ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心か?

フケ対策シャンプー 女性用シャンプーおすすめ 男性用シャンプーおすすめ サイト管理人プロフィール

ラウリン酸の界面活性剤は危険?シャンプーで使っても安心なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ラウリン酸の界面活性剤は、シャンプーの成分として危険でしょうか?

 

ラウリン酸とは中鎖脂肪酸の中に含まれる脂肪酸で陰イオン界面活性剤です。

 

ラウリン酸はよくシャンプーに含まれている成分の1つで、非常に強い洗浄力を持っています。

 

陰イオン界面活性剤であることから強い脱脂力を有していて、頭皮の汚れをキレイに落としてくれます。

 

皮脂やホコリ、整髪料などの物質をしっかり吸着して落としてくれるのでシャンプーによく用いられます。

 

<ラウリン酸とは>

 

ラウリン酸とは、強い抗菌作用を持つ母乳に含まれている成分です。

 

赤ちゃんには病原菌に対する免疫力がないので、体を守るために母乳にはラウリン酸が含まれています。

 

主に免疫力を高める大きな役割を果たしているのですが、シャンプーに用いられるのは化合物の誘導体として働くからです。

 

ラウリン酸はココナッツなどのヤシ科植物の種子の部分に含まれている天然成分です。

 

飽和脂肪酸の一種になります。また肉や乳製品に多く含まれている脂肪酸で「ドデカン酸」とも呼ばれます。

 

非極性の炭化水素鎖と極性のカルボン酸部位を持つ性質を有するので、水と油の両方に対して相互作用があります。

 

界面活性剤として水を油に溶かすことが可能なので、シャンプーに配合することで髪や頭皮から油を落とすことができるのです。

 

<皮脂や油を除去する界面活性剤>

 

ラウリン酸の効果・効能についてですが、シャンプーに配合される場合はラウリン酸ナトリウムの形で配合されることが多いです。

 

そのため、頭皮や髪から皮脂や油を取り除いてくれる作用があります。

 

水と油の両方に対して相互作用を発揮してくれる成分なので両者を混合できる特質があり、シャンプーの際、効果的に皮脂を除去できます。

 

ラウリン酸はココナッツオイルに多く含まれていて、病原微生物を攻撃する力を有するので、シャンプーに配合することで頭皮環境の改善にも功を奏します。

 

やけどやけがに塗りこんで自然治癒力を高める効果があることから安全に使用できる成分で、安価で保存性にも優れています。

 

そのため、安価で非常に洗浄力が強い合成界面活性剤なので高級アルコール系シャンプーでの用途が高く、抜群の洗浄力があります。

 

<毒性が低く扱いやすい成分>

 

ラウリン酸の安全性・毒性・注意点などですが、安全性は比較的高く、毒性がないことからシャンプーには配合しやすい成分と言えます。

 

粘膜組織をわずかに刺激するところはありますが毒性は非常に低く、そのことが石鹸やシャンプーに多用されることにつながっています。

 

ただ注意しないといけないのは、普通肌で健康の髪質の人が使用する分には問題ないのですが、油分を取りすぎる傾向にあるので肌が乾燥しやすい人には不向きです。

 

またラウリン酸は強い洗浄力を持つので、それを補うためにシリコンや油分を多く配合されることが多くなります。

 

そのことで毛穴の詰まりを引き起こしやすくなることが危惧されるので注意が必要です。

 

<保存性に優れている>

 

ラウリン酸というと、洗浄力が強く必要な皮脂まで落としてしまうリスクがあるので避ける傾向にあります。

 

しかしこうした成分が含まれていないと洗浄力が弱まってしまう可能性があり、シャンプーする際にはある程度の洗浄力が求められます。

 

ラウリン酸は融点が低いので脂肪組織に溜まりやすい性質がある脂肪分ですが、マイナス面だけではなく毒性がほとんどありません。

 

ラウリン酸ナトリウムは化合物の一般的な誘導体で、水と油の両方に対する相互作用があるので油をすっきりと落とすことができるメリットがあります。

 

また安価で保存性に優れているので取り扱いやすい成分で、シャンプーに配合する上では有効な成分と言えます。

 

ほとんどのシャンプーに含まれているのは洗浄力がよく、特に髪に悪くないからです。

 

ラウリン酸は多くのシャンプーに配合されている成分で、ヤシ油の脂肪酸組成として石油から取るよりも簡単に安く作ることができます。

 

食品添加物にも使われることもよくある成分なので、安全性はかなり高い界面活性剤です。

 


あわせて読みたい記事♪
女性 シャンプー オススメ 【特集!女性の人気シャンプー集めてみました】お悩み別のシャンプーはどれがいい?
美髪にするツヤコシ、エイジングケア、フケ・かゆみ改善するシャンプーは?
男性 シャンプー オススメ 【薄毛対策に効果的なシャンプーとは?男性のシャンプーはどれがいい?】
抜け毛が気になる方がに今一番オススメしたいシャンプーはコレ!

関連ページ

コカミドプロピルベタインの安全性|気になる洗浄力の強さ
コカミドプロピルベタインの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドプロピルベタインは、シャンプーなどの成分として使われています。
ラウラミドDEAの毒性は?気になる天然シャンプーの配合成分
ラウラミドDEAの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ラウラミドDEAは、洗顔ソープ・シャンプー・ボディソープなどの成分として使われています。
コカミドDEAのシャンプーに毒性は?頭皮に刺激は高いか
コカミドDEAの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。コカミドDEAは、シャンプー・洗顔料・ボディソープなどの成分として使われています。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの毒性とは?配合シャンプーは安心か
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(ナトリウム)は、テトラデセンスルホン酸ナトリウムとも言われます。オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、シャンプーなどの成分として使われています。
デシルグルコシドの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
デシルグルコシドの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。デシルグルコシドは、シャンプー・ボディソープ、食器用洗浄剤などの成分として使われています。
ピュアブラックの成分とは|黒いシャンプーは頭皮にいい?
ピュアブラックの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。ピュアブラックは、シャンプー、ボディソープ、洗顔料などの成分として使われています。
ラウロイルメチルアラニンNaに毒性はある?気になる界面活性剤
ラウロイルメチルアラニンNaの成分・特徴・毒性・注意点・安全性についてご紹介します。ラウロイルメチルアラニンNaは、シャンプーなどの成分として使われています。
イソペンチルジオールのシャンプーの安全性|お肌が弱くても大丈夫?
イソペンチルジオールの成分・特徴・毒性・安全性・注意点についてご紹介します。保湿剤などに使われるイソペンチルジオールは、シャンプー、ファンデーション・サンスクリーン・乳液・スタイリングなどなどの成分として使われています。
フェノキシエタノールはアレルギーでも安全?頭皮の影響は
フェノキシエタノールの成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。フェノキシエタノールは、シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-7に毒性はある?配合シャンプーの安全性
ポリクオタニウム-7の成分・特徴・毒性・注意点についてご紹介します。ポリクオタニウム-7は、洗顔ソープ・シャンプーなどの成分として使われています。
ポリクオタニウム-51の毒性・安全性 肌が弱くても大丈夫?
ポリクオタニウム-51の成分の毒性・安全性についてご紹介します。ポリクオタニウム-51は、化粧品の保湿剤の成分として使われています。お肌に使っても安全かどうかご紹介します。
ポリクオタニウム-10の毒性は?シャンプーの成分として安全?
ポリクオタニウム-10の毒性と安全性をご紹介します。ポリクオタニウム-10は、コンディショニングに使われる界面活性剤です。髪の毛には、保湿・保護の効果がありますが、シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプー界面活性剤の毒性は
ヤシ脂肪酸グリシンKの安全性は?アミノ酸系シャンプーに多く含まれているシャンプー成分は、肌にやさしいでしょうか?ヤシ脂肪酸グリシンKは、泡立ちがよくシャンプー・リンス・除毛剤などに使われています。
ラウリルグルコシドの毒性は?シャンプー ラウリル硫酸Naとの違い
ラウリルグルコシドの毒性は大丈夫?ラウリル硫酸Naに名前がにていることで危険性・毒性があると思われがちですが、シャンプーで使われるラウリルグルコシドの安全性は安全かご紹介します。
ラウリルベタインの毒性は?シャンプーのらリウル硫酸との違い
ラウリルベタインの毒性と安全性をご紹介します。ラウリルベタインは、ベタイン系シャンプーに使われ、ラリウル酸をベースにしています。シャンプーで使っても毒性がないか、安全性をご説明します。
ラウロイルアラニンNaの毒性は?安全なシャンプー成分か
ラウロイルアラニンNaの毒性・安全性はシャンプーの成分として使って問題ないでしょうか?アミノ酸シャンプーは洗浄剤としてラウロイルアラニンNaは使われる商品が多いです。ラウロイルアラニンNaの毒性についてご紹介します。
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性は?
トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性はシャンプーに配合されていて大丈夫でしょうか?敏感肌や乾燥肌の方にも安全性がある成分かどうか、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコースの毒性についてご紹介します。
PEG60-水添ヒマシ油の毒性は?シャンプーに使っても安全?
PEG60-水添ヒマシ油の毒性がシャンプーに使われても安全でしょうか?界面活性剤として使われるヒマシ油成分は、多くの化粧品にも使われています。そこで、シャンプーのPEG60-水添ヒマシ油の毒性があるかご紹介します。
1,2-ヘキサンジオールの毒性は?シャンプー配合は安全か
1,2-ヘキサンジオールはシャンプー・化粧品に使われても毒性や安全性は大丈夫でしょうか?。1,2-ヘキサンジオールは、化粧品やシャンプー、ボディーソープ、日焼け止めなどなどに配合されている成分です。ここでは、1,2-ヘキサンジオールの毒性と安全性についてご紹介します。
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性は?シャンプーでの安全性は
ベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性と安全性はどう?シャンプー・コンディショナーに使われる石油由来の成分で界面活性剤、静電気防止に使われることが多いです。シャンプーのベヘナミドプロピルメチルアミンの毒性についてご紹介します。
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪い?毒性と安全性は大丈夫か
ラウレス硫酸アンモニウムのシャンプーは頭皮に悪いでしょうか?ラウレス硫酸Naなど石油系成分のシャンプーは頭皮に良くないと言われています。ですが、最近の市販シャンプーは洗浄成分・界面活性剤として別の成分が使われる製品が多くなっています。そこで、ラウレス硫酸アンモニウムの成分のシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性は?
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性・安全性は?アミノ酸系シャンプーの成分に多く使われることが多いですが、頭皮に安全なのでしょうか?グアーという植物から生成される成分・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドの毒性についてご紹介します。
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?毒性と安全性は
コカミドMEAのシャンプーは大丈夫?コカミドMEAは市販のシャンプーに多く使われていますが安全性・毒性が気になりますよね。コカミドMEAのシャンプー成分で注意したい点・特徴をご紹介します。
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は?安全性はどう?
コカミドメチルMEAのシャンプーの毒性は、使っても大丈夫?シャンプー成分にコカミドメチルMEAは泡立ちを良くするために配合されていますが、肌への安全性は問題ないかご紹介します。
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は?
ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性は大丈夫でしょうか?強い洗浄成分のシャンプーは頭皮に刺激が強いので注意が必要です。ココイルグルタミン酸Naのシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は?頭皮へのダメージはある?
EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性は、どうでしょうか?頭皮へダメージがあると、薄毛や抜け毛に繋がるので心配ですよね。そこで、EDTA-2Naのシャンプーの毒性・安全性についてご紹介します。
アスパラギン酸のシャンプーは安全?薄毛対策・スカルプ効果はある?
アスパラギン酸のシャンプーは安全でしょうか?市販スカルプシャンプー、育毛剤は頭皮にやさしいとうたわれていますが、配合成分は毒性がなく安心できるか確認しておきたいです。アスパラギン酸のスカルプシャンプーの安全性・毒性についてご紹介します。
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果は?薄毛・抜け毛に効く?
オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果はあるでしょうか?薄毛や抜け毛を予防するのにスカルプシャンプー・育毛剤でどれくらい効能があるのか気になりますよね。オタネニンジン根エキスのシャンプーの効果をご紹介します。
オレンジ油の効果・安全性は?シャンプー成分は頭皮にやさしい?
オレンジ油の効果・安全性は、安心できるでしょうか?スカルプ・シャンプーで使われることが多いオイルは頭皮に良い成分でしょうか。オレンジ油の効果・安全性をご紹介します。

美髪アカデミー管理人

悩み別シャンプーの選び方

シャンプーの評価

髪の悩み全般

ヘアケア製品

日常生活のヘアケア

シャンプー成分辞典