 

メチルイソチアゾリノンとの組み合わせで防腐剤としての効果を高めることができるのですが、チアゾリノン系防腐剤として混合する場合は配合上限が0.001%となっています。

 

単体になると配合上限は0.001から0.01%にアップし、それぞれで配合上限は異なります。

 

しかし、防腐剤としておなじみのパラベンやフェノキシエタノール、安息香酸Naなどは上限が1%なので、比較すると100倍程度悪いと言えます。

 

そう考えると、敏感肌でない限りは大きな心配は必要ないでしょう。

 

シャンプーで使っても安心・大丈夫?

 

刺激が強くて残留すると肌荒れを起こしやすいと言われているのがメチルクロロイソチアゾリノンですが、配合量は0.1%以下と定められています。

 

殺菌効果が高く刺激性が強い成分なので、場合によってはアレルギー性皮膚炎を引き起こす可能性があることが示唆されていますが、他の防腐剤と比べると危険性は少ないです。

 

また法律でもしっかりと許可されている成分なので、許可されている濃度で使用する限りにおいては法律的には全く問題はありません。

 

日本で使用する場合はメチルイソチアゾリノンという防腐剤とセットで必ず配合されるので安全性は高く、配合基準も遵守されています。

 

従って、シャンプーなど洗い流す商品に入っている場合は特にリスクはないのです。

 

メチルクロロイソチアゾリノンの効果は非常に高く、強い殺菌性を持つ防腐剤なのですが安全には配慮しています。

 

配合量さえ間違えなければパラベンに代わる防腐剤として推奨できる成分です。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
ココベタインのシャンプーの毒性・危険性 アレルギー体質でも安全?
ココイルグルタミン酸2Naのシャンプーは大丈夫?毒性・安全性は
クロスポリマー配合シャンプーの安全性は?頭皮のダメージは大丈夫
ラウリルヒドロキシスルホベタインは危険?シャンプーで使っても安全か
ラウレウス-4酢酸Na 配合は危険?良いシャンプーはどれ
ココイルメチルタウリンNaのシャンプーは安全?刺激は大丈夫か
スルホコハク酸ラウレス2Naのシャンプーの毒性は?安全性は
ラウロイルサルコシンNa配合シャンプーの毒性は?効果効能は問題ないか

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典